ミェシュコ2世 (ポーランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミェシュコ2世ランベルト

ミェシュコ2世ランベルトMieszko II Lambert990年 - 1034年5月10日)は、ポーランド王

ボレスワフ1世と王妃エンミルダ(ルザティア公の娘)の子として生まれた。当時としては非常に良い教育を受けた人物で、ギリシャ語ラテン語の読み書きができたという。1013年頃からクラクフ知事を務め、教会を多く建てていた。

1025年にグニェズノで即位。1028年初頭からドイツ軍の侵入に悩まされ、逆にザクセンまで敵を追い返したこともある。ハンガリー王国と同盟して、ハンガリーによるウィーン占領に参加。

庶兄ベスプリムの存在は、年長者相続制をとってきたポーランドにおいてミェシュコの王位を脅かすものであった。彼は兄を修道院へ追いやるが、彼はキエフ大公ヤロスラフ1世の軍事支援を得て舞い戻り、1031年にミェシュコ軍を敗退させて王位に就いた。ベスプリムはドイツの宗主権を認め、王冠や王家の宝石をドイツへ渡し、国土をミェシュコの同母弟オトン、従弟ティエドリックとともに分割した。ボヘミアへ逃げたミェシュコはほどなくして王位を奪還、ベスプリムを殺害し、オトンを排除して(彼は自身の部下に殺害された)再び国を統一した。

この後の経過は現在でも謎のままであるが、ミェシュコは1034年に急死した。歴史家は貴族による暗殺と推測している。ミェシュコの死後、異教信仰を保持し続ける農民が大規模反乱を起こした(この反乱の原因と日付は不明である)。

子女[編集]

1013年、神聖ローマ皇帝オットー3世の姪リヘザ・ロタリンスカと結婚。