ポーランド立憲王国

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ポーランド王国
Królestwo Polskie
Царство Польское
ワルシャワ公国 1815年 - 1867年 ロシア帝国
ポーランド王国の国旗 ポーランド王国の国章
(国旗) (国章)
ポーランド王国の位置
中央部の薄緑色の部分
公用語 ポーランド語ロシア語
首都 ワルシャワ
ポーランド国王
1815年 - 1825年 アレクサンドル1世
1825年 - 1832年 ニコライ1世
面積
128,500km²
人口
3,300,000人
変遷
ウィーン会議(成立) 1815年6月9日
十一月蜂起 1830年11月29日
一月蜂起 1863年1月22日
ポーランドの歴史
Warsaw-Castle-Square-2.jpg
先史時代
ピャスト朝  
プシェミスル朝
 
ヤギェウォ朝
ポーランド・リトアニア共和国(第1共和制)
ポーランド分割
ワルシャワ公国
ポーランド立憲王国 クラクフ共和国 ポズナン大公国
ポーランド摂政王国
ポーランド共和国(第2共和制)
ソ連による占領 亡命政府
ナチス・ドイツによる占領
ポーランド共和国
ポーランド人民共和国
ポーランド民主化運動
ポーランド共和国(第3共和制)
年表
[編集]

ポーランド立憲王国(ポーランドりっけんおうこく)は、ポーランドを支配していた国家の1つ。1815年ナポレオン・ボナパルトワルシャワ公国に代わって設置された。

正式にはポーランド王国という国名であったが、以前に存在していたポーランド王国と紛らわしいため「立憲王国」と呼ばれることが多い。また、帝政ロシアの衛星国として語られることが多い。

ウィーン体制樹立[編集]

ナポレオン没落後(1814年 - 1815年)、西欧諸国は欧州秩序再構成のためウィーン会議を開催した。オーストリア帝国外相クレメンス・メッテルニヒが主催したこの会議では、以下のことが定められた。これをウィーン体制と呼ぶ。

ウィーン体制の動揺とロシアの専制政治[編集]

ポーランド立憲王国は名目上ロシア帝国との同君連合という形態をとったが、実質的には完全なロシアの従属国であった。ロシア皇帝は専制政治を行い、ポーランドの民族運動を徹底的に弾圧した。

1825年12月になると、ロシア皇帝アレクサンドル1世が死去し、弟のニコライ1世が即位した。アレクサンドルの在位中からニコライは反動的な思想で知られていたので、サンクトペテルブルクデカブリストの乱が起きた。これによりニコライはかえって反動的になり、ポーランドも含めて厳しい専制政治を敷くようになった。1832年に立憲王国の政体は廃止されロシアの直轄統治とされた。

こうした動きに反対し、ポーランド人1830年十一月蜂起1848年にも民族蜂起を起こしたが、いずれも鎮圧された。この時に1万人に渡るポーランド人が亡命し、国外からのロシアからの解放運動を繰り広げていった。

クリミア戦争後[編集]

クリミア戦争の最中にニコライ1世は病死し、長男アレクサンドル2世がロシア皇帝に即位した。戦争自体は引き分けの形に持ち込むことができたものの、ロシアの後進性を悟ったアレクサンドルは、ロシアの近代化改革に着手することになった。

アレクサンドル2世は農奴解放令など、ロシアにとって画期的な政策を打ち出したが、実際にはロシアの農民は非常に貧しかったので、ミールと呼ばれる農村共同体に従属して耕作せざるを得ない者がほとんどであった。

また、エカチェリーナ2世の改革にもみられるように、「上からの」改革は被支配階層のさらなる示威行動を引き起こし、結果として反動専制政治に逆行する危険性を持ち合わせている。この場合も、アレクサンドルの自由化改革に乗じて、1863年1月ポーランド貴族(シュラフタ)は民族蜂起を起こした(一月蜂起)。だが運動は鎮圧され、かえって専制政治が強化された。このような状況下でスウェーデン=ノルウェーカール15世はポーランドの情勢に心を痛め、また隣接する大国ロシアを牽制する意図もあり、フランスなどにロシアに対する十字軍を立案したが、この計画は自国政府によって破棄された。また、欧州諸国もポーランド人の救済に手をかざすことはなかった。

ロシア支配の終焉[編集]

1832年よりロシアに実質的に支配されたポーランドは、1917年3月15日ニコライ2世が退位したことにより、国家元首であるポーランド王の座は空白となった(ただし現在ではそれ以前のポーランド分割そのものが当時のポーランド王国憲法である5月3日憲法に違反した不法行為であるという認識が定着しており、ポーランド立憲王国の王位は現在では正式なポーランド王とは認められていない)。その後、第一次世界大戦中ドイツで収容されていたユゼフ・ピウスツキが帰国し、1918年11月ポーランド共和国が成立する。

ポーランド立憲王国の国王[編集]

君主はいずれも、ロマノフ朝のロシア皇帝が兼任した。年号は在位年を示す。

  1. アレクサンドル1世1815年 - 1825年
  2. ニコライ1世(1825年 - 1832年

関連項目[編集]