カリアク島・プティトマルティニーク島

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カリアク島にある中心地ヒルズバラの港を望む

カリアク島・プティトマルティニーク島(Carriacou and Petite Martinique)はカリブ海グレナディーン諸島にあるグレナダ領のカリアク島とプティトマルティニーク島からなる島。グレナダの自治的な行政区分である。カリアク島は先住民カリブ族言葉のKayryouacouが由来で珊瑚礁の土地を意味する。プティトマルティニーク島はマルティニーク島から来たフランス人漁師がプティ (少し)マルティニークと名付けた事による。両島のすぐ近くはセントビンセント・グレナディーングレナディーン諸島である。中心地はカリアク島にあるヒルズバラ。両島併せた総面積は37.7Km2。内、カリアク島の面積は27.5km²で、グレナディーン諸島の中では一番大きな島である。人口は7400人。 プティトマルティニーク島の面積は2.4km2、人口も約900人程度である。

歴史[編集]

500年から1000年頃にはアラワク族カリブ族など先住民が居たとされている。1656年グアドループからフランス人宣教師ジャン・バティステ・デュ・テルトルがカリアク島に訪問し、フランス人の漁師により、入植。1720年海賊バーソロミュー・ロバーツが島付近でフランス船を襲うようになる。1756年正式にイギリスの植民地となる。プティトマルティニーク島は1700年代、マルティニーク島から来たフランス人漁師ピエールにより初入植。1791年にセントビンセントとグレナダとのグレナディーン諸島の分割がされ、カリアク島とプティトマルティニーク島はイギリス領グレナダの一部の領土となる。1974年にグレナダが独立。カリアク島とプティト・マルティニーク島は共にカリアク島・プティトマルティニーク島としてグレナダに属する独自の地方行政区分となる。

政治[編集]

カリアク島・プティトマルティニーク島を結成するグレナダの独自の行政区分で1944年に選挙区になる。カリアク島・プティトマルティニーク島の大臣はジョージ・プライム(George Prime)。

地理[編集]

カリアク島と姉妹島のプティトマルティニーク島、両島とも火山性の島で、最高地点はカリアク島の291mである。カリアク島は丘陵になっていて、美しい珊瑚礁と浜辺がある。国立公園にもなっている。プティトマルティニーク島の最高地点は228m。

経済[編集]

観光が盛ん。昔は砂糖ライムココアなどのプランテーションで栄えたが、現在は農業は自給自足でトウモロコシえんどう豆など栽培している。家畜も行っている。プティトマルティニーク島では昔から漁業が盛んである。

のカリアク島には1968年完成のローリストン空港がある。プティトマルティニーク島への移動は小型フェリーのみ。

島民[編集]

黒人、白人、クレオール人がほとんど。英語が公用語で、パトワ語も話し、フランス語訛りのクレオール語も話す。

外部リンク[編集]