レオポルト6世 (オーストリア公)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

レオポルト6世(Leopold VI., 1176年 - 1230年7月28日)は、バーベンベルク家の第4代オーストリア公(在位:1198年 - 1230年)。第2代オーストリア公レオポルト5世ハンガリーゲーザ2世の娘イロナの次男で、第3代オーストリア公フリードリヒ1世の弟。

1194年に父が事故死した後は長兄のフリードリヒ1世がオーストリア公位を継ぎ、自らはシュタイアーマルク伯となった。しかし兄が1198年に嗣子無く陣没したため、オーストリア公位を継いだ。

即位後は、自らの権力強化を狙って支配下における貴族・領主層を圧迫し、様々な理由をつけては荘園を没収した。その一方で父が教皇破門されて以来の教会との関係修復を図って、自ら第5回十字軍に参加したり異教徒を積極的に弾圧したりした。1215年神聖ローマ帝国ヴェルフ家オットー4世ホーエンシュタウフェン家フリードリヒ2世による継承争いが起こると、フリードリヒ2世に協力してその勝利に貢献した。これによりホーエンシュタウフェン家と親密となり、フリードリヒ2世の長男ハインリヒ7世に娘を嫁がせて神聖ローマ帝国と友好関係を保つ一方、その文化の導入や交易などで様々な利益を上げた。また、ウィーンの整備・拡張にも積極的で、現在におけるウィーンの基礎はこの時代に築かれている。このように内政・外交で多くの成果を挙げて、バーベンベルク家の全盛期が築かれた。

1230年に急病で死去した。55歳没。長男と次男は早世のため、三男のフリードリヒ2世が後を継いだ。

子女[編集]

1203年東ローマ帝国皇女テオドラ・アンゲリナと結婚。

参考文献[編集]

先代:
フリードリヒ1世
オーストリア公
1198年 - 1230年
次代:
フリードリヒ2世