ミェシュコ1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミェシュコ1世

ミェシュコ1世(Mieszko I, 935年? - 992年5月25日)は、ポーランド王国ピャスト朝の創始者で事実上の初代ポーランド王。ただし王号は正式に公認されておらず、実際にはポーランド公(在位:963年 - 992年)。ポーランド王国の基幹部族となったレフ族ポラニェ族)の族長シェモミスウの子、レストコの孫、シェモヴィトの曾孫。

963年に即位する。しかし即位直後からウィエルトやヴォリニアなどのスラヴ系支族とその同盟者のザクセン伯ヴィヒマンの侵攻に悩まされ、バルト海沿岸のポンメルン地方を侵略されてしまった。しかし政治能力に優れた人物で、その後の神聖ローマ帝国の侵略を食い止めるために、ローマ教皇に莫大な貢物を送ってその援助を受け、966年にはギリシア正教からカトリックに改宗した。そしてチェック人が築き上げたチェック(ボヘミア)公国の公女ドゥブラフカを妃として迎えることで同盟を結び、連合してポンメルンを奪還し、ポーランド王国の統一を完成させたのである。

992年に死去し、最初の妻ドゥブラフカ(ボヘミア公ボレスラフ1世の娘)との息子ボレスワフ1世が国王として後を継いだ。ドゥブラフカとの間には他に2人の娘をもうけたが、そのうち長女シフィエントスワヴァ(シグリダ)は、最初スウェーデンのエリク6世に嫁ぎ、王妃シグリッドとしてスウェーデン王オーロフを生み、次いでデンマークスヴェン1世に嫁いで、王妃グンヒルドとしてクヌーズ2世(カヌート大王)を生んだ。

現在ポーランドで発行されている10ズウォティ紙幣の、表面側の肖像に採用されている。