ヘンリク1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヘンリク1世

ヘンリク1世ブロダティHenryk I Brodaty, 1163年グウォグフ - 1238年3月19日)は、ポーランド大公(在位:1232年 - 1238年)。ヴロツワフボレスワフ1世ヴィソキと2番目の妃クリスティナの息子。オポーレヤロスワフの異母弟。顎鬚と称された。

内政を重点的に行い、ポーランド領内へのドイツ人の植民を積極的に奨励した。その結果、ヘンリク1世が治めていたシロンスクシレジア、シュレージエン)地方の文化・経済は大いに発展する。後にこの強大になった勢力を背景に、クラクフなどを兼ね、実質的なポーランドとして君臨した。これらの所領は息子のヘンリク2世に受け継がれた。

ヤドヴィガはシロンスクの守護聖人とされている。

先代:
ボレスワフ1世ヴィソキ
ヴロツワフ
1201年 - 1238年
次代:
ヘンリク2世ポボジュヌィ
オポーレ公
1201年 - 1202年
次代:
ミェシュコ1世プロントノギ
先代:
ヴワディスワフ3世ラスコノギ
カリシュ公
1206年 - 1207年
次代:
ヴワディスワフ・オドニツ
先代:
ヴワディスワフ・オドニツ
カリシュ公
1234年
次代:
ミェシュコ2世オティウィ
ヴワディスワフ・オポルスキ
先代:
コンラト1世
ポーランド大公
1232年 - 1238年
次代:
ヘンリク2世ポボジュヌィ
先代:
ヴワディスワフ・オドニツ
ヴィエルコポルスカ公
(南西部のみ)

1234年 - 1238年