マリア・テレジア・フォン・ネアペル=ジツィーリエン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
皇后マリア・テレジア

マリア・テレジア・フォン・ネアペル=ジツィーリエン(Maria Theresia von Neapel-Sizilien, 1772年6月6日 - 1807年4月13日)は、神聖ローマ皇帝フランツ2世の2人目の妃。フランツ2世は1804年以降オーストリア皇帝フランツ1世を名乗り、マリア・テレジアは最後の神聖ローマ皇后および最初のオーストリア皇后となった。ナポリシチリアの王フェルディナンド4世および3世(後の両シチリアフェルディナンド1世)と王妃マリア・カロリーナの長女で、イタリア語名はマリーア・テレーザ(Maria Teresa)。名前は祖母である「女帝」マリア・テレジアにちなんでいる。

1790年に、母方の従兄にあたるフランツ大公と結婚した。同年に妹ルイーザ・マリアがフランツの弟であるトスカーナ大公フェルディナンドと、1797年に弟フランチェスコ1世がフランツの妹マリア・クレメンティーネとそれぞれ結婚している。1792年、フランツの神聖ローマ皇帝即位に伴い皇后となった。

夫フランツとの間に多くの子をもうけたが、1807年に34歳で死去した。フランツはその後さらに2度再婚した。

子女[編集]

フランツ1世(2世)の子供は、夭逝した1女を除き、全てマリア・テレジアとの間に生まれた。