コンスタンサ・デ・アラゴン・イ・カスティーリャ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
KonstancieAragonska Uhry.jpg

コンスタンサ・デ・アラゴン・イ・カスティーリャ(Constanza de Aragón y Castilla, 1179年 - 1222年6月23日)は、アラゴンアルフォンソ2世と王妃サンチャ(カスティーリャアルフォンソ7世の娘)の長女。ハンガリー語コンスタンツィア(Aragóniai Constancia)、ドイツ語コンスタンツェ・フォン・アラゴン(Konstanze von Aragon)、イタリア語コスタンツァ・ダラゴナ(Costanza d'Aragona)。

1198年にハンガリーイムレ1世と結婚した。2人の間には1男ラースロー3世が生まれた。イムレは1204年に死去し、ラースローが幼くして王位を継承したが、翌1205年にイムレの弟アンドラーシュ2世によって廃位された。コンスタンサとラースローはオーストリア公レオポルト6世の許へ逃れたが、間もなくラースローは死去し、コンスタンサはアラゴンへ帰国した。

のち、1209年にシチリア王フェデリーコ1世と再婚し、その最初の妃となった。フェデリーコは1215年に神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世となった。フェデリーコとの間には1男ハインリヒが生まれた。ハインリヒはコンスタンサの生前にドイツ王位に就けられていたが、コンスタンサの死後の1235年に反乱を起こして廃嫡され、1242年に死去した。

コンスタンサが2人の夫それぞれとの間にもうけた息子たちは、いずれも嫡男として生まれて父王の後継者とされながら、終わりを全うすることができなかったことになる。