ヴワディスワフ1世ヘルマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヴワディスワフ1世ヘルマン

ヴワディスワフ1世ヘルマンWładysław I Herman, 1043年 - 1102年6月4日)は、ポーランド公カジミェシュ1世と王妃マリア・ドブロニエジェの次男として生まれた。兄のポーランド王ボレスワフ2世亡命を余儀なくされたあと、神聖ローマ皇帝ハインリヒ4世の支援を受けて公位に就いた。

子女[編集]

氏名不詳の愛妾との間に、一子をもうけた。

1080年、ユディタ・プレミシュロヴナ(ボヘミア公ヴラチスラフ2世の娘)と結婚。

1088年、ユディト・フォン・ウンガルン(ハインリヒ3世の娘で、ハンガリー王シャラモンの未亡人)と結婚。3子が生まれたが成長したのは一人である。

  • アグニェスカ(1090年 - 1125年) - 尼僧