ヴワディスワフ・ゴムウカ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ゴムウカ

ヴワディスワフ・ゴムウカゴムルカ、Władysław Gomułka 1905年2月6日-1982年9月1日)は、ポーランド政治家1956年から1970年までポーランド統一労働者党第一書記

経歴[編集]

クロスノ近郊出身。初等学校卒業後、機械工として働く。1921年、社会主義運動に加わり、1926年、共産党に入党した。共産主義労働者グループと労働組合の組織者だった。1932年に逮捕され、禁固4年を言い渡されたが、病気のため1934年に釈放された。1934年~1935年、モスクワ国際レーニン学校で学ぶ。

第二次世界大戦勃発後、ナチス・ドイツが本国に侵略し、占領政策を行い始めるとゴムウカはドイツに対する非合法的なレジスタンス運動(パルチザン)に従事、または指導した。そして、独ソ戦が始まり、ドイツの勝利が遠のき始めた1943年11月にポーランド労働党の書記長となり、ソ連軍によってポーランドがドイツから解放された後も重要な役職についた。1944年12月から副首相兼回復領土問題相。

1945年12月からポーランド労働党の政治局員、書記長。ソ連当局の支援の下、ポーランドに共産体制を樹立し、政敵を大量に逮捕したことから、「小スターリン」と称された。

しかし、1948年に右翼民族的な思想であると批判されてから影響力が低下し、同年9月3日、書記長から解任という処分を受けた。12月に自己批判を行ったが、政治局員には選出されなかった。1949年1月、全ての国家ポストを失い、ポーランド統一労働者党から除名された。更に1951年7月には逮捕・投獄された。

だが、スターリンの死とソ連の政策変更を経て1954年12月に釈放。1956年6月にポズナン暴動が起こると、8月5日に党への復帰が認められ、10月21日には党の指導者的地位に当たる第一書記に選出される。ワルシャワ条約機構の影響下の中、これの保持に尽力する一方、自主的な路線に政策を推し進めることを約束した。

結果的に第二次世界大戦後、東欧を支配していたスターリン主義的な風潮を、農業集団化の廃止、ローマ・カトリック教会の迫害の停止、検閲の緩和などの改革を行う事によって解消することに貢献した。当初それを民衆は歓迎した。しかし、やがて政策が行き詰まり、カトリック教会との軋轢が日増しに増大し、日を追う事に活発化、過激化する民衆による自由化を求める運動を危険なものと判断して弾圧するようになっていく。1970年に歯止めの利かなくなっていく労働運動が広まっていく中でその権力を失った。同年12月18日、第一書記辞任。

1972年まで議会(セイム)代議員だった。1982年9月1日死去。77歳没。