コンラディン家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

コンラディン家ドイツ語: Konradiner, 英語: Conradines)は、中世初期のドイツフランケン地方にいた一族である。「コンラート家」(Haus Konrad)、ドイツ王を務めたことで「コンラディン朝」(コンラート朝)、フランケン朝とも呼ばれる。

なお、「コンラディン」は姓ではなく「コンラート」という意味である。当時のフランケン人には姓はなかった。「コンラーディン家」(コンラーディン朝)とも呼ばれる。

概要[編集]

832年テューリンゲンのラーンガウ伯ゲープハルト(? - 879年)を始祖とし、ゲープハルトの子オード830年 - 879年)、コンラート855年? - 906年、大コンラート)と続いて世襲した家系である。

ボヘミアからバンベルクを発祥とするバーベンベルク家フランケン大公の地位を巡って争い、東フランク王国の王アルヌルフカロリング朝)が外孫の小コンラートことコンラート1世(若王、大コンラートの子)を支持したため、コンラート1世がフランケン公の地位を確立した。その結果、バーベンベルク家は衰退し、ボヘミアとオーストリアを確立するのみだった。

コンラート1世自身は、東フランク王国の王女グリズムート(アルヌルフの娘)を母に持ち、911年に母方の叔父ルードヴィヒ4世(幼童王)が夭折すると、今度はザクセン公リウドルフィング家ハインリヒ1世と「ドイツ王」の地位を巡って争った。その結果、コンラート1世がドイツ王となった。

しかし、古来よりゲルマンの風習である、盟主(王)を擁立する仕来りは小ピピンやアルヌルフの例があるので、ドイツ王に即位した後のコンラート1世はザクセン公のハインリヒ1世と対立を繰り返した。そのため、ロートリンゲン西フランクに奪われ、コンラディン家の統制勢力を弱め、反抗する部族大公との抗争の最中に負傷した。918年、負傷が原因で重病となったコンラート1世は男子がなく、ドイツ王国の分裂を防ぎ、有力貴族と妥協するために、宿敵ハインリヒ1世をあえてドイツ王の後継者として定めて、間もなく37歳で逝去した。

一方、フランケン公の地位は弟のエーベルハルト3世885年 - 939年10月2日、在位:911年 - 939年)が継ぎ、ラーンガウ伯の地位は末弟のオットー(890年 - 918年)が継いだ。しかし、同918年にオットーも子がいないまま28歳の若さで亡くなり、コンラディン家を相続したエーベルハルト3世も939年に後継ぎの男子がいないまま逝去したので、ついにフランケン公系コンラディン家は断絶した。

ただ、コンラート1世の女婿であるヴォルムス伯のヴェルナー5世ザーリアー朝の祖)がエーベルハルト3世の後を継いで、フランケン公を相続した。

一方、コンラディン家はロートリンゲン(ロレーヌ)にも所領を持ち、大コンラートの弟ヴェッテラウ伯ゲープハルト(2世)は、903年頃、在地貴族の擁立を受けてルートヴィヒ4世幼童王よりロートリンゲン公とされた。ゲープハルト2世は910年にマジャール人との戦いで戦死し、同家はその地位を失ったが、ゲープハルトの子ヘルマン1世シュヴァーベン大公ブルヒャルト2世の寡婦レゲリンダと結婚し、926年にシュヴァーベン大公の地位を得た。その後シュヴァーベン大公位は女婿でオットー大帝の息子リウドルフに継がれたが、リウドルフの子オットー1世が嗣子なく982年に死去すると、オットー2世は、コンラディン家のコンラート1世をシュヴァーベン大公に任じ、以降、コンラディン家がシュヴァーベン大公位を世襲した。コンラート1世の出自ははっきりしないが、一説にはロートリンゲン公ゲープハルト2世の子ヴェッテラウ伯オードの子とされる[1]1012年ヘルマン3世が嗣子なく没し、シュヴァーベン公系コンラディン家は断絶した。シュヴァーベン公位は、ヘルマン3世の姉妹ギーゼラと結婚したバーベンベルク家エルンスト1世オーストリア辺境伯レオポルト1世の子)が継いだ。ギーゼラはエルンスト1世の死後、後に神聖ローマ皇帝となるザーリアー朝コンラート2世と結婚し、ハインリヒ3世を産んだ。

系図[編集]

 
 
 
 
 
ゲープハルト1世
ラーンガウ伯
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
アルヌルフ?
 
オード2世
(c.835-879)
ラーンガウ伯
 
ユーディト
(オセール伯コンラート1世娘)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
グリズムート
 
 
 
大コンラート
(?-906)
ラーンガウ伯
 
 
 
 
 
ゲープハルト2世
(?-910)
ロレーヌ公
 
イータ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンラート1世
(881-918)
 
クニグンデ
(シュヴァーベン宮中伯ベルトルト1世娘)
 
エーベルハルト3世
(885-939)
 
オード
(?-949)
ヴェッテラウ伯
 
クニグンデ
(?-c.943)
ヴェルマンドワ伯エルベール1世娘)
 
ヘルマン1世
(?-949)
 
レゲリンダ
 
ブルヒャルト2世
(883/4-926)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リウドルフ
(皇帝オットー1世子)
 
イーダ
 
ブルヒャルト3世
(?-973)
 
ヘートヴィヒ
(バイエルン公ハインリヒ1世娘)
 
ベルタ
=ブルグント王ルドルフ2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
コンラート1世
(920-997)
 
ユーディト
(アダルベルト・フォン・マルヒタール娘)
 
 
 
オットー1世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ゲルベルガ
(ブルグント王コンラート娘)
 
ヘルマン2世
(?-1003)
 
イタ
=アルトドルフ伯ルドルフ2世(ヴェルフ家
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘルマン3世
(?-1012)
 
エルンスト1世
(オーストリア辺境伯レオポルト1世子)
 
ギーゼラ
 
コンラート2世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
エルンスト2世
 
ヘルマン4世
 
ハインリヒ3世
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ザーリアー家
 
凡例

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 下津 清太郎 編『世界帝王系図集 増補版』近藤出版社、1982年、309ページ

参考文献[編集]

  • 成瀬 治 他 編『世界歴史大系 ドイツ史 1』山川出版社、1997年