ポーランド人民共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポーランド人民共和国
Polska Rzeczpospolita Ludowa (PRL)
ポーランド第二共和国 1952年 - 1989年 ポーランド
ポーランドの国旗 ポーランドの国章
国旗 国章
国の標語: 無し
国歌: ドンブロフスキのマズルカ
ポーランドの位置
公用語 ポーランド語
首都 ワルシャワ
(1952年 - 1989年)国家評議会議長
(1989年)大統領
1952年11月20日 - 1964年8月7日 アレクサンデル・ザヴァツキ
1985年11月6日 - 1989年7月19日 ヴォイチェフ・ヤルゼルスキ(国家評議会議長)
1989年7月19日 - 1989年12月30日 ヴォイチェフ・ヤルゼルスキ(大統領)
首相
1952年7月22日 - 1952年11月20日 ユゼフ・ツィランキェヴィチ(初代)
1989年8月24日 - 1989年12月31日 タデウシュ・マゾヴィエツキ(最後)
面積
1990年 312,685km²
人口
1946年 23,930,000人
1990年 37,970,155人
変遷
ポーランド統一労働者党が結成 1948年
社会主義憲法制定、国名をポーランド人民共和国に変更。 1952年
救国軍事会議が成立。ポーランド全土に戒厳令を発令。 1981年12月13日 - 1983年7月22日
円卓会議の決定に基づく自由選挙にて、「連帯」主導の非共産党政権が成立。 1989年9月12日
憲法改正により、統一労働者党の一党独裁体制が破棄。 1989年12月29日
通貨 ズウォティ
時間帯 UTC +1(DST: +1)
ポーランドの歴史
Warsaw-Castle-Square-2.jpg
先史時代
ピャスト朝  
プシェミスル朝
 
ヤギェウォ朝
ポーランド・リトアニア共和国(第1共和制)
ポーランド分割
ワルシャワ公国
ポーランド立憲王国 クラクフ共和国 ポズナン大公国
ポーランド摂政王国
ポーランド共和国(第2共和制)
ソ連による占領 亡命政府
ナチス・ドイツによる占領
ポーランド共和国
ポーランド人民共和国
ポーランド民主化運動
ポーランド共和国(第3共和制)
年表
[編集]

ポーランド人民共和国(ポーランドじんみんきょうわこく、ポーランド語: Polska Rzeczpospolita Ludowa)は、第二次世界大戦後の1952年に成立し、1989年に崩壊した一党独裁制共産主義)の共和制国家である。軍事的にはワルシャワ条約機構加盟国であった。東側諸国の一員であり、実質的にはソビエト連邦衛星国であった。

歴史[編集]

第二次大戦の勃発[編集]

1939年、第二次大戦が勃発し、ポーランドがドイツ・ソ連に分割占領された。ヴワディスワフ・シコルスキ首相ら政権幹部とポーランド軍の一部は、フランスで亡命政政府を設置した。1940年、亡命政府がイギリスロンドンに移る。(ポーランド亡命政府

1940年、ソ連がポーランド将校1万数千人をカティンの森近くで虐殺する。(カティンの森事件

1941年、ドイツがソ連に侵攻し、対ドイツで利害が一致したソ連が亡命政府を承認して国交を樹立する。

1943年、ドイツ軍がスモレンスク郊外の森でポーランド人将校の遺体が埋められているのを発見し、カティンの森事件が発覚する。これを契機に亡命政府とソ連は国交を断絶する。

ソ連によるポーランドの「解放」[編集]

1945年、亡命政権のポーランド復帰を望むアメリカ合衆国イギリスと、新たな共産主義政権の成立をもくろむソ連とのヤルタ会談での話し合いは、平行線を辿った。ソ連はルブリンに共産主義政権(ポーランド国民解放委員会、ルブリン政権)を作り、既成事実を作り上げた。第二次世界大戦終結後にヨシフ・スターリンはポーランドに軍隊を出して占領し、その主導権の下に新国家は建設された。

ソ連・ポーランド関係[編集]

スターリン批判以前

ルブリン政権発足当初は、ボレスワフ・ビェルトが国家法議会議長に就任し、労働者党書記長をヴワディスワフ・ゴムウカが勤めた。 労働者党は後に社会党と合併し、ポーランド統一労働者党となる。

1953年、スターリン死去。 スターリン時代、ビェルトはスターリンを信奉していたが、民族主義的でスターリン主義と意見を異にするゴムウカは失脚した。

スターリン批判以後

1956年 、ソ連共産党でスターリン批判が発表された。同年、ビェルトはソ連を訪問中に客死した。ビェルトの死は、スターリン批判によるショックによると推定される。一説では自殺であったとも言われる。

ヴワディスワフ・ゴムウカの名誉が回復される。

1956年にはポズナン暴動が発生した。

同年10月31日、統一労働者党書記長に就任したゴムウカが民族主義的な独自路線を打ち出す。しかし、プラハの春での派兵、グダニスクの暴動の鎮圧の手法などの点では、他のソ連の衛星国の指導者たちと変わりはなかった。

1968年プラハの春に対してポーランド人民共和国を含む東欧諸国が軍隊を派遣。

グダニスクの暴動とゴムウカの失脚[編集]

1970年、政府による食料品値上げの発表を発端に、グダニスクレーニン造船所でストライキが勃発した。抗議行動はバルト海沿岸に広がった。鎮圧に当たったポーランド軍は民衆に発砲し、多数の死亡者が出た。 ある程度民衆に支持されていたゴムウカは党書記長を解任され、後任にエドヴァルト・ギェレクが選出されていた。ギェレクは労働者出身という触れ込みで民衆の支持を得ようとした。

自主管理労組「連帯」と戒厳令[編集]

1980年7月1日、政府が肉食類の値上げを発表。翌日からストライキが発生し、同月24日までに45万人が参加した。ストライキはポーランド全土に拡大し、8月14日にはグダニスクのレーニン造船所でストライキが発生した。このストライキの指導者が後にポーランド大統領となったレフ・ヴァウェンサ(レフ・ワレサ)である。8月31日までに自主管理労組の承認を含む21項目の要求が認められた。9月17日には独立自主管理労働組合「連帯」が結成され、活動が全国に広まった。この頃ギェレクが失脚し、党書記長の後任にスタニスワフ・カニャが選出された。

ポーランドで起きたこの自由化の流れはカトリック教会の支持と西側諸国の共感を集めた一方で、東側諸国、とくにソ連と東ドイツに危機感を持たせた。ソ連は軍事介入を計画したが、アメリカ合衆国などの牽制を受け最悪の事態は回避された。

1981年ヴォイチェフ・ヤルゼルスキが首相となり、党書記長も兼務した。全国で高まる民主化要求や社会不安を受け、連帯議長ヴァウェンサとヤルゼルスキ首相ら政府幹部との間で社会情勢の正常化に向けて協議が行われ、連帯と政府との間で協定が結ばれた。ヤルゼルスキは同年12月12日夜に救国軍事会議を発足させたうえで、翌13日には全土に戒厳令en)を発令し、ヴァウェンサら連帯活動家約7名と、ギェレクら旧政権指導者数十名を拘禁した。ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世は連帯の支持を表明した。1983年に戒厳令解除。連帯の活動によりヴァウェンサはノーベル平和賞を受賞した。

民主化への動き[編集]

ゴルバチョフのペレストロイカ

1985年、ソ連ではペレストロイカ政策を押し進めるミハイル・ゴルバチョフが共産党書記長に就任し、東欧に自由化の波が押し寄せた。 ヤルゼルスキは社会主義の枠内での民主化を提唱したが、国民の合意は得られなかった。

ポーランド第三共和国の成立

1989年円卓会議による合意に基づいて実施された6月18日議会選挙によって統一労働者党は敗北し、1989年9月7日には非共産党政権が成立してポーランド人民共和国は消滅し、現在の第三共和国が新たに成立した。同年12月29日に施行された新憲法により、統一労働者党の一党独裁政体は法的にも消滅した。

参考文献[編集]

  • Jerzy Lukowski, Hubert Zawadzki 「第7章 共産主義衛星国から第三共和制へ」『ポーランドの歴史』 河野肇訳、創土社〈ケンブリッジ版世界各国史〉、2007年12月(原著2001年9月)、初版。ISBN 978-4789300537
  • 加藤一夫、水島孝生、ステファン・キェニェーヴィチ 「年表」『ポーランド史』2、恒文社、1986年11月(原著1968年)、第1版。ISBN 4-7704-067-1。

関連項目[編集]