レシェク2世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
レシェク2世

レシェク2世チャルヌィLeszek Czarny, 1241年 - 1288年9月30日)は、ポーランド大公(在位:1279年 - 1288年)。シェラツ公(在位:1261年 - 1288年)、ウェンチツァ公(在位:1267年 - 1288年)、サンドミェシュ公(在位:1279年 - 1288年)でもあった。クヤヴィ公カジミェシュ1世マゾフシェコンラト1世の子)と、シロンスク公ヘンリク2世の娘コンスタンツィヤ(pl:Konstancja wrocławska)の子。ジェモミスウの同母弟、ヴワディスワフ1世カジミェシュ2世シェモヴィトの異母兄。妻はスラヴォニア公ロスティスラフ(キエフ大公ミハイル2世の子)とハンガリーベーラ4世の娘アンナの娘アグリッピナ。黒公(Czarny)と呼ばれる。

1261年に父からシェラツ公国を譲られ、1267年の父の死でウェンチツァ公国も獲得した。1279年に従伯父に当たるボレスワフ5世が子供の無いまま亡くなったため、ポーランド大公に即位した。治世中にヴロツワフヘンリク4世と紛争を起こし、1287年にはノガイによるモンゴルの3度目のポーランド襲撃が起こった。

1288年に死去。子供が無かったため、異母弟のヴワディスワフ1世とヘンリク4世が争った末、ヘンリク4世が大公位を継承した。

先代:
ボレスワフ5世
ポーランド大公
1279年 - 1288年
次代:
ヘンリク4世
先代:
カジミェシュ1世
シェラツ公
1261年 - 1288年
次代:
ヴワディスワフ1世
先代:
カジミェシュ1世
ウェンチツァ公
1267年 - 1288年
次代:
カジミェシュ2世
先代:
ボレスワフ・ポボジュヌィ
イノヴロツワフ公
1273年 - 1278年
次代:
ジェモミスウ
先代:
ボレスワフ5世
サンドミェシュ公
1279年 - 1288年
次代:
ボレスワフ2世