ゾグー1世

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゾグ1世 / スカンデルベク3世
Zogu I / Skënderbeu III
アルバニア国王
Kingzog.jpg
ゾグ1世
在位 1928年9月1日1939年4月7日
全名 Ahmet Muhtar Zogolli
アフメト・ムフタル・ゾゴリ
出生 1895年10月8日
Flag of the Ottoman Empire.svg オスマン帝国イシュコドラ州ブレルブルガジェト城
死去 1961年4月9日(満65歳没)
フランスの旗 フランスパリ近郊シュレンヌ
埋葬 フランスの旗 フランスパリティエ墓地
配偶者 アポニー・ゲーラルディネ
子女 レカ
王家 ゾグ家
父親 ジェマル・パシャ・ゾグ
母親 サディエ・トプタニ
宗教 イスラム教スンナ派
サイン Zogu Signature.svg
テンプレートを表示

ゾグ1世アルバニア語: Zogu Iアフメト・ゾグアルバニア語: Ahmet Zogu1895年10月8日 - 1961年4月9日)は、アルバニア共和国大統領1925年 - 1928年)、後にアルバニア王国国王1928年 - 1939年)。

生涯[編集]

「ゾグ」はアルバニア語で「」を意味する。ゾグ家はオスマン帝国のマティ総督を世襲で勤めた家系であり、アフメト・ゾグはマティ族の族長で、地主層に属する家柄の出身であった。

アフメト・ゾグ

政権獲得[編集]

1920年に成立したスレイマン・デルヴィナ政権で内相を務め、1922年に首相兼内相となると、自らの氏族の出身者を憲兵隊などに多く送り込み、政府の実権を掌握した。このような自らの出身地である北部アルバニアの氏族を優遇する政策は国内の不満を生み、1924年5月には正教会主教で作家のファン・ノリを担いだ反ゾグ蜂起が起こった。

蜂起は成功し、6月にファン・ノリは首相に就任した。ゾグは国外に逃亡し、逃亡先のベオグラードピョートル・ヴラーンゲリ率いる白軍などとも接触しつつ、帰国の機会を窺っていた。12月になるとノリ政権のソビエト連邦への接近を警戒したユーゴスラビアの援助もあって、ゾグは軍を率いて帰国し、首都ティラナを攻略し、ノリ首相を亡命に至らしめた。こうして政権を再び奪取すると、1925年には共和国宣言を行い、大統領に就任した。

国王即位[編集]

1928年9月1日憲法を改正して王位に就いた。この時にアフメトというトルコ語由来のムスリムの男性名を名乗るのを止め、ゾグだけを名前とした。即位した後は権威主義体制を敷く一方で、民法刑法の導入などの近代化政策を推し進めた。当時のアルバニアは氏族社会であり、また北部と南部では言語や社会環境が大きく異なっていたため、ゾグは氏族の武装解除やナショナリズムを唱える政策を通じて均質なアルバニア国民の形成を図った。対外的には、大統領時代にはイタリアに接近する政策を採ったが、国王に即位してからはイタリアと距離を置くようになり、両国関係が緊張することとなった。

ゾグ1世の墓(ティエ墓地)

亡命とその後[編集]

アフメト・ゾグ
Ahmet Zogu
100 Franka Albania (1926).jpg
ゾグ大統領の肖像が描かれた100フランガ紙幣(1926年)

任期 1925年1月31日1928年9月1日

Flag of Albania (1920-1926).svg アルバニア公国
第10代首相
任期 1922年12月26日1924年2月25日

Flag of Albania (1920-1926).svg アルバニア公国
第15代首相
任期 1925年1月6日1928年9月1日

出生 1895年10月8日
Flag of the Ottoman Empire.svg オスマン帝国イシュコドラ州ブレルブルガジェト城
死去 1961年4月9日(満65歳没)
フランスの旗 フランスパリ近郊シュレンヌ

1939年4月、ファシスト党政権下のイタリアがアルバニア侵攻を始めると、ゾグ1世はギリシャに亡命した。アルバニアの王位はイタリア国王ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世が兼ねることとなり、アルバニアには傀儡政権が置かれた。

一方ゾグはギリシャからエジプトに逃れ、第二次世界大戦中は復位の為に連合国や国内支持勢力と接触を保っていたが、戦後にエンヴェル・ホッジャを指導者とするアルバニア人民共和国が成立すると、帰国さえ不可能となった。その後イギリスフランスで亡命生活を送った後、1961年4月9日パリ近郊で死去した。ティエの墓地に埋葬されている。

家族[編集]

1938年ハンガリー貴族のアポニー・ゲーラルディネ伯爵夫人と結婚し、1男を儲けた。

関連項目[編集]