フェルディナント4世 (ローマ王)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
フェルディナント4世
Jan van den Hoecke作
美術史美術館

フェルディナント4世Ferdinand IV.1633年9月8日 - 1654年7月9日)は、神聖ローマ皇帝フェルディナント3世の長男、レオポルト1世の兄。ローマ王(在位:1653年 - 1654年)、ハンガリー王(在位:1647年 - 1654年)、ボヘミア王(在位:1646年 - 1654年)。母はスペインフェリペ3世の娘マリア・アンナ

父フェルディナント3世の生前に後継者としてハンガリーとボヘミアの王位を譲られ、1653年にはローマ王(次期皇帝)としてレーゲンスブルクで戴冠した。しかし翌1654年ウィーンで、父に先立ち20歳で死去した。そのため弟レオポルト1世が新たな後継者に立てられた。

先代:
フェルディナント3世
ドイツ王ローマ王
1653年 - 1654年
次代:
レオポルト1世
ハンガリー王
1647年 - 1654年
ボヘミア王
1646年 - 1654年
先代:
エルジュビェタ・ルクレツィア
テシェン(チェシン)公
1653年 - 1654年
次代:
フェルディナント3世