モザンビーク人民共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モザンビーク人民共和国
República Popular de Moçambique(ポルトガル語)
ポルトガル領モザンビーク 1975年 - 1990年 モザンビーク共和国
モザンビークの国旗 モザンビークの国章
国旗 国章
モザンビークの位置
公用語 ポルトガル語
首都 マプト
大統領
1975年 - 1986年 サモラ・マシェル
1986年 - 1990年 ジョアキン・アルベルト・シサノ
首相
1986年 - 1990年 マリオ・ダ・グラサ・マシュンゴ
面積
1982 802,000km²
人口
1982 11,052,000人
変遷
成立 1975年6月25日
解散 1990年12月1日
通貨 モザンビーク・メティカル

モザンビーク人民共和国ポルトガル語: República Popular de Moçambique)は社会主義国(西側では一般的に共産主義国として知られる)を自認し、1975年6月25日から1990年12月1日まで続き[1]、今日のモザンビーク共和国となった。

1975年にポルトガルから独立を達成した後、サモラ・マシェルに率いられたモザンビーク解放戦線 (Frelimo) によってモザンビーク人民共和国は設立され、ローデシア(今日のジンバブエ)と、後に資金援助と支援をとって代わった南アフリカ共和国から援助を得たゲリラ運動モザンビーク民族抵抗運動 (Renamo) と残忍な内戦を戦った[2]

モザンビーク人民共和国は当時共産主義国だった[3] アンゴラ人民共和国[4]、及びソビエト連邦[5]と強固な絆を結んでいた。モザンビーク人民共和国は共産主義諸国の経済機構であるコメコンのオブザーバーでもあった[6]

脚註[編集]