キラニ・ジェームス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
キラニ・ジェームス Portal:陸上競技
Kirani James.JPG
選手情報
国籍 グレナダの旗 グレナダ
種目 短距離走
生年月日 1992年9月1日(22歳)
自己ベスト
200m 20秒41(2011年)
400m 43秒74(2014年)
 
獲得メダル
グレナダの旗 グレナダ
男子 陸上競技
オリンピック
2012 ロンドン 400m
世界ユース陸上選手権
2009 ブレッサノーネ 400m
2009 ブレッサノーネ 200m
2007 オストラヴァ 400m
世界ジュニア陸上選手権
2010 モンクトン 400m
2008 ブィドゴシュチュ 400m
世界選手権
2011 大邱 400m
編集 テンプレートのヘルプを表示する

キラニ・ジェームス(Kirani James, 1992年9月1日 - )は、グレナダの首都セントジョージズ生まれの陸上競技選手。400mを専門にしている。現地ではその戦績から、同じカリブ諸国出身のウサイン・ボルトにあやかってボルト2世とも呼ばれる。

彼は2007年に行われた世界ユース選手権において、14歳の年齢別世界最高となる46秒96をマークして銀メダルを獲得した。さらに翌年は、世界ジュニア選手権において、15歳の年齢別世界最高となる45秒70で銀メダルを獲得した。14歳での46秒台、15歳での45秒台は共に史上初。2009年4月、自己ベストを45秒45に短縮。世界選手権のA標準を早くも突破した。同年7月、イタリアの都市、ブレッサノーネで開催された第6回世界ユース選手権で大会初の200m&400mの2冠に輝いた。記録も21秒05&45秒24でともに自己ベストで、400mは大会新記録となった。2010年5月に45秒01の年齢別世界最高(当時)をマーク。同年7月に世界ジュニア選手権の400mで優勝を果たした。

2011年、世界ランク1位で世界陸上選手権初出場で決勝進出。アメリカラショーン・メリットが金メダル最有力だったが、ゴール直前でそのメリットをかわして優勝。男子短距離では大会初の10代の世界王者となった。尚、優勝記録の44秒60は18歳世界最高記録(当時)である。この年齢で世界大会の決勝で自己ベストを出すなど、名実共に優れた成績を残している。

2012年ロンドンオリンピックの開会式ではグレナダ選手団の旗手を務め、陸上男子400mで優勝。グレナダに初の金メダルをもたらした。

年次ベスト[編集]

種目 記録 日付 備考
2007年 400m 46秒96 2007年7月13日 14歳世界最高記録
2008年 200m 21秒38 2008年3月24日
400m 45秒70 2008年7月10日 15歳世界最高記録
2009年 200m 21秒05 2009年7月12日
400m 45秒24 2009年7月10日
2010年 200m 20秒76 2010年4月5日
400m 45秒01 2010年5月16日
2011年 200m 20秒41 2011年4月16日
400m 44秒36 2011年9月8日
2012年 400m 43秒94 2012年8月6日
2013年 400m 43秒96 2013年7月6日

外部リンク[編集]