ソビエト占領下のポーランドにおける反ユダヤ運動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
緑線より右側が新たにソ連の領土とされたポーランド領。黄色部分はドイツから分割され新たにポーランド領とされた。戦勝国によって、ポーランド・ドイツの旧領土からポーランド人ドイツ人ユダヤ人など合わせて1200万人以上が追放された[1][2]
キェルツェ計画の犠牲者を追悼する慰霊碑

ソビエト占領下のポーランドにおける反ユダヤ運動とはソビエト軍の侵攻によってドイツ軍ポーランドから撤退した後、1944年から1947年にかけて行われたポーランド人による反ユダヤ運動のこと。

概要[編集]

1944年にソビエト軍がドイツ軍をポーランドから駆逐すると、ソビエトはポーランドにイギリスアメリカが承認しているポーランド亡命政府とは別に共産主義傀儡政権を樹立した。ソビエト軍と傀儡政権の統治下のポーランドにはソビエト(ポーランド東部はソビエト領となった)などから追放されたポーランド人とともに240,000人のユダヤ人が流入した[1]。流入したユダヤ人のうち136,000人はソビエトからであった[1]。このため、大量に流入したユダヤ人とポーランド人の間に軋轢が生じ、1945年から1947年にかけてポーランド人によって数百人から1500人のユダヤ人が殺害された[3]1946年7月4日に行われたキェルツェ計画en)と呼ばれるユダヤ人殺害事件以降はユダヤ人の数は劇的に減少し、1947年の夏までに90,000人となった[4]

背景には、ポーランド人の間にあった反ユダヤ主義[3]ローマ・カトリック教会からユダヤ人は共産政権の支持者であるのでポーランドにとって脅威であるとの非難がなされていたことなどがあった[5]

脚注[編集]

  1. ^ a b c pp248-249 Zimmerm
  2. ^ Steffen Prauser and Arfon Rees (2004). The Expulsion of the 'German' Communities from Eastern Europe at the End of the Second World War. European University Institute. pp. 4. http://cadmus.eui.eu/bitstream/handle/1814/2599/HEC04-01.pdf;jsessionid=CB7A4416A14939AAFB89C5A53CFDC676?sequence=1. 
  3. ^ a b p248 Zimmerman
  4. ^ p249 Zimmerman
  5. ^ Dariusz Libionka, Antisemitism, Anti-Judaism, and the Polish Catholic Clergy during the Second World War, 1939-1945. In: Robert Blobaum, ed. Antisemitism and Its Opponents in Modern Poland. Cornell University Press, 2005.

参考文献[編集]

関連項目[編集]