カッシーノ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
カッシーノ
Cassino
カッシーノの風景
行政
イタリア国旗 イタリア
Flag of Lazio.svg ラーツィオ
Blank.png フロジノーネ
CAP(郵便番号) 03043
市外局番 0776
ISTATコード 060019
識別コード C034
分離集落 Caira, Montecassino, San Cesareo, Sant'Angelo in Theodice, Sant'Antonio, San Pasquale
隣接コムーネ #隣接コムーネ参照
公式サイト リンク
人口
人口 33,628 [1](2012-01-01)
人口密度 406.3 人/km2
文化
住民の呼称 cassinati
守護聖人 San Benedetto
祝祭日  
地理
座標 北緯41度30分0秒 東経13度50分0秒 / 北緯41.50000度 東経13.83333度 / 41.50000; 13.83333座標: 北緯41度30分0秒 東経13度50分0秒 / 北緯41.50000度 東経13.83333度 / 41.50000; 13.83333
標高 40 (18 - 841) [2] m
面積 82.77 [3] km2
カッシーノの位置(イタリア内)
カッシーノ
カッシーノの位置
フロジノーネ県におけるコムーネの領域
フロジノーネ県におけるコムーネの領域
Flag of Italy.svg ポータル イタリア
テンプレートを表示

カッシーノイタリア語: Cassino)は、イタリア共和国ラツィオ州フロジノーネ県にある都市であり、その周辺地域を含む人口約4万7000人の基礎自治体コムーネ)。県都フロジノーネに次ぎ、県内第二の人口を有するコムーネである。

郊外にあるモンテ・カッシーノ(カッシーノ山)には、ベネディクト会の著名な修道院 (it:Abbazia di Montecassinoがあり、第二次世界大戦の激戦地(モンテ・カッシーノの戦い)としても知られる。

地理[編集]

位置・広がり[編集]

フロジノーネ県南東部に位置する。

隣接コムーネ[編集]

隣接するコムーネは以下の通り。CEはカゼルタ県カンパニア州)所属。

歴史[編集]

かつてヴォルシ人の共同体カッシヌムが近くにあったが、ローマ人により占領され、以後ローマの都市となった。

歴史的には長らくナポリ王国領の都市で、カンパーニアの古い行政区分であるテッラ・ディ・ラヴォーロ (it:Terra di Lavoroに含まれていた。両シチリア王国領を経て、1860年にイタリア王国への統一後もテッラ・ディ・ラヴォーロ県に所属していたが、ファシスト政権下に行われた行政区画再編によりフロジノーネ県所属となり、ラツィオ地方に含まれることとなった。

第二次世界大戦時、ローマの南方を防御するドイツ軍の要塞線がカッシーノ周辺に築かれ、1944年にはモンテ・カッシーノの戦いでカッシーノの街は完全に破壊された。現在は、1964年に再建されたモンテ・カッシーノ修道院、カッシーノ大学、フィアットの工場などがこの地にある。

1944年の戦闘で破壊されたカッシーノの街

行政[編集]

山岳部共同体[編集]

広域行政組織である山岳部共同体イタリア語版「ヴァッレ・デル・リーリ山岳部共同体」 (it:Comunità montana Valle del Liri(事務所所在地: アルチェ)を構成するコムーネの一つである。

脚注[編集]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]