リクサ・エルジュビェタ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
リクサ・エルジュビェタ
Ryksa Elżbieta
ボヘミア王妃
Rejčka.jpg
在位 1300年-1305年
別号 ポーランド王妃
出生 1286年9月1日
死去 1335年10月18日(満49歳没)
ボヘミアの旗 ボヘミアブルノ
配偶者 ボヘミア王ヴァーツラフ2世
  オーストリア公ルドルフ3世
王家 ヴィエルコポルスカ・ピャスト家
父親 ポーランド王プシェミスウ2世
母親 スウェーデン王女リキッサ
テンプレートを表示

リクサ・エルジュビェタポーランド語:Ryksa Elżbieta;チェコ語:Eliška Rejčka、1286年9月1日 - 1335年10月18日)は、ボヘミア王ポーランド王ヴァーツラフ2世の2番目の妃、またその死後にボヘミア王位についたオーストリアルドルフ3世(1世)の妃。ポーランド王プシェミスウ2世の一人娘で、母はスウェーデン王ヴァルデマール1世の娘リキッサ。出生名は「リクサ」であるが、最初の結婚に際して「エリシュカ(エルジュビェタ)」と改名した。

生涯[編集]

ヴィエルコポルスカ公であった父は1295年、2世紀ぶりにポーランド王として戴冠したが、翌1296年2月10日に男子のないまま暗殺された。幼いリクサはプシェミスウ2世の女子相続人、ポーランド王位請求権者として、ポーランド王位をめぐる争いにおいて重要な立場に置かれていた。まだ子供だった頃、王女リクサは継母マルガレーテの兄弟でブランデンブルク辺境伯アルブレヒト3世の息子であるオットーと婚約したが、やがて死別している。

1300年、リクサは彼女のポーランド王位継承権を利用してポーランド獲得を目論む寡夫のボヘミア王ヴァーツラフ2世と結婚した。ヴァーツラフ2世はすでに1291年、リクサの父の存命中にクラクフ長子領を支配下に収めており、リクサを娶った1300年にポーランド王を兼ねることになった。ただし結婚の式典はリクサが成人するまでしばらく待たれた。結婚披露宴は1303年5月26日、リクサがプラハに到着してボヘミア王妃として戴冠すると同時に行われた。結婚式・戴冠式に際し、リクサは名前を「エリシュカ」と変えた。「リクサ」という名前がボヘミアでは一般的でなく、奇妙に思われたからである(本項では以後もリクサと表記)。1305年6月21日にヴァーツラフ2世が結核のため病没すると、国王未亡人は同年8月から10月まで摂政を務めた。継子のヴァーツラフ3世が父の後を継いだが、翌1306年にオロモウツで暗殺された。これにより、ポーランド君主の座はクヤヴィ公ヴワディスワフ1世に渡った。

1306年10月16日、リクサはヴァーツラフ3世の後継者を名乗ってボヘミア王位獲得を狙うオーストリア公ルドルフ3世(ボヘミア王としては同1世)と再婚した。ルドルフはドイツ王アルブレヒト1世の長子であった。ルドルフは首尾よくボヘミア王に即位し、リクサは王妃の座に復帰した。しかしこの復権も短いもので、1307年7月4日、ルドルフは反対派貴族をホラジュジョヴィツェ城砦に追い込んで包囲中、赤痢にかかって急死した。ルドルフの遺言により、義父アルブレヒト1世が莫大な金銭を含むリクサの寡婦領を獲得した。

国王未亡人リクサは否応なしにボヘミア王位をめぐるその後の係争に巻き込まれた。ドイツ王アルブレヒト1世はヴァーツラフ2世の最初の妻ユッタの兄、ルドルフ1世の父という立場からボヘミア王位を獲得しようと試みたが1308年に暗殺され、最終的にはヴァーツラフ2世の娘の一人エリシュカと結婚したヨハン・フォン・ルクセンブルクがボヘミアの新王朝を築くことになった。

2番目の夫を亡くして間もなく、リクサはプラハを離れてフラデツ・クラーロヴェーに移った。この都市はリクサに与えられた寡婦領の一つで、その中心地でもあった。リクサは3度目の結婚に踏み切ることはなかったが、愛人となった実力者インジフ・ズ・リペーと一緒に暮らしていた。リペーはモラヴィアの軍司令官で、国王ヨハンの不在時には総督としてボヘミア王国を統治していた。2人は1318年にブルノに引っ越し、1329年にリペーが死ぬまでの11年間、幸福な生活を送った。この穏やかな晩年、リクサは文化や宗教に関心を寄せるようになり、教会やシトー会の女子修道院を建造したり、挿絵つき讃美歌集の制作に出資したりしている。リクサはブルノで死去し、自分が通っていた教会の床に、亡き愛人リペーの遺体と隣り合う形で埋葬された。

子女[編集]

リクサは最初の夫ヴァーツラフ2世との間に1人娘をもうけた。

  1. アネシュカ(1305年 - 1337年) - ヤヴォル公ヘンリク1世と結婚