ハインリヒ7世 (ドイツ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ドイツ王・ハインリヒ7世

ハインリヒ7世Heinrich VII., 1211年 - 1242年2月10日)は、ホーエンシュタウフェン朝神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世の嫡男。母はアラゴン王女コンスタンサ(コンスタンツァ)。異母弟にコンラート4世、サルデーニャ王エンツォアンティオキア公フリードリヒ3世、マンフレーディらがいる。

皇太子としてドイツ王(在位:1216年 - 1235年)となったが、ドイツ諸侯の権利独占を黙認した父・フリードリヒ2世の政策に不満を持ち、それを目につけたグレゴリウス9世ロンバルディア都市同盟を結んで反乱を起こすように煽動され、1234年に父帝がイタリア遠征中についに反乱を起こした。しかし、ハインリヒ7世は孤立してしまい、父の軍勢によって捕虜されて廃嫡された。さらにハインリヒ7世は父によって目を潰されて、南イタリアプーリャの居城に幽閉された。後に別の居城へ護送途中にハインリヒ7世は山中の断崖絶壁の谷間に投身自殺をした。

1225年バーベンベルク家オーストリア公レオポルト6世の娘マルガレーテと結婚、ハインリヒ8世とフリードリヒ4世を儲けたがいずれも若くして早世した。ハインリヒ7世の死後、マルガレーテはオタカル2世と再婚した。

家族[編集]

  • マルガレーテ
    • ハインリヒ8世(? - 1254年?)
    • フリードリヒ4世(? - 1251年?)
先代:
フリードリヒ2世
ドイツ王(ローマ王)
1220年 - 1235年
次代:
コンラート4世
先代:
フリードリヒ2世
シュヴァーベン公
1216年 - 1235年
次代:
コンラート3世