ギュンター (マイセン辺境伯)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

ギュンター・フォン・メルゼブルクGünther von Merseburg, 949年以前 - 982年7月13日クロトーネ近郊)は、エッケハルディン家マイセン辺境伯ならびにメルゼブルク辺境伯

ギュンターはメルゼブルク辺境伯エッケハルトの息子として生まれ、965年オットー1世によりメルゼブルク辺境伯に任ぜられた。その任務としてカラブリア地方においてビザンツ帝国と戦った。しかし、974年 - 976年に皇帝オットー2世に対してバイエルン公ハインリヒ・デア・ツェンカーが起こし失敗に終わった反乱に関わった。このため位を剥奪され、息子のエッケハルトと共に流刑に処せられた。晩年になって皇帝と和解し、979年ティートマール1世が亡くなると、その職責を継いで公職に復した。さらに、ツァイツ辺境伯の死後には、その辺境伯領の領主権をも手に入れた。オットー2世のイタリア出兵に参加した際、982年7月13日、エミール・アブドゥル・カッシム率いるサラセン軍とのカラブリア地方コロンナ岬での戦いで命を落とした。ギュンターはドゥブラフスカ・フォン・ベーメンと結婚していたが、ドゥブラフスカは後に再婚し、ポーランド王ボレスワフ1世の母となる。

先代:
ティートマール1世
マイセン辺境伯
981 - 982
次代:
リクダック