グレナダ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレナダ
Grenada
グレナダの国旗 GrenadaWappen.JPG
国旗 国章
国の標語:The Land, The People, The Light
(英語: 国土、国民、光)
国歌グレナダ万歳
グレナダの位置
公用語 英語
首都 セントジョージズ
最大の都市 セントジョージズ
政府
女王 エリザベス2世
総督
首相
セシル・ラ・グレネード
キース・ミッチェル
面積
総計 344km2201位
水面積率 極僅か
人口
総計(2010年 104,487人(180位
人口密度 304人/km2
GDP(自国通貨表示)
合計(2008年 17億[1]東カリブ・ドル(EC$)
GDP(MER
合計(2008年 6億[1]ドル(168位
GDP(PPP
合計(2008年 12億[1]ドル(169位
1人あたり 10,842[1]ドル
独立
 - 日付
イギリスより
1974年2月7日
通貨 東カリブ・ドル(EC$)(XEC
時間帯 UTC -4(DST:なし)
ISO 3166-1 GD / GRD
ccTLD .gd
国際電話番号 1-473

グレナダ(Grenada)は、カリブ海小アンティル諸島南部に位置する英連邦王国の一国たる立憲君主制国家である。イギリス連邦加盟国でもある。島国であり、海を隔てて北にセントビンセントおよびグレナディーン諸島、北東にバルバドス、南にトリニダード・トバゴベネズエラが存在する。首都はセントジョージズ

グレナディーン諸島の一部にグレナダ領グレナディーン諸島として、カリアク島プティト・マルティニーク島などの島々を領有している。1983年に起きたクーデター後の混乱時にアメリカ合衆国東カリブ諸国機構(OECS)によるグレナダ侵攻があり、国際的な注目を集めた。

国名[編集]

正式名称は英語で、Grenada/ɡɹəˈneɪ.də/ グラネーダ)。

日本語の表記は、グレナダ

コロンブスはコンセプシオン(Concepción)と名づけた。現在の名前はスペイングラナダにちなむ名と思われるが、誰がいつこの名をつけたのかは正確にはわからない。

セントビンセント・グレナディーングレナディーン諸島も同語源である。

歴史[編集]

先コロンブス期[編集]

植民地時代[編集]

独立以降[編集]

グレナダに展開するアメリカ軍(グレナダ侵攻

政治[編集]

グレナダは立憲君主制英連邦王国)、議院内閣制をとる立憲国家である。現行憲法は独立前年の1973年12月19日に制定され、1974年2月7日の独立に伴い施行されたもの。

国家元首国王だが、英連邦王国のため、イギリスの国王がグレナダの国王を兼ねる。国王の職務を代行する総督は、国王により任命される。政治の実権は行政府たる内閣にあり、その長である首相は総督が任命する。この任命は通常、下院総選挙後に多数派を構成した政党の指導者に対して成される。閣僚は首相の指名に基づき、総督が任命する。総督による任命は形式的なものである。

立法府たる議会は両院制で、上院下院により構成される。上院は13議席で、全議員が任命によって着任する。その任命は、10議席が政府、3議席が野党指導者によって成される。下院は15議席で、全議員が直接選挙小選挙区制)によって選出される。両院とも任期は5年。

二大政党制が成立しており、リベラル系の国民民主会議(NDC)と保守系の新国民党(NNP)の力が強い。グレナダ統一労働党(GULP)など他の小政党も存在するが、二大政党の勢力を覆すほどの勢力は持っていない。

軍事[編集]

グレナダ侵攻後の1983年に国軍は解体され、現在はグレナダ警察軍が国防を行っており、755人が在勤している。これとは別にグレナダ沿岸警備隊があり、哨戒艇4隻を保有している。

人民革命政権時代はグレナダ人民革命軍が存在し、グレナダ侵攻の際には約1200名の兵士がいた。

地方行政区分[編集]

グレナダの行政区画

6郡と1属領区に分かれている。

  • セント・アンドリュー(Saint Andrew)
  • セント・デビッド(Saint David)
  • セント・ジョージ(Saint George)
  • セント・ジョン(Saint John)
  • セント・マーク(Saint Mark)
  • セント・パトリック(Saint Patrick)
  • 1属領区はグレナディーン諸島にあるグレナダ属領のカリアク島・プティトマルティニーク島(Carriacou and Petite Martinique)である。

地理[編集]

グレナダの地図

ウィンドワード諸島最南端に位置している。グレナダ本島は面積約310Km²ほどの火山島で最高峰セント・キャサリン山(840m)があり、付近の島々、特にグレナディーン諸島の一部の島々なども属している。

主な島々

  • グレナダ島
  • グローバー島
  • ホッグ島
  • カリビジニ島
    • バード島
  • サンディ島
  • グリーン島
  • パールス・ロック
  • ロンドン・ブリッジ島
  • ロンド島
  • カーユ島
  • ザ・シスターズ島
  • ダイアモンド島
  • レ・タンテ島
  • カリアク島
  • マヤブ島
  • ホワイト島
  • サリン島
  • フリーゲート島
  • ラージ島
  • プティト・マルティニーク島
  • プティ・サン・バンサン島
  • プテット・ドミニク島

主要都市[編集]

経済[編集]

国旗の左側にナツメグの実が描かれていることからもわかるように、ナツメグの生産が比較的さかん。2005年時点において2747トン(世界第6位、シェア3%)に達する(FAO)。他の農産品はバナナクローブシナモンココアなど。

観光業も有望で、1979年に樹立した人民革命政府は観光事業の近代化に着手した。グレナダ侵攻後の親米政権樹立後はアメリカ合衆国資本が進出し、1984年の国際空港の完成以来発展を続けている。

日本外務省によると、2005年3月時点のグレナダの消費税率27.5%は、世界で最も高い税率だった(2007年以降は6位以下)[2]

交通[編集]

山岳道路はしばしば雨で流される。ポイント・サリンス国際空港の建設にはアメリカ合衆国の資金援助が行われた。

国民[編集]

住民の8割以上はアフリカ系であり、ヨーロッパ人により連れて来られた奴隷の子孫である。その他、南アジア系やヨーロッパ人などもいる。

言語は英語公用語であり、広く使われている。フランス語が混じったパトワと呼ばれるクレオール語を話すものもわずかながら存在する。

宗教は、ローマ・カトリックが6割程度を占めている。残りは、ほとんどプロテスタントである。

文化[編集]

グレナダのカーニバル(1965年

グレナダ出身のカリプソ歌手として、マイティ・スパロウが挙げられる。1988年に南野陽子の切手を発行している。

祝祭日[編集]

日付 日本語表記 現地語表記 備考
2月9日 独立記念日 Independence Day

著名な出身者[編集]

脚註[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d IMF Data and Statistics 2009年7月19日閲覧([1]
  2. ^ http://www.mofa.go.jp/mofaj/world/ranking/shohizei.html

参考文献[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

政府
日本政府
観光