複数政党制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

複数政党制(ふくすうせいとうせい、: Multi-party system)とは、政党制の一つ。多党制(たとうせい)とも呼ばれる。

概要[編集]

多数派の二大政党が政権を争う場合(二大政党制)、多数の少数政党が乱立し、連立内閣を組織する場合などがある。前者は、アメリカ合衆国イギリスなどがその代表的な例で、後者はイタリアフランスなどがその例となる。その他に、単独で内閣を組織できる大政党と中小の少数派野党というケースもある。

なお、複数の政党が存在していても実質上は一つの政党が政権を独占し、政権交代が起きないような場合はヘゲモニー政党制と呼ぶ。

開発途上国では、複数政党制と平和的政権交代を定着させることが課題である。

ソ連においては、社会革命党左派が政権から離脱したのち、ソ連共産党による一党支配が行われたが、スターリン主義体制に反対したトロツキーは、「ソヴェト諸党」の合法化を主張した。(『裏切られた革命』など。)

複数政党制の分類[編集]

関連項目[編集]