モンゴル人民共和国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モンゴル人民共和国
Бүгд Найрамдах Монгол Ард Улс
ボグド・ハーン政権
北京政府
1924年 - 1992年 モンゴル国
モンゴルの国旗 モンゴルの国章
国旗 国章
国歌: モンゴル人民共和国国歌1950年 - 1992年
モンゴル・インターナショナル1924年 - 1950年
モンゴルの位置
公用語 モンゴル語
首都 ウランバートル
元首
1929年 - 1930年 ホルローギーン・チョイバルサン
1974年 - 1984年 ユムジャーギィン・ツェデンバル
1984年 - 1990年 ジャムビィン・バトムンフ
1990年 - 1997年 ポンサルマーギーン・オチルバト
首相
1924年 - 1932年 バリンギーン・ツェデンドルジ
1932年 - 1936年 ペルジディーン・ゲンドゥン
1936年 - 1939年 アナンディーン・アマル
1939年 - 1952年 ホルローギーン・チョイバルサン
1952年 - 1974年 ユムジャーギィン・ツェデンバル
1974年 - 1984年 ジャムビィン・バトムンフ
面積
1,564,116km²
人口
1935年 738,200人
1956年 845,500人
1979年 1,595,000人
1989年 2,043,400人
変遷
成立 1924年11月26日
モンゴル国と改称 1992年2月13日
通貨 トゥグルグ
モンゴルの歴史
中国 モンゴル高原
獫狁 葷粥 山戎
月氏 匈奴 東胡
 
丁零 鮮卑
魏晋南北 高車 柔然
鉄勒 突厥
  東突厥
回鶻
五代 黠戛斯 達靼 契丹
北宋 ナイマン ケレイト
南宋 (乃蛮) (客烈亦) モンゴル
モンゴル帝国
大元
北元(韃靼)
ハルハ
中華民国 モンゴル国
中華人民
共和国
モンゴル人民共和国
モンゴル国

モンゴル人民共和国(モンゴルじんみんきょうわこく、モンゴル語Бугд Найрамдах Монгол Ард Улс)は、モンゴル1924年から1992年まで使用した国号である。略称はBNMAUБНМАУ)である。

歴史[編集]

1921年、ボドー、ダンザン、ドクソムらの指導、ダムディン・スフバートルの軍事的活躍とソビエト連邦(ソ連)の赤軍の支援でボグド・ハーン(活仏・化身ラマ)を推戴し中華民国から独立したモンゴルは、1924年にボグド・ハーンの死に際して、コミンテルンの指導もあり、モンゴル人民革命党による一党独裁の社会主義国を宣言。こうして1924年11月26日にモンゴル人民共和国が誕生した。当時ではソ連に続く世界で2番目の社会主義国家であった[1]。中華民国はソ連の傀儡国家として独立を認めず、ソ連の軍事力によって中国からの独立が保たれた。

その後も一貫してソ連一辺倒の政策を続け、「ソ連の16番目の共和国」とまで呼ばれた。かつて東側陣営に属する社会主義諸国が「ソ連に従属する衛星国」と表現されることもあったが、この「衛星国」という表現はモンゴル学者オーウェン・ラティモアがこの時期のモンゴルの国際的地位を表現する用語として使用したものである。

外政では、1939年にはノモンハン事件ハルハ川戦争)で赤軍と共に日本関東軍)と戦い、第二次世界大戦末期の1945年8月にはソ連と共に満州国に侵攻して勝利した。1945年には中ソ友好同盟条約によって中華民国からも独立を承認されたが、内モンゴルの併合は断念することとなった[2]1949年中華人民共和国成立により中ソ蒙3カ国の蜜月状態が現出し、1961年には国際連合への加盟も果たした[3]が、1960年代からの中ソ対立により再び中国と敵対関係となり、モンゴル国内にはソ連軍部隊が展開して[4]中華人民共和国中国人民解放軍)からのモンゴル防衛と有事の際の北京攻撃の役割を担った。

国内では1930年代以降ホルローギーン・チョイバルサンユムジャーギィン・ツェデンバルによる独裁体制を取った。ソ連のような重工業の発展は起こらなかったが、首都のウランバートルでは軽工業の建設と人口の集中が発生し、それ以外の地域では牧畜業の集団化が起こった。1962年には経済相互援助会議(コメコン)に加盟して経済面でもソ連への依存を一層強めたが[5]、人口の希薄さや遊牧の存続にも起因した都市や市場の不在による重工業建設の難航、地下資源開発の遅れなども災いして大きな経済発展は起こらなかった。また、文化面でもソ連化を進め、モンゴル語の表記をチンギス・ハン時代からのモンゴル文字からロシア語と同じキリル文字への切り替えを強行したほどであった[6]。また、社会主義体制のエリート層の多くはソ連への留学を行った。

かつてモンゴル帝国を築いたチンギス・ハンについては、ソ連においてタタールのくびきの元凶とされていることから肯定的評価を禁じ、またチンギス・ハンの子孫である約1500人を数年間の内に処刑した。このため、処刑を免れる為に子孫であることを隠して生き延びた人々も数多い。また、帝国時代から続く家系図は社会主義の平等思想に反することから多くが破却された。

1980年代後半、モンゴルでもソ連のペレストロイカが波及して民主化運動が高まり、ジャムビィン・バトムンフ指導による人民革命党の一党独裁政権は1990年に崩壊、複数政党制による自由選挙で行われる大統領制と議会制を導入して人民革命党と民主化勢力の連立政権へ移行した。その後新体制にふさわしい国名改称が提案され、「モンゴル国」と改称し社会主義の放棄を実行。モンゴル人民共和国は名実とともにその歴史的役割を終えた。

脚注[編集]

  1. ^ 1年以内の短期間で消滅した政権を除くと、ソ連に次いで成立した社会主義国家はモンゴルの北西に隣接するトゥヴァ人民共和国(「タンヌ・トゥヴァ」、1921年8月14日独立宣言、1944年10月11日ソ連に併合)となる。ただし同国はモンゴル以上にソ連の傀儡色が強く、ソ連とモンゴル以外は同国の独立を認めていなかった。
  2. ^ 1953年台湾に逃れた中華民国政府は同条約の廃止を正式に決定し、同時にモンゴル人民共和国の独立も白紙に戻して再び外モンゴル地域の領有を主張したが、もはや実効性は喪失していた。
  3. ^ 1955年にもモンゴルの国連加盟が協議されたが、当時は国連での中国代表権を持っていた中華民国が安全保障理事会拒否権を発動したため実現しなかった。
  4. ^ ソ連を中心とした社会主義陣営の軍事同盟、ワルシャワ条約機構は東ヨーロッパ諸国のみが参加したため、モンゴルとソ連の軍事協力は二国間条約によって行われた。
  5. ^ コメコンは東ヨーロッパ地域以外の国も受け入れた社会主義諸国間の経済協力機構として機能し、モンゴルがその他地域加盟国の第一号となった。
  6. ^ これは中華人民共和国の内モンゴル自治区となった後もモンゴル文字の使用が維持された(同時に中国語普通話が普及した)内モンゴルとの文化断絶を拡大させた。

関連項目[編集]