新国民党 (グレナダ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
グレナダの旗 グレナダの政党
新国民党
New National Party
党首 キース・ミッチェル
成立年月日 1984年8月
下院議席数
4人 / 15人
(2008年7月)
政治的思想・立場 保守
公式サイト New National Party - Working with the people for a better tomorrow
シンボル 緑色
テンプレートを表示

新国民党(しんこくみんとう、: New National Party、NNP)は、グレナダの保守政党。党首はキース・ミッチェルで、野党のリーダーとなっている。

1984年8月にハーバート・ブライズ率いるグレナダ国民党、ジョージ・ブリザン率いる国民民主党、フランシス・アレクシス率いるグレナダ民主運動の三党が合併し誕生した[1][2]。党首にはブライズが就き[3]、同年12月の総選挙で全15議席のうち14議席を獲得、ブライズが首相に選任された[2][3]。1989年1月に行われた党首選挙ではミッチェルがブライズを破って当選した[2][4]が、翌年の総選挙でNNPは2議席しか確保できず下野した[2]

1995年の総選挙では8議席を得て多数派になり、ミッチェルが首相になった。しかし、1998年11月に外務相を務めていたラファエル・フレッチャー議員が辞任し過半数を切った。そのため、1999年1月に前倒しで総選挙が行われた。結果、NNPが62%を票を獲得し、全15議席を制した。2003年11月の総選挙では48.0%で8議席を獲得、かろうじて多数派を維持し、3期目をスタートさせた[2]

2008年7月の総選挙では国民民主会議(NDC)の11議席に対して4議席にとどまり、NDC党首のティルマン・トーマスがミッチェルに代わり首相に就任した。

脚注[編集]

  1. ^ "May 1988 - Internal political and economic developments", Keesing's Record of World Events, Volume 34, May, 1988 Grenada, Page 35888.
  2. ^ a b c d e Political Parties of the World (6th edition, 2005), ed. Bogdan Szajkowski, page 265.
  3. ^ a b "Jan 1985 - General election and resumption of Parliament - Formation of Blaize government - Foreign relations Opening of airport - Start of murder trial", Keesing's Record of World Events, Volume 31, January, 1985 Grenada, Page 33327.
  4. ^ "Jul 1989 - GRENADA", Keesing's Record of World Events, Volume 35, July, 1989 Grenada, Page 36812.

外部リンク[編集]