救国軍事会議

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
救国軍事会議を揶揄した絵。
サングラスをかけ胸に勲章を並べたカラスが地球の上に乗っている。
地球の下のリボンに掲げられた標語"WRONa, WRONa über alles!"は、ドイツの国歌の歌詞のパロディ。

救国軍事会議(ポーランド語:Wojskowa Rada Ocalenia Narodowego、 略称:WRON) は、ポーランドにおいて、1981年から1983年の戒厳令下、ポーランドを統治した機関である。1981年12月12日の夜に発足し、1983年7月23日に解散した。ヴォイチェフ・ヤルゼルスキ将軍に率いられた救国軍事会議は、憲法上の規定のない性質のもので[1]軍事政権としての特徴を持っている。憤慨した人々は、この機関をカラス(ポーランド語で wrona - 救国軍事会議の略称 WRON にひっかけた洒落)と呼んだ。あるいは、第二次大戦中のドイツ国章である黒いワシを、やはりカラスと呼んでいたことを連想する者もいた。また、救国軍事会議をからかった歌が連帯のメンバーによりつくられた。例えば、「緑のカラス」(緑は軍服や戦闘服を連想させるから)、「カラスが鳴いて、それが何」というものがある。

2006年、救国軍事会議のメンバーは、暴力的犯罪集団を率いたという理由で、共産主義犯罪の罪で国家記銘院の検察官に告発された。

救国軍事会議メンバー[編集]

(階級役職は当時のもの)

  • ヴォイチェフ・ヤルゼルスキ元帥 - ポーランド統一労働者党第一書記、ポーランド人民共和国首相、国防大臣
  • ルドヴィク・ヤンチシン提督 - 海軍司令官
  • エウゲニウシュ・モルチク大将 - 教育総監、国防副大臣
  • フロリアン・シヴィツキ大将 - ポーランド軍参謀本部参謀長、国防副大臣
  • タデウシュ・トゥチャプスキ大将 - 国土防衛監察総監、国防副大臣
  • ユゼフ・バルィワ中将 - ポーランド軍政治本部長、国防副大臣
  • タデウシュ・フパウォフスキ中将 - 総務・農業・環境大臣
  • チェスワフ・キシュチャク中将 - 内務大臣
  • タデウシュ・クレプスキ中将 - 航空軍司令官
  • ロンギン・ウォゾヴィツキ中将 - 防空軍司令官
  • ヴウォジミェシュ・オリヴァ中将 - ワルシャワ軍管区司令官
  • チェスワフ・ピョトロフスキ中将 - 石炭・エネルギー大臣
  • ヘンルィク・ラパツェヴィチュ中将 - シュロンスク軍管区司令官
  • ユゼフ・ウジツキ中将 - ポモルスキ軍管区司令官
  • ジグムント・ジェリンスキ中将 - 救国軍事会議書記、国防省人事部長
  • ミハウ・ヤニシェフスキ少将 - 閣僚会議議長
  • イェジ・ヤロシュ少将 - 第一ワルシャワ機械化師団長
  • タデウシュ・マカレヴィチュ大佐
  • カジミェシュ・ガルバチク大佐
  • ロマン・レシ大佐
  • ミロスワフ・ヘルマシェフスキ中佐(本人の談に寄れば、本人の了解なく、知らないうちにメンバーのリストに加えられていたのだということである[2])
  • イェジ・ヴウォシンスキ中佐

標語など[編集]

戒厳令中に救国軍事会議をからかったユーモア、標語、歌など。

  • カラスはワシを負かすことはできない!(Orła wrona nie pokona!:白いワシがポーランドの象徴であることから)
  • ヴロン-ドン川の向こうへ消えよ!(Wron - won za Don!:ここでは、ドン川はソ連を象徴している)
  • カラスが鳴いて、それが何
  • カラスは我々を負かすことはできない (WRONa nas nie pokona!)
  • カラスは死ぬ ("WRONa skona")-1981年12月13日付けのバウティク紙に音楽に関するコラムが掲載された。そのコラムの各パラグラフの先頭の文字を並べると、"WRONA SKONA" となるものであった。
  • 12月13日、記憶に残るその年に、黒い卵が孵ってカラスが生まれた・・・(歌の歌詞)
  • パーチが驚いたことには、ナニが大きくなってカラスになった (Zdziwiły się OKON-ie że PRON-cie wyrosło WRON-ie!:OKON、PRON とも戒厳令下で発足した組織の名)
  • もしカラスの中に混じったら、同志、君は赤くなれ(カラスの中に混じったらカラスのように鳴け-郷に入れば郷に従え-のパロディ)
  • 救国軍事会議をひきいたヴォイチェフ・ヤルゼルスキ将軍は黒いサングラスを掛けていた。そのため、「目の見えない奴」、「シレポヴロン」(ヤルゼルスキ家の紋章の種類の名前だが、「目の見えないヴロン」の意味にもなる)、「溶接工」(溶接工は遮光眼鏡をかけるから)、「ピノチェト」(サングラス姿がよく知られている、同時代のチリの政治家)などとも揶揄された。

脚注[編集]

  1. ^ Andrzej Ajnenkiel, Konstytucje Polski w rozwoju dziejowym 1791-1997, Warszawa 2001, s. 335; Lech Garlicki, Odpowiedzi na pytania Przewodniczącego Komisji Odpowiedzialności Konstytucyjnej p. prof. Jerzego Wiatra, dotyczące kwestii prawnych, Biuro Studiow i Ekspertyz Kancelarii Sejmu, Warszawa 1996, passim; Marian Kallas, Historia ustroju Polski X-XX w., wyd. 4., Warszawa 2001, s. 442; Marian Kallas, Adam Lityński, Historia ustroju i prawa Polski Ludowej, Warszawa 2000, s. 187; Wielka encyklopedia PWN, t. 29, Warszawa 2005, s. 538; Sprawozdanie Komisji Odpowiedzialności Konstytucyjnej, [w:] O stanie wojennym w sejmowej Komisji Odpowiedzialności Konstytucyjnej, Warszawa 1997, s. 209. Jerzy Stembrowicz (Z problematyki stanu nadzwyczajnego w prawie konstytucyjnym, "Więź" 1988, nr 11-12, s. 109) stwierdził, że "WRON jest instytucją prawnie nie określoną". Z kolei Joanna Hołda i Zbigniew Hołda (Prawo karne wykonawcze, wyd. 2., Zakamycze 2004, s. 55) uważają ją, jako "niekonstytucyjną".
  2. ^ http://wiadomosci.wp.pl/kat,1342,title,Hermaszewski-dzialania-Jaruzelskiego-to-lobuzerstwo,wid,11372767,wiadomosc_prasa.html