ハワイ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ハワイ州
State of Hawaii
Mokuʻāina ʻo Hawaiʻi
ハワイ州の旗 ハワイ州の印
州旗 (州章)
州の愛称: アロハ・ステート
The Aloha State
ハワイ州の位置
州都 ホノルル
最大の都市 ホノルル
州知事 ニール・アバクロンビー
公用語 ハワイ語英語
面積
 - 総計
 - 陸地
 - 水域
全米第43位
28,311 km²
16,638 km²
11,672 km² (41.2%)
人口2010年
 - 総計
 - 人口密度
全米第40位
1,360,301
72.83人/km²
合衆国加入
 - 順番
 - 加入年月日

50番目
1959年8月21日
時間帯 UTC -10(ハワイ・アリューシャン標準時
DST なし
緯度 北緯18°55' - 29°
経度 西経154°40' - 162°
東西の幅 N/A km
南北の長さ 2,450 km
標高
 -最高標高
 -平均標高
 -最低標高

4,205 m
925 m
0 m
略称 (ISO 3166-2:US) US-HI
ウェブサイト ハワイ州政府
上院議員 ブライアン・シャーツ
メイジー・ヒロノ

ハワイ州: State of Hawaiiハワイ語: Hawaiʻi[1])は、太平洋に位置するハワイ諸島にあるアメリカ合衆国である。漢字では「布哇」と書く。州都はオアフ島のホノルル市である。アメリカ合衆国50州の中で最後に加盟した州である。

ハワイ島マウイ島オアフ島カウアイ島モロカイ島ラナイ島ニイハウ島カホオラウェ島の8つの島と100以上の小島からなるハワイ諸島のうち、ミッドウェー環礁を除いたすべての島が、ハワイ州に属している。北西ハワイ諸島の北西端からハワイ諸島の南東端のハワイ島まで、全長1,500マイル (2,400 km) にわたっている。州全体が島だけで構成されることではアメリカ合衆国で唯一の州である。アメリカ合衆国本土の南西、日本の南東、オーストラリアの北東と、太平洋の中央に位置し、地理的にも民族的にも近いポリネシアでは最も北にある列島で構成されている。その自然の多様な景観、暖かい熱帯性気候、豊富な公共の海浜と大洋に取り囲まれていること、および活火山の活動があることで、観光客、サーファー、生物学者、火山学者などに人気のある目的地になっている。独特の文化がある他に太平洋の中心にあることで、北アメリカアジアの影響も多く受けている。130万人を超える人口の他に常に観光客やアメリカ軍軍事関係者が滞在している。

家庭で話される言語(ハワイ州) 2010
英語
  
74.41%
タガログ語
  
4.52%
イロカノ語
  
4.06%
日本語
  
3.95%
ハワイ語除く大洋州諸語
  
2.61%
スペイン語
  
2.01%
中国語
  
1.54%
ハワイ語
  
1.50%
人種構成(ハワイ州) 2010
アジア系
  
38.6%
白人
  
22.7%
先住ハワイ人・太平洋諸島系
  
10.0%
ヒスパニック
  
8.9%
インディアン
  
0.3%
黒人
  
1.6%
混血
  
23.6%

州名の由来[編集]

ハワイ語の Hawaiʻi は原始ポリネシア語の Sawaiki から派生したものであり、「母国」を意味するように内的再構されている[2]Hawaiʻi同根語はポリネシアのマオリ語 (Hawaiki)、ラロトンガ語(ʻAvaiki)およびサモア語 (Savaiʻi) にも見られる。

言語学者のプクイとエルバートに拠れば[3]、「ポリネシアのどこでも、Hawaiʻiあるいはその類似語は地下世界または祖先の家の名前であるが、ハワイでは意味を持たない[4]。」

歴史[編集]

先史時代[編集]

ハワイ諸島へ人類が移民してきたのは、4世紀から8世紀頃(史料が乏しくはっきりわかってはいない)[5]で、南方のテ・ヘヌア・エナナ(マルケサス諸島)からと考えられている。この際に使用されたと考えられているのが、双胴の航海カヌーと、スター・ナヴィゲーションと呼ばれるリモート・オセアニア海域で広く用いられた航法技術である。ちなみにハワイへの移民がテ・ヘヌア・エナナから行われたとの説はビショップ博物館所属の日本人研究者、篠遠喜彦博士の釣り針編年研究が基礎となっている[6]

ハワイ王国時代[編集]

Drawing of single-masted sailboat with one spinnaker-shaped sail, carrying dozens of men
ハワイ王カラニオプウ、キャプテン・クックに贈り物を持ってきている。クックの船に乗船していた画家ジョン・ウェバーが描いた

アメリカによる併合[編集]

row of men with rifles
ハワイ王政打倒時の上陸部隊、1893年1月
ホノルルにあるイオラニ宮殿、元はハワイ王の住まい。ハワイ共和国の議事堂だった
  • 1893年リリウオカラニ女王が米国との不平等条約を撤廃する動きをみせると、これに強く反発したアメリカ人農場主らが海兵隊160名の支援を得てクーデターを起こし、王政を打倒して「臨時政府」を樹立。女王はイオラニ宮殿に軟禁される。この時、日本は国王派から依頼を受け邦人保護を理由に東郷平八郎率いる軍艦「浪速」他2隻をハワイに派遣し、ホノルル軍港に停泊させてクーデター勢力を威嚇した[12]。当時、日英同盟を結んでいた事もあり、こうした外交圧力は有効であった。女王を支持する先住民らは涙を流して歓喜したといわれる[13]。また、ハワイ在留日本人も女王支持派に同情的であった。「臨時政府」はアメリカに併合を求めるが、就任直後のクリーブランド大統領は海外進出に消極的な政策を採っており、併合を渋る。結局、クリーブランドは大統領の任期中、ハワイを併合しなかった。
  • 1894年7月4日:アメリカによる併合に時間が掛かると判断した臨時政府は、新憲法を発布しハワイ共和国を宣言した。大統領はサンフォード・ドール。彼は最初で最後の、ハワイ共和国大統領となった。
  • 1895年1月16日:ハワイ人王政派が武装蜂起したが短期間で鎮圧、虐殺される。この武装蜂起を支援したとしてリリウオカラニ女王が逮捕・幽閉される。原住民の大虐殺の後、ハワイを完全に乗っ取る。
  • 1895年1月22日:リリウオカラニ女王廃位(ハワイ王国滅亡)。
  • 1898年8月12日米西戦争でハワイの地政学的重要性を認識したアメリカ合衆国は[14]、ハワイ共和国を併合、ハワイ準州(米自治領)となる。アメリカの大統領は、前任者と対照的に帝国主義政策を推し進めたウィリアム・マッキンリーである。以後ハワイはアメリカの太平洋支配の拠点となり、オアフ島のパールハーバー(真珠湾)に大海軍基地が建設された(現在もアメリカ海軍太平洋艦隊の基地がある)。
  • 1920年:オアフ島第二次大ストライキ。日本人労働者もフィリピン人労働者と団結し、活躍した[15]。これはアメリカにおける日本脅威論形成の一要因になったともいわれる[16]
  • 1924年排日移民法の施行により日本からの移民は不可能になった。これまでに移民した日本人の数は約21万人にのぼった[17]
  • 1941年12月7日(日本時間12月8日):に、大日本帝国海軍による真珠湾攻撃が行われ、アメリカと日本との間で開戦した。
    • 開戦後間もなくアメリカ全土に住む日系アメリカ人と日本人は強制収容所に収容されたが、ハワイに住む日系アメリカ人および日本人は、日本人会会長や僧侶など、日系人社会を代表する一部の人々を除き強制収容所に収容されなかった。これは当時、ハワイが正式な州でなかったこと、アメリカ本土から離れていること、そして何より、当時の人口の4割程度を占める日系人および日本人を強制収容すれば、ハワイの社会や経済活動が崩壊しかねないという事実が影響したようである。しかしこのとき計画的に日系人アメリカ化工作がすすめられた[18]
    • ハワイで生まれ育ち、合衆国の市民権を持つ日系アメリカ人の若者の多くは、自ら進んで志願兵となることで祖国に対する忠誠心を示そうとした。彼らハワイの日系人だけで組織された陸軍第100大隊は、後にアメリカ本土の日系人部隊と合流し442連隊となり、欧州戦線において多くの犠牲と引き換えに目覚ましい戦果を上げた。彼らの献身的で勇敢な戦いは多くのアメリカ人に深い感銘を与え、ハワイのみならず戦後のアメリカ社会における日系人の地位向上に大きく貢献した。
    • なお、日本軍による上陸と占領を恐れ、戦時中を通じてハワイのみで流通する特別なドル紙幣が使われた。
  • 1959年8月21日:アメリカ50番目の州に昇格し[19]、本格的なリゾート開発が始まる。

地理[編集]

ハワイ州はアラスカ州とならび、アメリカ合衆国本土以外に位置する2つの州のうちの1つで、北米大陸上に位置しない唯一の州であり、四周を海によって囲まれ、また、熱帯地方に位置している唯一の州でもある。ハワイ島カラエ岬が全州の最南端部に位置している(本土最南端はフロリダ州フロリダキーズバラスト・キーenである。参考→アメリカ合衆国の最端点en)。アメリカ合衆国本土からは南西に約2,000マイル (3,200 km) 離れている。

州の陸地面積は、キラウエア火山から流動性の高い溶岩が流れ出ているため、その面積は増加し続けている。ハワイ諸島は8つの島々や環礁によって構成されており、その延長は距離 2,400 km(1500 マイル)にわたって伸びている。諸島のうち、8つの大きな島は"主要な島々(main islands)"と考えられていて諸島の南東部に位置している。これらの島々は北西部から南東に、ニイハウ島カウアイ島オアフ島モロカイ島ラナイ島マウイ島カホオラウェ島ハワイ島の順に並んでいる。 北西ハワイ諸島ニホア島からクレ島まで主に9つの小さな島が連なり、太古の火山の残骸である。他にもモロキニ島など100以上の岩礁や小島がある[20]

ハワイ諸島の主要8島
島名 愛称 座標 面積 (mi², km²) 最高地点 標高(フィート、m) 人口(人、2010年) 人口密度(人/mi²、人/km²)
ハワイ島[21] ビッグアイランド 19°34′N 155°30′W 4,028.0 mi²
(10,432.5 km²)
マウナケア 13,796 ft
(4,205 m)
185,079 45.948人/mi²
(17.7407人/km²)
カウアイ島[22] 庭園の島 22°05′N 159°30′W 552.3 mi²
(1,430.5 km²)
カワイキニ 5,243 ft
(1,598 m)
66,921 121.168人/mi²
(46.783人/km²)
カホオラウェ島[23] 目標の島 20°33′N 156°36′W 44.6 mi²
(115.5 km²)
プウモアウラヌイ 1,483 ft
(452 m)
0 0
ラナイ島[24] パイナップルの島 20°50′N 156°56′W 140.5 mi²
(363.9 km²)
ラナイハレ 3,366 ft
(1,026 m)
3,135 22.313人/mi²
(8.615人/km²)
マウイ島[25] バレーの島 20°48′N 156°20′W 727.2 mi²
(1,883.4 km²)
ハレアカラ 10,023 ft
(3,055 m)
144,444 198.630人/mi²
(76.692人/km²)
モロカイ島[26] 友好の島 21°08′N 157°02′W 260.0 mi²
(673.4 km²)
カマコウ 4,961 ft
(1,512 m)
7,345 28.250人/mi²
(10.9074人/km²)
ニイハウ島[27] 禁断の島 21°54′N 160°10′W 69.5 mi²
(180.0 km²)
パニアウ 1,250 ft
(381 m)
170 2.45人/mi²
(0.944人/km²)
オアフ島[28] 集まる所 21°28′N 157°59′W 596.7 mi²
(1,545.4 km²)
カアラ 4,003 ft
(1,220 m)
953,207 1,597.46人/mi²
(616.78人/km²)


ハワイ諸島の衛星写真。植生は風を受ける島の北東に成長している。島の南西側の周りで銀色になっている部分は島の山岳部が日光を遮ってできたものである。[29]
World map with Hawaiian islands in the middle
ハワイ諸島、北太平洋にある
Pāhoehoe and Aa flows at Hawaii.jpg
カウアイ島のナパリ海岸

ハワイ州は次の項目ではアメリカ合衆国で唯一の州である。

  • 北アメリカに位置していないこと
  • コーヒーが栽培できること
  • 全て海に囲まれていること
  • 全体が列島であること
  • 王宮があること
  • 州の境界に直線が無いこと

ハワイ州で最も高い山はマウナ・ケア山であり、標高は13,796フィート (4,205 m) であるが[30]、太平洋底からの高さは33,500フィート (10,210 m) であり、地球地殻表面を基準にした場合エベレスト山よりも高いことになる[31]

地質[編集]

ハワイ諸島の島々は、海底火山によってつくられた。現在ハワイ島がある地点には太平洋プレートよりも深いところにマントルの活動によるホットスポットと呼ばれるマグマ溜まりが太古から存在する。これはマントルの一定の場所に存在し続け、直上の海底に向けてマグマの上昇を繰り返すためキラウエア溶岩のような噴火活動を引き起こす。太平洋プレートは太平洋の中央海嶺である東太平洋海膨から日本列島千島列島の方へ向けて移動し続けているため、太平洋プレート上(=海上)から見ると「かつてホットスポットの直上に出来たが、太平洋プレートの移動に連れて位置がずれて活動が停止した火山島」が北西へ向けて列をなしているのがわかる。北西に移動するにつれ、海底に沈みこみハワイ海山群及び天皇海山群(2つ合わせてハワイ-天皇海山列)となり、カムチャツカ半島の根元に至る。その海山と島の列の、最も新しい島々が、ハワイ諸島である。最新の火山であるロイヒ海底火山はハワイ島海岸の南にある。

溶岩の形態を表す地質用語で、パホイホイ溶岩アア溶岩があり、ハワイ語に由来する。ちなみに、ハワイ諸島は1年間に約8cm、日本側に向かって移動している[32]

ハワイ島以外での最後の火山爆発は18世紀後期より以前に、マウイ島のハレアカラ山で起きたが、それより数百年前だった可能性もある[33]。1790年、キラウエア火山が現在のアメリカ合衆国では最大級の爆発を起こした[34]。この爆発でキラウエアに向かっていた戦士とその家族、少なくとも5,405人が死んだ[35]

火山活動とその後の浸食で印象的な地質的景観を生んできた。ハワイ島には世界の島の中で3番目に標高が高い地点がある[36]

火山斜面の不安定さによって大きな地震と津波を生じてきており、特に1868年と1975年のものが大きかった[37]

動物相と植物相[編集]

ハワイ諸島は他の陸地とは隔絶しているために、人類が活動を始める以前の生命体は、風(wind)、波(waves)、翼(wings、鳥、昆虫など)の3つの"w"で運ばれたと言われている。この地理的隔絶や環境の多様さ(標高や熱帯気候)によって様々な植物と動物の固有種を生んできた。ハワイには多くの絶滅危惧種がおり、アメリカ合衆国本土よりも高い比率で絶滅種が出ている[38]

国立保護地域[編集]

white rectangular memorial building with U.S. flag flying above
アリゾナ記念館、真珠湾

国立公園局の管理及び保護下に置かれている地域は以下の通りである[39]

パパハナウモクアケア国立海洋保護区は2006年6月15日に当時の大統領ジョージ・W・ブッシュが登録を宣言した。ここは太平洋の50マイル (80 km) 外海で、およそ140,000平方マイル (363,000 km²) の岩礁、環礁、浅瀬および深海であり、その広さはアメリカ合衆国の国立公園を全て合わせたよりも広い。

気候[編集]

Photo of sunset
コナの夕陽、火山ガスの二酸化硫黄などの粒子が酸素や水蒸気と反応するとことで生まれるヴォッグのために白っぽくなる

ハワイの気候は熱帯に特有のものではあるが、東からの貿易風がほぼ絶え間なく吹くために気温も湿度もそれほど高くはならない。夏の日中最高気温は80s °F 台後半 (31 ℃ 近辺) であり、夜間の最低気温は70s °F 台半ば (24 ℃ 近辺) である。冬の日中は80ss °F 台半ば (28 ℃ 近辺)、夜間は低地で60s °F 台半ば (18 ℃ 近辺) より下には滅多に下がらない。但し、ハワイ島のマウナ・ケア山マウナ・ロア山のような高地では冬季に積雪がある(冬季は斜面でスキー等のスノープレーができる)。ハレアカラ山では降雪も稀である。カウアイ島のワイアレアレ山は世界でも2番目に降水量が多い所であり、460インチ (11,684 mm) に達する。ハワイ諸島の大半では5月から10月の乾期と10月から4月の雨季の2季だけがある[40]

各島の気候はかなり異なっており、高山に対して風上側であるか風下側であるかで大きく分けられる。風上側は雲が多いのでリゾート地は風下側に集中している。

ハワイ州各都市の月別最高最低平均気温[41]
都市 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
ヒロ 64 °F / 17.8 ℃ 64 °F / 17.8 ℃ 65 °F / 18.3 ℃ 66 °F / 18.9 ℃ 67 °F / 19.4 ℃ 68 °F / 20.0 ℃ 69 °F / 20.6 ℃ 69 °F / 20.6 ℃ 69 °F / 20.6 ℃ 68 °F / 20.0 ℃ 67 °F / 19.4 ℃ 65 °F / 18.3 ℃
79 °F / 26.1 ℃ 79 °F / 26.1 ℃ 79 °F / 26.1 ℃ 79 °F / 26.1 ℃ 81 °F / 27.2 ℃ 82 °F / 27.8 ℃ 82 °F / 27.8 ℃ 83 °F / 28.3 ℃ 83 °F / 28.3 ℃ 83 °F / 28.3 ℃ 81 °F / 27.2 ℃ 80 °F / 26.7 ℃
ホノルル 66 °F / 18.9 ℃ 65 °F / 18.3 ℃ 67 °F / 19.4 ℃ 68 °F / 20.0 ℃ 70 °F / 21.1 ℃ 72 °F / 22.2 ℃ 74 °F / 23.3 ℃ 75 °F / 23.9 ℃ 74 °F / 23.3 ℃ 73 °F / 22.8 ℃ 71 °F / 21.7 ℃ 68 °F / 20.0 ℃
80 °F / 26.7 ℃ 81 °F / 27.2 ℃ 82 °F / 27.8 ℃ 83 °F / 28.3 ℃ 85 °F / 29.4 ℃ 87 °F / 30.6 ℃ 88 °F / 31.1 ℃ 89 °F / 31.7 ℃ 89 °F / 31.7 ℃ 87 °F / 30.6 ℃ 84 °F / 28.9 ℃ 82 °F / 27.8 ℃
カフルイ 63 °F / 17.2 ℃ 63 °F / 17.2 ℃ 65 °F / 18.3 ℃ 66 °F / 18.9 ℃ 67 °F / 19.4 ℃ 69 °F / 20.6 ℃ 71 °F / 21.7 ℃ 71 °F / 21.7 ℃ 70 °F / 21.1 ℃ 69 °F / 20.6 ℃ 68 °F / 20.0 ℃ 65 °F / 18.3 ℃
80 °F / 26.7 ℃ 81 °F / 27.2 ℃ 82 °F / 27.8 ℃ 82 °F / 27.8 ℃ 84 °F / 28.9 ℃ 86 °F / 30.0 ℃ 87 °F / 30.6 ℃ 88 °F / 31.1 ℃ 88 °F / 31.1 ℃ 87 °F / 30.6 ℃ 84 °F / 28.9 ℃ 82 °F / 27.8 ℃
リフエ 65 °F / 18.3 ℃ 66 °F / 18.9 ℃ 67 °F / 19.4 ℃ 69 °F / 20.6 ℃ 70 °F / 21.1 ℃ 73 °F / 22.8 ℃ 74 °F / 23.3 ℃ 74 °F / 23.3 ℃ 74 °F / 23.3 ℃ 73 °F / 22.8 ℃ 71 °F / 21.7 ℃ 68 °F / 20.0 ℃
78 °F / 25.6 ℃ 78 °F / 26.6 ℃ 78 °F / 26.6 ℃ 79 °F / 26.1 ℃ 81 °F / 27.2 ℃ 83 °F / 28.3 ℃ 84 °F / 28.9 ℃ 85 °F / 29.4 ℃ 85 °F / 29.4 ℃ 84 °F / 28.9 ℃ 81 °F / 27.2 ℃ 79 °F / 26.1 ℃

交通[編集]

陸上[編集]

州間高速道路H-1号線
TheBus

主要な州間高速道路オアフ島のみにH-1、H-2、H-3、及び2005年より州道78号線(通称:Moanalua Freeway)が高速道路に昇格してH-201となり、合計4路線となった。多くの主要なアメリカの都市と同じく、ホノルルの大都市圏は特にアイエア (Aiea)、パールシティ (Pearl City)、ワイパフ (Waipahu) 及びミリラニ (Mililani) の西方郊外から、ラッシュアワーの時間帯にかなりの交通渋滞が起こる。州道は主要な島の外周に配されている。

公共交通機関は、オアフ島ほぼ全域をカバーする公営バスである「TheBus」があるほか、本数は少ないが、マウイ島ハワイ島カウアイ島の一部にコミュニティバス路線が存在している。

以前はハワイ州の大きな島には鉄道網があり、農産物や乗客を運んでいた。これらは全て狭軌(多くは3フィート (914mm)、小島では2.5フィート (762mm)、アメリカ合衆国本土では4フィート8.5インチ (1,435 mm))だった。鉄道会社の中でも最大のものはオアフ鉄道土地会社であり、ホノルルからオアフ島の西部や北部を結ぶ多くの路線を走らせていた。第二次世界大戦では兵員や軍需物資を運ぶことにも貢献した。往来が激しかったので列車の運行を円滑にする信号と、自動車を保護するために踏切に備えられたウィグワグ装置があった。本線は1947年に廃線となったが、一部はアメリカ海軍が買収し、1970年まで運行していた[42]

鉄道はオアフ島の非営利団体・ハワイ鉄道協会の運行する鉄道(エヴァ~カヘ・ポイント)やマウイ島のさとうきび列車 (Sugarcane Train) など、全長13マイル (21 km) が観光用にわずかに残されているのみで、公共交通機関としての用はなしていない[43]。オアフ島の西部が新興住宅地として急速に発展してきているのに対して、州間高速道路やバスのみでは慢性的な渋滞を引き起こしていることから、以前からモノレールを敷設する計画はあるものの、資金等の問題があり実現の目処は立っていないのが現状である。

航空[編集]

ハワイアン航空のボーイング717型機
ホノルル国際空港

ハワイアン航空go!およびモクレレ航空アイランドエアーなどが州内路線を運行している。また、ハワイアン航空が州外、国際線を運航しているほか、アメリカ本土やアジア、太平洋諸国から多数の国際線が乗り入れている。

空港[編集]

定期民間旅客便が就航している州内の空港(特記しない限りハワイアン航空go!およびモクレレ航空の定期便が就航)は以下の通りである。ハワイ諸島には、1つの島に必ず1つ以上の空港がある。

船舶[編集]

19世紀から1950年代までは民間の蒸気船やフェリーが島々を結ぶ唯一の交通手段だった。1970年代半ばにはシーフライトが水中翼船を主要な島の間に就航させた[44]2007年12月より、カウアイ島、オアフ島、マウイ島、ハワイ島の4島間を結ぶ「ハワイ・スーパーフェリー」が就航していたが、幾度かの休止を経て2009年8月をもって運航会社が破産、事実上の廃止となった。運行会社は将来フェリー運航を再開したい意向を表明している。マウイ島からモロカイ島およびレナイ島には通勤専用のフェリーが運航しているが、車両は搬送していない。

人口動勢[編集]

人口推移
年度 人口 変動率
1900 154,001
1910 191,874 24.6%
1920 255,881 33.4%
1930 368,300 43.9%
1940 422,770 14.8%
1950 499,794 18.2%
1960 632,772 26.6%
1970 769,913 21.7%
1980 964,691 25.3%
1990 1,108,229 14.9%
2000 1,211,537 9.3%
2010 1,360,301 12.3%
Source:1910–2010[45]
ハワイ諸島の人口密度図

2005年現在、ハワイ州は前年より、13,070人、すなわち1.0%増加し、2000年より、63,657人、または5.3%増加した、人口1,275,194人と見込まれている。これは48,111人(出生96,028人、死亡47,917人)と前回の国勢調査からの自然増並びに州内への移住者16,956人の増加が含まれる。アメリカ合衆国外からの移住は30,068人増加する事となり、合衆国内部への移住者で13,112人減少する事になった。ハワイ州の人口重心はオアフ島とモロカイ島の間となっている[46]

ハワイ州にはアメリカ軍関係者や観光客が常にいるために事実上の人口は130万人を超えている。「人の集まる所」という愛称のあるオアフ島が最も人口が多く、陸地597平方マイル (1,546 km²) に100万人弱が住んでおり、人口密度は約1,650人/平方マイル (637人/km²) である。比較のためにアメリカ合衆国本土で最も人口密度が高いニュージャージー州の場合、8,721平方マイル (22,608 km²) に8,717,925人が住んでおり、人口密度は約1,134人/平方マイル (438人/km²) である[47]。ハワイ州全体では1,360,301人の住人が6,423マイル (16,638 km²) の土地に住んでいることになり、人口密度は211.8人/平方マイル (81.8人/km²) となる[48]。これはオハイオ州イリノイ州より低い値である。

ハワイ州の平均余命は2000年時点で79.8歳だった(男性で77.1歳、女性で82.5歳)。これは全米の中で最も高い数字である[49]

アメリカ軍軍事関係者は州内人口の約1.3%を占めている。

人種・民族構成[編集]

アジア系は40%に近い多数派となっている。これは全てのアメリカの州で唯一のものであり、さらに混血の比率が高いこと、他の州で増加を続けているヒスパニックが少ないこと、白人が少ないことも大きな特徴である。この為、同州では学校での虐め、不当解雇など白人への人種差別が散見され問題視されている。[50][51] なお、中国系の多くがその歴史的背景から中華民国台湾)を支持するほか、ベトナム系の多くがベトナム戦争後に崩壊した南ベトナムからの亡命者とその子孫で、残りの多くもボートピープルとして亡命してきた者である。最大多数の人種が50%を超えていない州はハワイ州とニューメキシコ州の2州のみである。

ハワイ州住人の82.2%はアメリカ合衆国の中で生まれている。外国生まれの住人のうちおよそ75.0%はアジア出身と申告している[52]

日系人[編集]

アジア系の住民のなかでも特に日系人が多く、出身国(民族)別では第2位である。その影響もあってか、他の49州と異なり、仏教徒の比率が高く、寺院神社も州内各所に点在する。また、オアフ島北東地域には、人口は少ないがモルモン教信者のコミュニティも存在する。

最初の日系官約移民は1885年2月9日にハワイに到着した。現在日系人は1世から5世までいるといわれている。3世以降の日系人の殆どは日本語が話せないが、単語のみを知っていることが多い。また、ハワイは日本人にとって人気の観光地であり、旅行会社などハワイ在住の日本人駐在員や留学生、別荘を所有し数カ月単位の滞在を行う長期滞在者も多く、その数は約2万人と言われている(領事館への届け出を行っている滞在者の総計であり、実際はもっといると思われる)。

ハワイ先住民[編集]

純血の「先住ハワイアン (Native Hawaiians)」は現在かなり減少している[53]

1959年、アメリカ合衆国の一つの州となった。その植民地支配のためハワイアンの社会経済的地位は低下し、その影響は現在(2000年代)でも続いている[54]。 「先住ハワイアン」と言われる民族は、約10万人程度である。しかし、これらの人々の中でも純血と言える人は稀である。現在、純血のハワイアンは約8000人に満たない。先住ハワイアンのうち98%は混血である。[55]。 現在広く用いられているのは、1920年に成立した「ハワイ人住宅寄託法」で示された「キャプテン・クック来航以前にこの島々に住んでいた人々の血を50%以上引いていること」という定義である。先住民ハワイアンは州内人口の民族構成で5.9%に過ぎず、独自文化の存続を図るため、1980年にハワイ人問題事務局が設置された。2000年の米国内務省統計では、ハワイアン人口は全米で40万人強、そのうちハワイ州在住は約24万人、それ以外のハワイアンはカリフォルニア州居住が圧倒的である。ハワイアンはハワイ州総人口の約5分の1を占め、白人系、日系、フィリピン系に次ぐ集団となっている[56]

1990 年代には、ハワイ先住民による主権回復運動(ハワイアン・ソブンティ運動:自決権あるいは独立要求)が盛り上がった[57]

カメハメハ・スクールズ裁判[編集]

ハワイの伝統的な私立学校であるカメハメハ・スクールズは、先住ハワイアンの血を引く者のみしか入学できないというのが条件である。カメハメハ・スクールズはカメハメハ1世の直系の子孫であるバーニス・パウアヒ・ビショップが、遺言によって設立した私立学校であり、公的な助成金を一切受けておらず、また彼女の遺言によって先住ハワイアンの教育を旨とすべきことが学校の方針であった。

2003年にこの入学規定が非ハワイ人から「人種差別」だとして訴えられた[58]。2005年9月の連邦巡回控訴裁判所において違法との判決を受けた。この判決には先住ハワイアンのみならずハワイ社会全体から広範な反発が起きた。2006年12月、巡回裁判所における再審理の結果、原判決が破棄され、ハワイ人優先入学制度は違法でないとされた。

カメハメハ・スクールズは上級審で逆転勝訴したが、敗訴した原告の白人少年側は「カメハメハ・スクールズが入学を許可しなかったことで生じた学習の遅れに対する損害賠償」を求めて反訴する意志を示し、合衆国最高裁に再審理を要求したが、判決が下る前に両者の間で和解が成立した。同校は現在もハワイ人優先の入学制度を維持している。

人類学者の井上昭洋によれば、これらの裁判は、1990年代のハワイ先住民による主権回復運動に対する反発が根底にあり、アメリカ社会における反アファーマティブ・アクション(バックラッシュ)の流れと無関係ではないとされる[59]

「先住ハワイアン政府再編成法」[編集]

2009年12月28日、「アメリカ合衆国下院天然資源委員会」は、「先住ハワイアン政府再編成法」を承認した。これは先住ハワイアンに対し、民族自決のための政策決定権を認めるものであり、その認定事務および承認はアメリカ本土におけるインディアン、アラスカ・エスキモーアレウトと同様に、アメリカ内務省によって行われる。「合衆国インディアン事務上院委員会」も、この「先住ハワイアン政府再編成法」を承認した。

「天然資源委員会」内ではこの法案について、「先住ハワイアンによる民族政府の樹立は、合衆国憲法に違反する」とドク・ヘイスティングス下院議員を代表とする共和党員メンバーによって反対論陣が組まれてきた。

民主党員側では、ハワイ生まれのオバマ大統領を筆頭とする多数の議員、また先住ハワイアンだけでなく、アラスカ議会代表団、アラスカのインディアンエスキモー団体がこれを支持している。

言語[編集]

ポリネシア人であるハワイ先住民が伝統的に用いた言語がオーストロネシア語族に属する「ハワイ語」である。英語とともに公用語であるが、母語とする話者は少ない。しかし近年は地名表記などにおいて、ハワイ語発音での表記が増加している。

日本からの観光客が多いため、ワイキキ周辺では日本語も通じる。一般的にアメリカ国内の公的な場所での表記は英語、ついでスペイン語であるが、ワイキキ周辺では英語についで日本語となっている。ワイキキ周辺では、日系人以外でも簡単な日本語を理解できるものが多い。しかし聞き取りはできても話せないか、話せても(上手ではないから)使いたがらないという者も多い。なおホノルル以外や、ネイバー・アイランドと呼ばれる、オアフ以外の島では、都市部の日系人コミュニティを除き、日本語は殆ど通じないと考えた方が良い。

ハワイ州の公式言語は1978年憲法で承認された英語とハワイ語である。

2008年のアメリカ地域社会調査では、5歳以上のハワイ州住人の74.6%が家庭で英語のみを話している[60]

スペイン語を話す住民は2.6%であり、1.6%がその他のインド・ヨーロッパ語族の言語を話している。アジア系の言語を話す住人が21.0%おり、0.2%は異なる言語を話している[60]

英語以外に話されている言語としてタガログ語(5.37%)、日本語(4.96%)、イロカノ語(4.05%)がある。ヨーロッパ系住人はその母国語を話すものも多い。例えばスペイン語、ポルトガル語、フランス語である。

宗教[編集]

ハワイ州にある教会、1958年撮影

2000年時点で信徒が最も多い宗派はローマ・カトリックであり、240,813人である[61]末日聖徒イエス・キリスト教会モルモン教)の信者は2009年時点で68,128人だった。

2000年時点の宗派別信徒数は以下の通りである[62][63]

その他の宗派としては、バハイ教儒教道教ハワイ宗教ヒンズー教イスラム教シーク教神道ゾロアスター教などがある。

無宗派には不可知論者、無神論者、人道主義者、不信仰者が含まれる。

政治と法律[編集]

州政府[編集]

ハワイ州議会議事堂、パンチボウル・クレーター縁から見下ろす

ハワイ州政府はハワイ王国時代から連邦政府をモデルとしている。ハワイ州憲法に規定され、行政、立法および司法の3権がある。

行政府は知事が指導し、副知事の補佐を受ける。どちらも組み合わされた候補者名簿から選出される。知事は州全体で選出される唯一の役人であり、他の役人は知事が指名する。副知事は州務長官を務める。知事と副知事は州議会議事堂にあるオフィスから20の機関を監督する。知事公邸はワシントン・パレスである。

立法府は51人の議員から成る下院と25人の議員から成る上院の両院制である。州議会議事堂で審議を行っている。

司法府はハワイ州司法省である。その最高機関はハワイ州最高裁判所であり、アリイオラニ・ハレを審問に使っている。

州知事はニール・アバクロンビー(2010年 - )。ベン・カエタノ以来8年ぶりに民主党が知事職に復帰。また1938年生まれのベテランで、ジェリー・ブラウンカリフォルニア州知事に80日の差で続く全米で2番目の年長知事である

日系約20万人、フィリピン系約17万人などアジア系住民が多い州であるため、州議会にもその住民構成は反映され、日系人の州議会議員も多く活躍している他、日系人の連邦議員もこれまでに数多く選出され続けてきている。

法律面では、州法で人種差別を禁止しており、アメリカの中でもアジア系を含めた非白人系の移民が多いことが窺い知れる。また、自然保護に関する法律は多いが、それを現実のものとするための資金が不足しているのも事実である。以前よりカジノ構想が議会で持ち上がり、資金不足の解消を試みるが、何度も可決されずに終わっている。現在の州法では一切のギャンブルが禁止されており、宝くじも販売されていない。そのためか、ハワイ州民の観光旅行先としてラスベガスは常に一番人気である。

現在、ハワイ州においては、死刑制度は廃止されている。

地方行政[編集]

ハワイ州特有の統治事情は自治体が無いことである。地域社会は全て郡のレベルで管理されている。唯一法人化された地域はホノルル統合市郡であり、オアフ島全体を統治している。郡の行政官は郡長(mayor、市長と同じ)と呼ばれ、全て無党派選挙で選ばれている。

ハワイ州には次の5郡が置かれている。

連邦政府への代表[編集]

ハワイ州から連邦議会には上院議員2人、下院議員2人を送り込んでいる。2013年時点で4人全員が民主党員であり、さらにそのうち3人は女性である。

下院[編集]

州内のうち、ホノルルなどをオアフ島南東部を含む下院第1選挙区からは、前ハワイ州議会上院議員のコリーン・ハナブサが選出されている。ハナブサは、アバクロンビー現州知事の知事選出馬・下院議員辞職に伴って実施された2010年5月の補欠選挙では、同じく出馬を模索したエド・ケース元下院議員との候補統一に失敗し党内が分裂、ライバル共和党のチャールズ・ヂョウの前に苦杯を嘗めたが、同年11月の中間選挙では直前までの接戦観測を覆し、得票率にして6ポイントの差を付けてヂョウを破り、雪辱を果たした。2012年の選挙でも再選を果たし、現在2期目である。

州内の他の部分を含む下院第2選挙区からは、前ホノルル市議会議員のトゥルシ・ガダードが選出されている。ガダードは、上院に転出したメイジー・ヒロノに代わり、2012年11月6日の選挙に出馬・当選し、現在1期目である。ガダードは、連邦議会初のサモア系かつヒンドゥー教徒の議員である。また、ハワイ州の陸軍州兵としてイラクに従軍した経験があり、同じく2012年の選挙で初当選したタミー・ダックワースと並び、戦闘地域での任務経験がある女性連邦議会議員となっている。

上院[編集]

上院議員には、現在ブライアン・シャーツメイジー・ヒロノの2人が選出されている。

ハワイ州では、日系のダニエル・イノウエが先任上院議員として、1963年1月3日から約50年にわたり同職を務めていた。イノウエは、2010年6月にはロバート・バード上院議員の死去に伴い上院の最先任上院議員となり、上院多数派の最長老に与えられるアメリカ合衆国上院仮議長を務めていたが、2012年12月17日に逝去した。2012年11月6日の選挙では、現職だったダニエル・アカカの引退に伴い後継として出馬した福島県生まれの日本人移民メイジー・ヒロノが当選し、イノウエ議員が存命であれば2013年1月からハワイ州の上院議員はすべて日系で占められるはずであったが、同議員逝去に伴い立ち消えとなった。

イノウエ議員の後継には、アバクロンビー州知事の下で副知事を務めていたブライアン・シャーツが指名され、2012年12月26日付で就任した。イノウエ議員の任期は本来2017年1月(2016年改選)までであったが、2014年の中間選挙にあわせて補欠選挙が実施されることになっている。

その他[編集]

ハワイ州にある連邦政府機関はアロハタワーとホノルル港に近いプリンス・クヒオ連邦政府ビルに入っている。同ビルには連邦捜査局(FBI)、国税庁(IRS)、およびアメリカ合衆国シークレットサービスが事務所を構えており、ハワイ州連邦地方裁判所やハワイ地区連邦検察局も入居している。

国政選挙[編集]

大統領選挙の結果
共和党 民主党
2008年 26.58% 120,446 71.85% 325,588
2004年 45.26% 194,191 54.01% 231,708
2000年 37.46% 137,845 55.79% 205,286
1996年 31.64% 113,943 56.93% 205,012
1992年 36.70% 136,822 48.09% 179,310
1988年 44.75% 158,625 54.27% 192,364
1984年 55.10% 185,050 43.82% 147,154
1980年 42.90% 130,112 44.80% 135,879
1976年 48.06% 140,003 50.59% 147,375
1972年 62.48% 168,865 37.52% 101,409
1968年 38.70% 91,425 59.83% 141,324
1964年 21.24% 44,022 78.76% 163,249
1960年 49.97% 92,295 50.03% 92,410

ハワイ州は直近12回のアメリカ合衆国大統領選挙のうち10回を民主党支持とした。共和党を支持したのは1972年(リチャード・ニクソンの2期目)と1984年(ロナルド・レーガンの2期目)である。2004年の場合、民主党候補のジョン・ケリーが有効投票総数の54%を得て、対立候補共和党のジョージ・W・ブッシュに9%と差を付けてハワイ州の選挙人4人を獲得した。州内5郡全てが民主党候補を支持した。1964年にはハワイ州生まれのハイラム・フォンが共和党候補者指名を求めた。また1972年には同じくパッチー・ミンクがオレゴン州予備選に出馬した。

ホノルル生まれの第44代アメリカ合衆国大統領バラク・オバマは、当時イリノイ州選出のアメリカ合衆国上院議員であり、2008年の選挙で大統領に当選した。2008年2月19日に開かれた民主党ハワイ州党員集会では76%の票を得て候補指名された。オバマは主要政党の候補者として指名を求めたハワイ出身者としては3人目であり、初の党指名候補になった[64][65]

祝日[編集]

現在アメリカ合衆国の版図となっている地域では唯一、西洋人にも認知された王朝が成立しており、それをアメリカが強制的に併合したこと、また現在の50州の中で最後に立州されたことという歴史的背景もあり、連邦政府が定める祝日(アメリカ合衆国祝日の項目参照)とは別に、下記の祝日が州独自に定められている。

  • クヒオ王子誕生日(Prince Kuhio Jonah Kalanianaole Day) - 通称クヒオ・デー(3月26日
  • グッド・フライデー(Good Friday) - (イースター
  • カメハメハ一世誕生日(King Kamehameha I Day) - 通称カメハメハ・デー(6月11日
  • 合衆国編入記念日(Admission(Statehood) Day) - 通称アドミッション(ステートフッド)・デー(8月第3金曜)

なお、アドミッション・デーが祝日とされる代わりに、連邦の祝日であるコロンブス・デー(10月第2月曜)を、ハワイ州政府では祝日とみなしていない。

経済[編集]

2007年のハワイ州の州内総生産は583.07億ドル(約5兆円)である[66]滋賀県(約6兆円)とほぼ同じ経済規模である。

主な会社など[編集]

かつてハワイ州の経済は「ビッグ・ファイブ」(Big Five)と呼ばれる、以下に挙げる大手砂糖会社を筆頭とする複合企業群によって支えられていた。これらの企業群は20世紀初頭に台頭し、1960年代に至るまでハワイ州の政治・経済を牛耳ってきた。しかし、1970年代に入り砂糖のプランテーションが次々に閉鎖されると、これらビッグ・ファイブの傘下にあった企業は他州の企業に買収・併合されていった。

また、以下の企業もハワイ州に本拠を置いている。

主な産業など[編集]

ハワイ州の経済史は主たる産業が移り変わってきたことが特徴である。すなわち白檀材[67]、捕鯨[68]、サトウキビ、パイナップル、軍需、観光および教育である。1959年以降は観光業が最大産業であり、1997年では州内総生産の24.3%を占めている。

現在は軍需、観光農業が3本柱であるが、農業についてはかつての隆盛からすると寂れたと言って過言ではない。但し、パイナップル生産については、かつてラナイ島単独で全米の生産量の90%、全世界生産量の75%を産出していたほどであり、ハワイ島のコナコーヒー(全米50州唯一のコーヒー産地)と並ぶ代表的産物である。

軍需については、州内に数多くの軍事基地を抱え、軍や関連産業による経済への影響は計り知れない。2009年、アメリカ軍はハワイ州で122億ドルを消費したが、これは国内予算の18%に相当した。アメリカ合衆国国防総省の人員75,000人が州内に住んでいる[69]

観光については、年間6,982,425人、うちアメリカ国内からが4,592,650人、国外からは2,389,775人、そのうち日本からは年間1,239,481人(いずれも2010年州政府経済局統計)が訪れる、国際的観光地であり、軍需と並びハワイ州の経済の屋台骨と言っても過言ではない。

離島であり、工業製品のほとんど、また燃料の全てを米本土からの輸入に頼る経済構造になっているため、平均物価は州単位では全米一高く、全米平均のおよそ1.5倍に相当する(2位はニュージャージー州の1.25倍)が、その一方で、平均年収は全米平均とほぼ同程度であるため、可処分所得は全米平均以下と言える

ハワイ州の積出港

ハワイ州からの輸出品としては食品や衣料品がある。しかし例えばアメリカ合衆国西海岸であってもかなりの輸送距離があるためにハワイ州の経済に占める役割は小さい。輸出食品にはコーヒー、マカダミアナッツ、パイナップル、家畜およびサトウキビがある。ハワイ農業統計局に拠れば2002年の農産物売上高は3億7,090万ドルであり、パイナップルは1億60万ドル、サトウキビは6,430万ドルだった。

ハワイ州の課税は比較的重い。2003年、一人当たり税徴収額は2,838ドルとなり、全米50州の中で最高だった。これは教育、健康管理および公共事業が全て州によって行われることに起因しており、他州では地方政府が担当している。

数多い観光客は消費税やホテル客室税を払うことによってハワイ州の税収入に貢献している。つまり全ての税収が住民から徴収されているわけではない。しかし企業経営者は税負担が重いので、高い物価と、取引には有効的でない風土という認識を作っていると見なしている[70]

ハワイ州はガス・キャップ法(排出ガス規制法)によってガソリン価格を規制する数少ない州の1つである。石油会社の利益はアメリカ合衆国本土と比較されて監視されているので、この法律によって州内ガソリン価格は本土と同じにされている。この法はハリケーン・カトリーナで価格が変動した2005年9月に効力を発揮したが、2006年4月には棚上げされた。

生活費[編集]

ハワイ州、特にホノルルの生活費はアメリカ合衆国の主要都市に比べて極めて高い。しかし、ニューヨーク市と比べれば6.7%、サンフランシスコ市と比べれば3.6%低い[71]。この数字には「アメリカ合衆国本土以外」の顧客に対して課される旅費や輸送費の増加、販促機会の不足という要素を含めていない可能性がある。オンラインショップの中にはハワイに対する注文に送料を取らないものもあるが[72]、多くの商店はハワイ州、アラスカ州、プエルトリコなどの海外領土を商圏の対象から外している。

2000年時点で住宅価格の中央値は272,700ドルだったが、全国平均はその半分以下の119,600ドルだった。カリフォルニア州でも211,500ドルであり[73]、ハワイ州は全米で最も住宅価格が高い州である。全米不動産協会の最近の調査では、ホノルルの一戸建て住宅価格中央値を607,600ドル、全米の値を173,200ドルとしている。この年、カリフォルニア州シリコンバレーで602,000ドルであり、ホノルルは最も住宅価格が高い都市になった[74]

教育[編集]

大学・短期大学[編集]

公立学校[編集]

ハワイ州はアメリカ合衆国の州の中で唯一、州全体で統合された教育体系を持っている。意志決定は州教育委員会の14人の委員が行っている。委員会は政策を決定し、州のハワイ州教育省を監督する教育監督官を雇用する。教育省は7つの地区に分けられており、4つがオアフ島に、他の3郡に各1つが配されている。

教育の中央集権化を行う主な理由は人口の多いオアフ島と人口の少ない諸島との間の格差、さらに収入の格差による影響を無くすことである。アメリカ合衆国本土では公立学校が地方の資産税で運営されている。

教育者は英語を話さない移民の子弟と取り組む必要がある。それら子弟の文化は本土のものとは異なっている。

公立の小中学校および高校で行われる共通試験(落ち零れ防止法の下で行われている)の成績は全国平均より劣っている。この差は、州教育委員会が全ての資格在る生徒に試験を受けさせ、全ての結果を報告しているからである(例えばテキサス州やミシガン州の場合はそうはしていない)。2005年8月の報告では全州282の学校のうち、185校が数学とリーディングで連邦政府の最低標準に届かなかった[75]

一方2005年のACTカレッジ・クラス分けテストでは、上級生の成績が全国平均(20.9)より僅かに高い21.9となった[76]。広く行われているSAT試験では、ハワイ州のカレッジを指向する生徒が数学以外のあらゆる教科で全国平均より低い成績となる傾向がある。

その他の学校[編集]

州内には独立系のイオラニ学校、カメハメハ学校、中部太平洋学校、およびプナホウ・スクールがある。合衆国第2、州内第1の仏教系学校である太平洋仏教徒アカデミーが2003年に開校した。先住民が管理する最初の公立チャータースクールはカヌオカアイナ新世紀チャータースクールである。

独立系学校やチャータースクールはその生徒を選別できるが、通常の公立学校は学区内の生徒を全て受け入れなければならない。カメハメハ学校は合衆国内で唯一先祖によって生徒受入の判断基準を設けている学校であり、全米で最も豊かな学校である。資産額は90億ドル以上である。2005年の生徒数は5,398人であり、そのうち8.4%が先住民の子弟である[77]

芸術・文化[編集]

ハワイの土着文化はポリネシア系のものである。ハワイは太平洋中部と南部に拡がる広大なポリネシア三角の北端である。伝統的なハワイ文化はほんの名残程度しか残っていないが、全島で儀式や伝統行事の再演が行われている。ルアウ(ハワイ式宴会)やフラなど大きく変化した形態ではあるが、アメリカ合衆国に影響を与えたものもある。

ハワイの芸術や文化は、少なからず日本(和)の影響を受けている。(後述)。

文学[編集]

ハワイに於ける文学は、ジェームズ・ミッチェナーの『ハワイ』、ポール・セローの『ホテル・ホノルル』、イザベラ・バードの『ハワイ紀行』などのような、ハワイ諸島を舞台としたフィクション作品を指して呼称されていたが、近年はハワイ出身の作家による作品を指して呼称するように、その定義は変化しつつある[78]

バンブー・リッジ・プレス社が出版する季刊誌ボンバーリッジは、地元現代作家の作品を掲載した文学誌で、1998年アメリカ文学賞を受賞したNora Okja Keller1993年プッシュカート賞を受賞したルイス・アン・ヤマナカなど、注目を集める作家が多数輩出されている[78]

音楽[編集]

ハワイの音楽は伝統音楽やポップスなど豊かに発展してきた中、20世紀に創始された土着音楽として、ハワイアン・ポップスがある。この音楽はスティールギターや、西洋の機能和声など、本来のハワイの伝統音楽とは殆ど無関係であるが、[独自研究?]現在ではハワイを代表する芸能の一つとして広く愛好されている。また古代から継承された芸能としてフラがある。多神教だった古代のハワイ人が祭祀として、またハワイアンは文字を持たないため、歴史の口頭伝承の一環として行っていた歌と踊りである。古代の形式に近いフラ・カヒコ(古典フラ)と、ハワイアン等の現代のポップ音楽を大幅に取り入れたフラ・アウアナ(現代フラ)に分けられる。フラ・アウアナはウクレレなどの演奏にあわせて踊られるが、フラ・カヒコにおいては歌あるいは太鼓などの打楽器のみを用いる。毎年イースターの時期には、ハワイ島ヒロで、「フラのオリンピック」とも呼ばれる競技会・メリーモナークフェスティバルが行われる[79]

ハワイ独特の楽器として知られるウクレレは、19世紀ポルトガル移民が持ち込んだ楽器が原型と言われている。ウクレレの日(ukulele day in hawai'i)は2月13日。

州歌は『ハワイ・ポノイ』。他に『ハワイ・アロハ』も広く愛されており、1976年に行われたホクレア号の最初のタヒチ航海では、出航の儀式でこの歌が歌われた。

アロハシャツ[編集]

アロハシャツの由来については諸説あるが、日本人が持ち込んだ和服の布地を転用したのが由来という説が有力である。[要出典]なお、ハワイではアロハシャツは男性の正装とみなされ、州議会や公式の場でもアロハシャツ着用という姿をしばしば目にし、オフィス街であってもスーツ姿はさほど多くはない。ちなみに観光ガイドによれば、ハワイ内においてある程度格式あるレストランでも、アロハシャツ着用であれば正装として認められることが記されている(これは観光客がラフな服装でフォーマルな場所であるレストランで食事をすることを戒めた内容でもある)。[独自研究?]

食文化[編集]

食文化については、メキシコ人や東南アジア人、白人など地域外からの移民も極めて多い州らしく、各国からの移民が持ち込んだ多様な食文化が見られる。大皿に様々なオカズを並べて食べる「ミックスプレート(プレートランチ)」は、プランテーション農業時代に、各地の移民が持ち寄った食べ物をみなで分け合った名残である。

生魚の切り身を使った「ポキ」と呼ばれる料理がハワイ名物として知られる他、「パシフィック・リム・クイジーヌ」と呼ばれる、日本料理の技法やフランス料理の技法をもとに地元の食材を調理した料理も考案され、人気を集めている。近年では伝統的なポリネシアの食文化も健康の面から見直されており、「ポイ」と呼ばれるタロイモのペーストがあちこちで売られている。

特に人数の多かった日本人が持ち込んだ和食の影響は大きく、「Bento(弁当)」、「Shoyu(醤油)」、 「Teriyaki(照り焼き)」、 「Musubi(むすび)、(おにぎりの意)」など、日本語がそのまま現地語化したものも数多くある。ハワイに日本食が息づいていることは、第二次世界大戦の終戦直後に「ララ物資」を経由して、ハワイ産の醤油や味噌が日本へ贈られたことからも窺い知れる。

海洋文化[編集]

サーフィンはハワイが発祥の地とされており、古くはデューク・カハナモク、近年ではアンディ・アイアンズなどの名サーファーを輩出している。またハワイは1980年代以降、リモート・オセアニア海域各地で盛んになった航海カヌー文化復興運動でも主導的な役割を果たした。特に1975年に建造された航海カヌーホクレア」と、航法器具を一切使用しない推測航法技術を復活させたナイノア・トンプソンの活躍は広く知られている。

ロミロミ[編集]

ロミロミは、古代ハワイアンの医療として発達し、現代のリラクゼーションとしてアンティ・マーガレットがはじめて世に紹介した。

劇場[編集]

  • ハワイ・シアター

ハワイでは環太平洋の映画界では有名になったハワイ国際映画祭が開かれている。ホノルルでは昔からLGBTの映画祭であるレインボウ映画祭も開かれている[80]

美術館・博物館[編集]

オーケストラなど[編集]

  • ホノルルシンフォニー

スポーツチーム[編集]

立地的に、北米4大プロスポーツリーグ (NFLNBAMLBNHL) のチームが存在した事は一度もない。 但し1980年から2009年まで毎年2月、NFLが、オールスターゲームに相当するプロボウルを、スーパーボウルの翌週にアロハ・スタジアムで行っていた。

なおメジャースポーツではないが、NFLのオフシーズンに行われるアリーナフットボールのプロチーム、ハワイ・アイランダーズがある。

大学スポーツ界では、州内ではハワイ大学が最有力であり、全米ランク2位になった事のあるバレーボールチームや、全米ベスト25に入ったことのあるアメリカン・フットボールチームが有名である。

また以前、オアフ島北東部にあるブリガムヤング大学ハワイ校には、2004年日本人として初めてNBAでプレーした田臥勇太が在籍していた。

日本との関わり[編集]

日系人が多いこと、アメリカ合衆国以外からの観光客数国別2位であること、またかつては大相撲の力士(高見山大五郎小錦八十吉曙太郎武蔵丸光洋)を輩出したことなどもあり、経済的、文化的にも日本とのつながりは強い。

ハワイ州が全米50番目の州となった1959年昭和34年)に開業したショッピングセンター、アラモアナセンターには開業当初から東急グループ傘下のデパート・白木屋が出店、ハワイ州議会は東急と白木屋による投資を賞賛する決議を行った[81]

1970年代後半以降には日本人の海外旅行の定番となったハワイ旅行であるが、当初は高嶺の花であり1964年昭和39年)4月1日の海外旅行自由化の1週間後に出発した7泊9日の戦後初ツアーの費用は364,000円(大卒の初任給約2万円のころ)であった[82]。しかし同年には日本交通公社(現在のJTB)がハワイに支店を開設、翌1965年昭和40年)には日本初のパッケージツアージャルパック」が登場するなど、現在に通じる日本人のハワイ観光の基礎は準備された[83]

また、小佐野賢治率いる国際興業は早くからハワイの観光資源に注目、日本人による海外旅行が自由化される前年の1963年昭和38年)の時点でロイヤル・ハワイアンモアナ・サーフライダーシェラトン・プリンセス・カイウラニといったワイキキの名門ホテルを買収している。それでも当時の日本人にとってのハワイは憧れの地であり、1960年代のテレビ番組『アップダウンクイズ』(毎日放送)では賞品として「夢のハワイ旅行」が謳われていたほか、1961年昭和36年)に寿屋(現在のサントリー)がはじめたCMも『トリスを飲んでハワイへ行こう!』というものであった[83]

小売業では1972年昭和47年)、横浜岡田屋がワイキキに店舗を開設したほか、1974年昭和49年)にはシェラトン・ワイキキも国際興業によって買収された[83]1982年昭和57年)にはダイエーアラモアナセンターとそれに隣接する不動産を取得し、バブル期におけるハワイ投資ブームの先鞭をつけた[81]1986年昭和61年)には麻布建物ハイアットリージェンシー・ワイキキを買収、バブル期にはワイキキのホテルの90%以上、ハワイの民間ゴルフ場の大部分が日系企業の所有となるに及んだ[83]。一方で日系企業による買い漁りは住宅や宅地にまで及んで不動産価格が高騰、また日系ウエディング産業の進出に伴って本物の教会までもが買収の対象になるに至っては現地住民の顰蹙を買った[83]

ハワイ州を訪れる日本人観光客も増加を続け、1988年昭和63年)12月のアメリカ合衆国の観光ビザ免除以降増加に拍車がかかり、円高もあって1997年平成9年)には年間約222万人とピークを迎えた。

その後、日本人観光客は減り、2001年平成13年)のアメリカ同時多発テロ事件2003年平成15年)のSARS流行などの影響でさらに減少、近年の原油高による燃油サーチャージ導入も追い打ちをかけ、2008年平成20年)1年間の日本人観光客数はピーク時のおよそ半分の年間116万人強程度となり、観光ビザ免除制度が導入されて以来最少となった。

しかし現在も、日本とハワイには1日に11便から12便が運行されており、依然として多くの日本人観光客が訪れている。

KZOO」という在留者・旅行者向けに日本語で放送を行うラジオ局、新聞「ハワイ報知」(静岡放送の子会社、読売系のスポーツ報知とは無関係)も存在する。テレビ放送は「KIKU-TV」で日本の番組が一部放送されるほか、地元のケーブルテレビを通じて「NGN(Nippon Gorlden Network)」を受信することで、テレビジャパンをはじめとする日本の放送が視聴できる。かつては、「KOHO」や「KJPN」という日本語ラジオ局も存在していたが、前者は20世紀末、後者は2007年までに放送を終えている。

日本人バンドTUBEは、2000年6月1日にデビュー15周年を迎えた際、アロハスタジアムでアジア人として初めてライブを行った。ハワイ州はそのライブの成功を記念し、彼らが多くのCDジャケット等の撮影地にもロケ地としても使用されているためもあって、6月1日をTUBE DAYと定めた。

日本の特撮番組である『人造人間キカイダー』、『キカイダー01』は1973年にハワイで初放送されて以来、現在も大変な人気を持つ。2002年4月12日にはハワイ州知事によって4月12日が「ジェネレーション・キカイダーDAY」に制定され、2007年5月19日にはマウイ島市長によって5月19日が「キカイダー・ブラザーズDAY」に制定されるなど大きな話題となった。

毎年4月または5月に、〔カワイイ☆コン〕というアニメコンベンションがハワイ・コンベンション・センターにて開催されている。

かつては日本プロ野球チームのキャンプ地になる事も多かったが、現在州内でキャンプを行うチームはない。これに代わり、2005年平成17年)には、JリーグJ2ザスパ草津横浜FCがキャンプを行ったほか、2008年にはパンパシフィックチャンピオンシップ2008アロハ・スタジアムで開催された関係でガンバ大阪がキャンプを行った。

日本の姉妹都市[編集]

ハワイと日本の姉妹都市
日本 州内
福岡県 ハワイ州 1981年昭和56年)
沖縄県 ハワイ州 1985年昭和60年)
鳥取県湯梨浜町(旧:羽合町 ハワイ郡 1996年平成8年)
広島県 ハワイ州 1997年平成9年)
愛媛県 ハワイ州 2003年平成15年)
沖縄県名護市 ハワイ州ヒロ市 1986年昭和61年)
愛媛県宇和島市 ホノルル市 2004年平成16年)
沖縄県那覇市 ホノルル市
広島県広島市 ホノルル市 1959年昭和34年)
東京都八丈町 マウイ島
東京都大島町 ヒロ(ハワイ島)
兵庫県洲本市 ハワイ郡 2000年平成12年)
山口県大島郡周防大島町 カウアイ島(姉妹島) 1963年昭和38年)
滋賀県守山市 カウアイ島 1975年昭和50年)

その他[編集]

ハワイの象徴など[編集]

  • ハワイの鳥 - ネネ
  • ハワイの木 - ククイ
  • ハワイの魚 - フムフム・ヌクヌク・アプアア(過去公認され、一旦非公認となっていたが、2006年再度州の魚として公認された)
  • ハワイのモットー - 「大地の生命は正義によって保持される」(ハワイ語:Ua mau ke ea o ka aina I ka pono)(英語:The life of the land is perpetuated in righteousness)

ハワイ出身の有名人[編集]

フォトギャラリー[編集]

脚注[編集]

  1. ^ [həˈwɐiʔi, həˈvɐiʔi]
  2. ^ Pollex—a reconstruction of the Proto-Polynesian lexicon, Biggs and Clark, 1994. The asterisk preceding the word signifies that it is a reconstructed word form.
  3. ^ Pukui and Elbert 1986, p. 62.
  4. ^ Pukui, Elbert, and Mookini 1974.
  5. ^ The Evolution of the Polynesian Chiefdoms. Cambridge University Press. (1989). pp. 77–79. ISBN 0521273161. 
  6. ^ The Evolution of the Polynesian Chiefdoms. Cambridge University Press. (1989). pp. 77–79. ISBN 0521273161. 
  7. ^ 山中速人 『ハワイ』 〈岩波新書〉、1993年
  8. ^ 山中速人 『ハワイ』 岩波新書
  9. ^ 山中速人 『ハワイ』 岩波新書
  10. ^ 山中速人 『ハワイ』 〈岩波新書〉、1993年
  11. ^ 山中速人 『ハワイ』 岩波新書
  12. ^ 山中速人 『ハワイ』 岩波書店〈岩波新書〉、1993年,127頁
  13. ^ 山中速人 『ハワイ』 岩波書店〈岩波新書〉、1993年,127頁
  14. ^ 山中速人 『ハワイ』 岩波書店〈岩波新書〉、1993年
  15. ^ 山中速人 『ハワイ』 岩波書店〈岩波新書〉、1993年
  16. ^ ドウス昌代『日本の陰謀 ハワイ・オアフ島大ストライキの光と影』 文藝春秋 1991 のち文庫
  17. ^ 山中速人 『ハワイ』 岩波書店〈岩波新書〉、1993年
  18. ^ 白水繁の研究による。山中速人 『ハワイ』 岩波書店〈岩波新書〉、1993年,149頁
  19. ^ Hawaii State Government.
  20. ^ Rubin, Ken, General Information about Hawaiian Shield Volcanoes, http://www.soest.hawaii.edu/GG/HCV/haw_volc.html 2009年12月閲覧。 
  21. ^ U.S. Geological Survey Geographic Names Information System:Island of Hawaiʻi
  22. ^ U.S. Geological Survey Geographic Names Information System:Island of Kauaʻi
  23. ^ U.S. Geological Survey Geographic Names Information System:Island of Kahoʻolawe
  24. ^ U.S. Geological Survey Geographic Names Information System:Island of Lānaʻi
  25. ^ U.S. Geological Survey Geographic Names Information System:Island of Maui
  26. ^ U.S. Geological Survey Geographic Names Information System:Island of Molokaʻi
  27. ^ U.S. Geological Survey Geographic Names Information System:Island of Niʻihau
  28. ^ U.S. Geological Survey Geographic Names Information System:Island of Oʻahu
  29. ^ Hawaiian Islands :Image of the Day, Earthobservatory.nasa.gov, http://earthobservatory.nasa.gov/IOTD/view.php?id=3510 2010年11月5日閲覧。 
  30. ^ Mauna Kea Volcano, Hawaii.
  31. ^ Unke, Beata (2001), “Height of the Tallest Mountain on Earth”, The Physics Factbook, http://hypertextbook.com/facts/2001/BeataUnke.shtml 
  32. ^ プレートテクトニクスに伴う太平洋プレートの移動によるものとされる。
  33. ^ Youngest lava flows on East Maui probably older than A.D. 1790, United States Geological Survey, (September 9, 1999), http://hvo.wr.usgs.gov/volcanowatch/1999/99_09_09.html 1999年10月4日閲覧。 
  34. ^ Living on Active Volcanoes—The Island of Hawaii, U.S. Geological Survey Fact Sheet 074-97.
  35. ^ Human Footprints in Relation to the 1790 Eruption of Kīlauea, Swanson, D. A.;Rausch, J., American Geophysical Union.
  36. ^ Largest islands of the world, Worldatlas.com, http://www.worldatlas.com/aatlas/infopage/islands.htm 2011年4月16日閲覧。 
  37. ^ Pacific Tsunami Warning Center (November 12, 2009), Tsunami Safety & Preparedness in Hawai`i, http://www.prh.noaa.gov/ptwc/hawaii.php 2009年11月12日閲覧。 
  38. ^ Howard Youth, Hawaii's Forest Birds Sing the Blues, http://nationalzoo.si.edu/Publications/ZooGoer/1995/1/hawaiisforestbirds.cfm 2008年10月31日閲覧。 
  39. ^ Hawaii, National Park Service, http://www.nps.gov/state/HI 2008年7月15日閲覧。 
  40. ^ Climate of Hawaii.
  41. ^ Hawaii Weather|Hawaii Weather Forecast|Hawaii Climate.
  42. ^ Hawaiian Railway Album – WW II Photographs Vol 2;Victor Norton Jr. and Gale E. Treiber;2005;Railroad Press – Hanover, PA
  43. ^ Hawaiian Railway Album – WW II Photographs Vol 2;Victor Norton Jr. and Gale E. Treiber;2005;Railroad Press – Hanover, PA
  44. ^ Cataluna, Lee (2005年12月23日). “Nothing Smooth On Seaflite”. The Honolulu Advertiser. http://the.honoluluadvertiser.com/article/2005/Dec/23/ln/FP512230359.html 
  45. ^ Resident Population Data – 2010 Census, 2010.census.gov, http://2010.census.gov/2010census/data/apportionment-pop-text.php 2011年4月16日閲覧。 
  46. ^ Population and Population Centers by State – 2000, United States Census Bureau, http://www.census.gov/geo/www/cenpop/statecenters.txt 2008年12月4日閲覧。 
  47. ^ New Jersey Quickfacts.
  48. ^ Hawaii Quickfacts.
  49. ^ Average life expectancy at birth by state.
  50. ^ 人種差別はありますか?ハワイに留学しよう!~ハワイ留学の魅力と体験談~
  51. ^ アメリカB級ニュース(No.3)kama/ainaかまあいな
  52. ^ American FactFinder, United States Census Bureau, Hawaii – Selected Social Characteristics in the United States:2008, Factfinder.census.gov, http://factfinder.census.gov/servlet/ADPTable?_bm=y&-geo_id=04000US15&-qr_name=ACS_2008_1YR_G00_DP2&-context=adp&-ds_name=&-tree_id=308&-_lang=en&-redoLog=true&-format= 2010年5月15日閲覧。 
  53. ^ ハワイアン(カナカ・マオリ)は、18世紀末、ジェームズ・クックによってハワイが発見される以前からハワイ諸島に先住していたポリネシア系先住民を祖先に持つ人々を総称する。クック来島時は約30万人と推定されているが、19世紀には4万人に激減した。20世紀に入ると混血が進み、増加した。(大林純子・山中速人「<ハワイ> 12 カナカ・マオリ/ハワイアン」/ 綾部恒雄監修 前川啓治・訓棚橋編集『講座 世界の先住民族 -ファースト・ピープルズの現在- 09 オセアニア』 明石書店 2005年 217ページ)
  54. ^ 大林純子・山中速人「<ハワイ> 12 カナカ・マオリ/ハワイアン」/ 綾部恒雄監修 前川啓治・訓棚橋編集『講座 世界の先住民族 -ファースト・ピープルズの現在- 09 オセアニア』 明石書店 2005年 218ページ
  55. ^ 大林純子・山中速人「<ハワイ> 12 カナカ・マオリ/ハワイアン」/ 綾部恒雄監修 前川啓治・訓棚橋編集『講座 世界の先住民族 -ファースト・ピープルズの現在- 09 オセアニア』 明石書店 2005年 219ページ
  56. ^ 大林純子・山中速人「<ハワイ> 12 カナカ・マオリ/ハワイアン」/ 綾部恒雄監修 前川啓治・訓棚橋編集『講座 世界の先住民族 -ファースト・ピープルズの現在- 09 オセアニア』 明石書店 2005年 218ページ
  57. ^ ハワイ人の主権回復運動 井上昭洋Glocal Tenri,Vol.11 No.1 January 2010.
  58. ^ ハワイ人の主権回復運動 井上昭洋Glocal Tenri,Vol.11 No.1 January 2010.
  59. ^ ハワイ人の主権回復運動 井上昭洋Glocal Tenri,Vol.11 No.1 January 2010.
  60. ^ a b American FactFinder, United States Census Bureau. “Hawaii – ACS Demographic and Housing Estimates:2008”. Factfinder.census.gov. 2010年5月15日閲覧。
  61. ^ “State Membership Reports”, thearda.com, http://www.thearda.com/mapsReports/reports/state/15_2000.asp 2010年6月15日閲覧。 
  62. ^ State of Hawaii Data Book 2000, Section 1 Population, Table 1.47.
  63. ^ Honolulu Advertiser.
  64. ^ Rudin, Ken (December 23, 2009), NPR's ''Political Junkie'', 23 December 2009, accessed 30 December 2009, Npr.org, http://www.npr.org/blogs/politicaljunkie/2009/12/todays_junkie_segment_on_totn_5.html 2010年5月15日閲覧。 
  65. ^ Heard on Tell Me More (October 29, 2008), Asian Writer Ponders First Asian President Too, Npr.org, http://www.npr.org/templates/transcript/transcript.php?storyId=96126355 2010年5月15日閲覧。 
  66. ^ Gross Domestic Product by State
  67. ^ Hawaii sandalwood trade.
  68. ^ Whaling in Hawaii.
  69. ^ Associated Press, "Study:Military spent $12B in Hawaii in 2009", Military Times, June 1, 2011.
  70. ^ Honolulu Star-Bulletin Hawaii News.
  71. ^ Cost of Living Wizard on The New York Times website
  72. ^ FreeShipping.org for examples of stores that ship free to Hawaii
  73. ^ Historic Housing Values on www.census.gov
  74. ^ Metropolitan Median Prices from the National Association of Realtors(r).
  75. ^ POSTED:5:58 pm HST August 18, 2005 (August 18, 2005), Two-Thirds Of Hawaii Schools Do Not Meet Requirements – Education News Story – KITV Honolulu, Thehawaiichannel.com, http://www.thehawaiichannel.com/education/4870699/detail.html 2010年5月15日閲覧。 
  76. ^ Honolulu Advertiser, August 17, 2005, p. B1
  77. ^ Ishibasha, Koren (November 2005), Official Enrollment, オリジナルのFebruary 25, 2010時点によるアーカイブ。, http://www.webcitation.org/5noCEgxNn 2009年12月閲覧。 
  78. ^ a b 『ハワイ』(ロンリープラネット、ISBN 4-8401-1421-8、2005年、p.42)
  79. ^ Merrie Monarch Festival 2005 |The Honolulu Advertiser |Hawaii's Newspaper, The Honolulu Advertiser, http://the.honoluluadvertiser.com/current/il/merriemonarch05 2010年5月15日閲覧。 
  80. ^ Honolulu Star-Bulletin Features, Archives.starbulletin.com, (May 29, 2001), http://archives.starbulletin.com/2001/05/29/features/index.html 2010年5月15日閲覧。 
  81. ^ a b アラモアナ・センター 『リゾートR01 ワイキキ&オアフ島』 ダイヤモンド・ビッグ社 2010年12月発行改訂第11版 p50
  82. ^ 『読売新聞』2010年8月27日夕刊、3面
  83. ^ a b c d e 『リゾートR01 ワイキキ&オアフ島』 ダイヤモンド・ビッグ社 2010年12月発行改訂第11版 p36

参考文献[編集]

  • The Constitution of the State of Hawaii. Article XV.
  • Bushnell, O. A. 1993. The Gifts of Civilization:Germs and Genocide in Hawaii. ISBN 0824814576. Honolulu:University of Hawaii Press
  • Kinzer, Stephen 2007, Overthrow:America's Century of Regime Change from Hawaii to Iraq. ISBN 0805082409. Times Books
  • Lyovin, Anatole V. (1997). An Introduction to the Languages of the World. New York: Oxford University Press, Inc. ISBN 0-19-508116-1. 
  • Pukui, Mary Kawena; Samuel H. Elbert (1986). Hawaiian Dictionary. Honolulu: University of Hawaii Press. ISBN 0-8248-0703-0. 
  • Schamel, Wynell and Charles E. Schamel. "The 1897 Petition Against the Annexation of Hawaii." Social Education 63, 7 (November/December 1999):402–408.
  • Stokes, John F.G. 1932. "Spaniard and the Sweet Potato in Hawaii and Hawaiian-American Contacts." American Anthropologist, New Series, v, 34, n, 4, pp. 594–600.
  • 近藤純夫「歩きたくなるHawaii」、亜紀書房、2012、ISBN978-4-7505-1201-3

関連項目[編集]

外部リンク[編集]