カールマン (東フランク王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

カールマン2世ドイツ語Karlmann II, 830年頃 - 880年11月29日?)は、東フランク王国カロリング朝)の国王バイエルン王、在位:876年 - 880年)。のち、兼イタリア王(在位:879年 - 879年)。ルートヴィヒ2世(ドイツ人王)とその王后でシュッセンガウ伯ヴェルフの娘エンマ(古ヴェルフ家)の息子。

876年、ルートヴィヒ2世の死去を受け、カールマンは弟のルートヴィヒ3世カール3世とともに父の遺領を分割し、バイエルンを継承した。さらに、西フランクシャルル2世の死去を受け、東フランクの君主として初めて「イタリア王」の称号も獲得した。

879年、カールマンは病を得て身体が不自由になり、カール3世にイタリア王位を、ルートヴィヒ3世にバイエルンの王位を譲った。

子女[編集]

861年以前に、ノルトガウの伯エルンストの娘(名前不詳)と結婚したが、子供はいなかった。

リウスヴィントとの間に、庶子で後に東フランク王となるアルヌルフがいる。


先代:
シャルル2世(禿頭王)
イタリア王
879年 - 879年
次代:
カール3世(肥満王)