フィリップ (神聖ローマ皇帝)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Philipp von Schwaben 1200.jpg

フィリップ・フォン・シュヴァーベン(Philipp von Schwaben, 1178年 - 1208年6月21日)は、ホーエンシュタウフェン朝神聖ローマ皇帝(正確にはドイツ王、在位:1198年 - 1208年)。神聖ローマ皇帝フリードリヒ1世と2番目の妃ベアトリクスの末子。

当初は聖職にあり、ヴュルツブルク司教となっていたが、1191年還俗して、兄のハインリヒ6世シチリア遠征に従った。1196年シュヴァーベン公になり、1197年東ローマ皇帝イサキオス2世アンゲロスの娘でシチリア王ルッジェーロ3世妃だったイレーネー・アンゲリナと結婚した。

1197年に兄が死去すると、幼少の甥フリードリヒ2世の後見者となったが、ヴェルフ家オットー4世が帝位を主張し、ローマ教皇もこれを支持したため、幼いフリードリヒ2世では対抗できないと見たホーエンシュタウフェン家派の諸侯は、1198年にフィリップをドイツ王に推戴した。

その後、ローマ教皇インノケンティウス3世が推すオットー4世とフランスフィリップ2世の支持を受けたフィリップの抗争は続いたが、1204年頃から形勢はフィリップに有利となり、1207年にはほぼフィリップが勝利を収めつつあった。この形勢を観てインノケンティウスはオットーの支援から手を引き、フィリップの破門を解いてドイツ王として承認した上で、ローマで皇帝として戴冠する約束をした[1]。しかし、1208年にフィリップは娘の結婚問題からヴィッテルスバッハ家のバイエルン宮中伯オットー8世 (deによって暗殺された。このため、神聖ローマ皇帝にはオットー4世が就くことになった。

なお、1201年頃に義弟にあたる東ローマ帝国の亡命皇子アレクシオス(アレクシオス4世アンゲロス)がフィリップの元に滞在していたが、同時期に第4回十字軍の指導者だったモンフェラート侯ボニファチオがフィリップの元を訪れており、この時にコンスタンティノープル攻撃が計画されたと推定されている。また、内乱期にボヘミアオタカル1世のボヘミア王位を承認、以後ボヘミアは帝国の中でも特別な国家となっていった。

子女[編集]

イレーネーとの間には4人の子が生まれた。

次女クニグンデと四女エリーザベトが生んだ2人の孫、オタカル2世アルフォンソ10世がホーエンシュタウフェン朝断絶後の大空位時代に神聖ローマ皇帝になるべく立候補したが、いずれも即位出来ずに終わった。

脚注[編集]

引用元[編集]

  1. ^ カントローヴィチ『皇帝フリードリヒ二世』、63頁

参考文献[編集]


先代:
ハインリヒ6世
神聖ローマ皇帝
1198年 - 1208年
次代:
オットー4世
先代:
コンラート2世
シュヴァーベン公
1196年 - 1208年
次代:
オットー4世