アンナ (ポーランド女王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アンナ
Anna Jagiellonka
ポーランド女王
Martin Kober 002.jpg
在位 1575年12月13日 - 1586年または1596年
戴冠 1576年5月1日
出生 1523年10月18日
クラクフポーランド
死去 1596年9月9日(満72歳没)
ワルシャワ、ポーランド
埋葬 1574年2月10日 
ヴァヴェル大聖堂クラクフ
配偶者 ステファン・バートリ
王朝 ヤギェウォ朝
父親 ジグムント1世
母親 ボナ・スフォルツァ
テンプレートを表示

アンナ(Anna Jagiellonka, 1523年10月18日 - 1596年9月9日)は、ポーランド・リトアニア共和国女王(在位:1575年 - 1586年または1596年)。ヤギェウォ朝ジグムント1世の娘で、母はボナ・スフォルツァジグムント2世の妹である。

生涯[編集]

ヤン・マテイコによる肖像画

1572年にジグムント2世が世継ぎなく没すると、シュラフタ(ポーランド貴族階級)は自由選挙によって新王を選出するとした。アンナも候補の一人に挙げられたが、むしろ次期国王の王妃に擬せられる立場にあった。アンナはフランス王シャルル9世の弟アンリ(のちのアンリ3世、ポーランド名ヘンリク・ヴァレジ)を夫に迎えたい意向を示し、その影響もあってセイム(議会)は1573年にアンリを新国王に選んだ。しかしアンナと28歳年下のアンリとの結婚交渉は難航し、1574年6月にアンリがフランス王位を継承するためにポーランドから逃亡したことで、この縁談は完全に失敗に終わった。

1575年にアンリの王位失効宣言が出された後、セイムはアンナとの結婚を条件に、トランシルヴァニア公バートリ・イシュトヴァーン(ステファン・バートリ)に王位を与えることを決めた。1576年3月にクラクフに到着したステファンは、5月1日にアンナと結婚して夫妻で戴冠式に臨んだ。この時アンナは14世紀のヤドウィガ女王の例を踏襲し、「女王」(Regina Poloniæ)ではなく、男性君主を指す「国王」(Rex Poloniæ)として即位し、その上でステファン・バートリがヤドヴィガの夫ヴワディスワフ2世と同じく「妻の権利によって(en)」主権者となり、ポーランド王に推戴された。王朝の血統的な正統性はあくまでアンナにあったが、彼女は夫の共同統治者の身分に置かれており、国政に積極的に参与することはなかった。

1576年に結婚した時すでに50歳を過ぎていたアンナに子供はなく、妹カタジナの長男であるスウェーデン王太子シギスムントを引き取り、夫ステファンが死去するとこの甥をジグムント3世としてポーランド王に即位させた。アンナは女王の称号を帯びたまま、1596年にワルシャワで崩じた。

参考文献[編集]

先代:
ヘンリク・ヴァレジ
(フランス王アンリ3世)
ポーランド女王
1575年 - 1586年/1596年
ステファン・バートリと共同統治)
次代:
ジグムント3世
(スウェーデン王シギスムンド)