ボレスワフ1世 (ポーランド王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ボレスワフ1世

ボレスワフ1世ポーランド語Bolesław I ボレースワフ・ピェールフシ966年/967年? - 1025年6月17日)は、ポーランド王国ピャスト朝国王(在位:992年 - 1025年)、ボヘミア公チェコ語名:ボレスラフ・フラブルィー、Boleslav Chrabrý, 在位:1003年 - 1004年)。ミェシュコ1世の子。

992年、父ミェシュコ1世の死により後を継いで即位する。まずはポーランド公国の領土を画定した。神聖ローマ皇帝オットー3世と同盟を結んで関係を強化し、その援助をしたため、オットー3世は1000年に首都ポズナニ郊外のグニェズノを訪問してボレスワフ1世と会談、ボレスワフ1世に神聖ローマ帝国の貴族の称号と冠を授け、グニェズノに大司教座を置くことに合意した。

ポレスワフ1世の治世(992-1025)における版図
992年のポーランド公国領は濃いピンク
1025年のポーランド王国国境は赤線
そのほかにPomorze(ポメラニア)、Miśnia(マイセン)、Czechy(チェコ)
なども支配した

ボレスワフ1世は軍事に重きを置き、強力な騎兵隊を編成して軍備を強化した。1003年から1004年にかけてチェコを征服して手に入れ、自らボヘミア公となった。そしてマジャル人クロアチア人の居留地に侵攻してポーランド東南部に勢力を拡大した。甥(妹の息子)にあたるデンマーク王子クヌート(のちのデンマーク王クヌーズ2世)が1015年から行なったイングランド遠征に際しては、配下のポーランド諸侯と騎兵を送って援助した。1018年キエフ公国東ローマ帝国が対立すると、東ローマ皇帝バシレイオス2世と同盟を結んでキエフ公国を撃退し一部を征服した。西に進んでラウジッツを征服し、神聖ローマ帝国領のマイセンを侵略して手に入れた。征服に抵抗した住民はことごとく捕え、奴隷としてイスラム世界などに売り飛ばしたため、これらの地域で非常に恐れられた。

一方で、イタリアや東ローマ帝国から進んだ文化を次々と取り入れた。また、イベリア半島後ウマイヤ朝からイスラム文化を取り入れ、ポーランド公国を大いに発展させた。

1025年、死去。死去の直前に王冠を受け取り、ポーランド公国はポーランド王国に昇格。すでに死の直前で体調が悪かったボレスワフ1世は正式な戴冠式は受けなかったがポーランド王国初代の王と認知された。武勇に優れていたことから、『勇敢王』(Bolesław Chrobryボレースワフ・フローブルィ:「勇敢なボレスワフ」)と称された。

現在ポーランドで発行されている20ズウォティ紙幣の、表面側の肖像に採用されている。

先代:
ヴラジヴォイ
ボヘミア公
1003 - 1004
次代:
ヤロミール