セラニャ・バンク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
セラニャ・バンクの航空写真
セラニャ・バンクの位置

セラニャ礁(セラニャしょう、Serranilla Bank)はニカラグアから北東の方のカリブ海に浮かぶ、小さな岩礁とウェスト・ブレーカー(West Breaker)、ミドル・キー(Middle Cay)、ビーコン・キー(Beacon Cay)などの小礁の島からなる礁であり、最も大きい礁は、ビーコン・キーである。

1510年にスペインの地図上で最初に記された。アメリカ合衆国はグアノ島法を利用し1879年から1880年の間に礁を領有した。1962年のキューバ危機の際に、アメリカ海兵隊の軍事基地と灯台を建設し使っていた。1982年にいくつかの礁がコロンビアに返還されたが、しかしアメリカ合衆国はセラニャ礁がそれらには含まれていないとし、合衆国未編入地域かつ領有小離島として実効支配している。特にウェスト・ブレーカー、ミドル・キー、ビーコン・キー、イースト・キーについて領有権を主張している。

また、現在コロンビアは自国のサンアンドレス・プロビデンシア県に所属するとし領有権を主張している。

しばしばロブスター漁師が礁に訪れるが、上陸には特別な許可が必要である。