アルバニア社会主義人民共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
アルバニア社会主義人民共和国
Republika Popullore Socialiste e Shqipërisë
アルバニア王国 (近代) 1946年 - 1992年 アルバニア
アルバニアの国旗 アルバニアの国章
国旗 国章
国の標語: Feja e Shqiptareve është Shqiptaria
国歌: 旗への賛歌
アルバニアの位置
公用語 アルバニア語
首都 ティラナ
第一書記
1944年 - 1985年 エンヴェル・ホッジャ
1985年 - 1992年 ラミズ・アリア
面積
1982 29,000km²
人口
1982 2,858,000人
変遷
臨時政府成立 1944年11月28日
人民共和国成立 1946年
複数政党選挙により非共産主義政権誕生 1992年3月22日
通貨 アルバニア・レク

アルバニア社会主義人民共和国(アルバニアしゃかいしゅぎじんみんきょうわこく、アルバニア語: Republika Popullore Socialiste e Shqipërisë)は、1946年アルバニア王国国王であるゾグー1世退位し、アルバニア共産党が政権を握って誕生したバルカン半島の国家。1976年までの国号はアルバニア人民共和国(アルバニアじんみんきょうわこく、Republika Popullore e Shqipërisë)であった。

歴史[編集]

第二次世界大戦末期の1944年11月29日、アルバニアはパルチザンソ連軍による全土解放が行われ、アルバニア共産党を中心とした臨時政府(アルバニア民主政府)による統治が開始された。1946年には王政が廃止され、共産主義国家アルバニア人民共和国が成立。エンヴェル・ホッジャを最高指導者とする政権が誕生した。

しばらくはソビエト連邦の強い影響下で国家運営が成されたが、1961年中ソ対立を契機に対ソ連批判を展開。ソ連と袂を分かつ一方で中華人民共和国に接近し、経済援助を受けた。また1967年には、中国の文化大革命に影響されて「無神国家」を宣言し、一切の宗教活動を禁止するなど、政治は混迷を極めた。1968年にはワルシャワ条約機構を脱退し、実質的な鎖国政策を実行する。隣国ユーゴスラビアとの対立も続き、国内は混乱状態に陥った。1976年、中国で文化大革命が収束し、改革開放路線に転換すると、一転して中国批判を開始し、世界的孤立は一層進んだ。同年、国号をアルバニア社会主義人民共和国へ改称。

最後の頼みの綱であった中国からの援助も失い、1980年代には「欧州一の最貧国」とまで揶揄されるほど経済は停滞。そのような中1985年エンヴェル・ホッジャが死去。全国規模の反政府デモが頻発し、時の権力者ラミズ・アリア1990年から徐々に開放路線に政策を転換し始めた。1992年の総選挙では、戦後初の非共産主義政権が誕生し、共産国家アルバニアは崩壊した。鎖国政策を転換して国際社会への復帰を急ぎ、経済復興を進めたが、1990年代に流行したネズミ講の破綻を契機とする暴動が発生するなど、近年も国情は安定していない。

参考文献[編集]

  • 木戸蓊編『世界現代史24 バルカン現代史』山川出版社、1977年。
  • 柴宜弘編『新版世界各国史18 バルカン史』山川出版社、1998年。
  • 秋岡家栄『双頭のワシの国アルバニア』三省堂選書、1977年。
  • NHK取材班編『NHK特集 現代の鎖国アルバニア』日本放送出版協会、1987年。

関連項目[編集]