世界民主青年連盟

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

世界民主青年連盟(せかいみんしゅせいねんれんめい、英語: World Federation of Democratic YouthWFDY)は、1945年に結成された青年国際組織。略称世界民青連世界民主主義青年連盟[1]と呼ばれることもある。

概要[編集]

国際連合に認定された非政府組織(NGO)であり、経済社会理事会および国連の招集する各種会議にオブザーバーとして参加し、理事会への仮議題提案権を持つ一般協議資格を有している。2003年の時点で、103の国と地域から162の団体が加盟しており、その多くは社会主義共産主義を志向する青年学生団体である。本部はブダペストに置かれている。日本では日本民主青年同盟日本社会主義青年同盟在日本朝鮮青年同盟の3団体が加盟している。

世界青年学生祭典をはじめとする各種集会・会議の開催、国際会議への参加、出版物の発行、声明の発表、各種抗議行動、世界各国へ代表団派遣など、国際青年学生運動発展のための活動を世界規模で行なっている[2]

沿革[編集]

世界民青連の旗を持つ女性。1950年。

1945年11月、世界63か国の青年代表が参加する第1回世界青年大会がロンドンで開かれ、「世界中の平和・自由・民主主義・平等・独立」の目標を掲げて、世界民主青年連盟が結成された[3]

1949年冷戦の激化のもとで分裂。同年8月、アメリカイギリスなどの青少年団体は、37か国の代表を集めてブリュッセル世界青年会議英語版 (WAY) を結成した。世界民青連第2回大会は、同年9月ブダペストで開かれた[3]

1953年7月25-30日、ブカレストで第3回大会。106か国から1500人が参加[4]

2003年3月4-7日、ハバナで第16回大会。70の国と地域から約150人が参加[2]

2011年11月9-12日、第18回大会がリスボンで開催され、パレスチナ西サハラキューバミャンマーにおける反帝国主義の闘いへの国際連帯が呼びかけられた[5]

関連人物[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]