グタ・ハブスブルスカー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グタ・ハブスブルスカー
Guta Habsburská
ハプスブルク家
GutaHabsburska.jpg
グタ・ハブスブルスカー(14世紀)
称号 ボヘミア王妃
出生 1271年3月13日
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国、ラインフェルデン
死去 1297年6月18日(満26歳没)
神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国プラハ
埋葬 神聖ローマ帝国の旗 神聖ローマ帝国
Flag of Bohemia.svg ボヘミア王国プラハ聖ヴィート大聖堂
配偶者 ヴァーツラフ2世
子女
父親 ルドルフ1世
母親 ゲルトルート・フォン・ホーエンベルク
宗教 キリスト教カトリック教会
テンプレートを表示

グタ・ハブスブルスカーチェコ語: Guta Habsburská, 1271年3月13日 - 1297年6月18日)は、ボヘミア[1]ヴァーツラフ2世の最初の王妃。ドイツ語名はグタ(またはユッタユーディト・フォン・ハプスブルクGuta (Jutta, Judith) von Habsburg)。

生涯[編集]

ドイツ王ルドルフ1世と妃ゲルトルート・フォン・ホーエンベルク英語版の六女として、帝国自由都市ラインフェルデン英語版で生まれた。わずか5歳でヴァーツラフ2世と婚約した。ヴァーツラフ2世との間に夭折も含めて4男6女を儲けた。

末子出産後に急死し、遺体は聖ヴィート大聖堂に埋葬された。

脚注[編集]

  1. ^ 後にヴァーツラフ2世はポーランド位も兼ねたが、グタの死後のことである。