ミェシュコ3世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミェシュコ3世老公

ミェシュコ3世スタルィMieszko III Stary, 1121年? - 1202年3月13日)は、ポーランド大公(在位:1173年 - 1177年、1191年 - 1194年1198年 - 1199年、1202年)。ボレスワフ3世と2度目の王妃サロメ・フォン・ベルク=シェルリンゲンの4男として生まれた。ヴワディスワフ2世の異母弟、ボレスワフ4世の同母弟、ヘンリクカジミェシュ2世の同母兄。長命であったことから老公(Stary)と呼ばれた。ヴィエルコポルスカ・ピャスト家の祖。

父が国を5分割して息子達に相続させ、クラクフ領を年長の者が治めポーランド大公となると遺言状に定めたことから、ポーランドは分裂の時代にあった。ミェシュコはヴィエルコポルスカ公であった(この地方は彼の子孫によって継承されていく)。

1173年、同母兄ボレスワフ4世の死後ポーランド大公となるが、弟のカジミェシュ2世によってその座を追われ、ヴィエルコポルスカ公位も長男オドンに奪われた。しかし、復位の野望を捨てず、1202年に亡くなるまで4度もクラクフへ舞い戻り、大公位の奪回、廃位を繰り返した。1202年に甥のレシェク1世(カジミェシュ2世の子)から大公位を奪い、4度目の大公になった直後に81歳で死去。末子のヴワディスワフ3世が大公位を継いだ。

オドンはミェシュコ3世に先立って亡くなっていたため、孫のヴワディスワフ・オドニツがヴィエルコポルスカを継いだが、幼少のためヴワディスワフ3世が後見人となった。

子女[編集]

1140年頃、ハンガリーベーラ2世の娘エルジェーベトと結婚。

1154年頃、キエフ大公女エウドクシア(イジャスラフ2世の娘)と結婚。

  • ボレスワフ(1159年 - 1195年)
  • ミェシュコ(1160年/1165年 - 1193年)
  • サロメイ(1162年? - 1183年)
  • アナスタジヤ(1164年 - 1240年) - ポモージュ公ボグスワフ1世妃
  • ヴワディスワフ3世(1165年? - 1231年)
先代:
ボレスワフ4世
ポーランド大公
1173年 - 1177年
次代:
カジミェシュ2世
先代:
カジミェシュ2世
ポーランド大公
1191年 - 1194年
次代:
カジミェシュ2世
先代:
レシェク1世
ポーランド大公
1198年 - 1199年
次代:
レシェク1世
先代:
レシェク1世
ポーランド大公
1202年
次代:
ヴワディスワフ3世