ヤーノシュ・ジグモンド

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヤーノシュ・ジグモンド

サポヤイ・ヤーノシュ・ジグモンド(Szapolyai János Zsigmond, 1540年7月18日 - 1571年3月14日)は、ハンガリー対立王(在位:1540年 - 1570年)、トランシルヴァニア公(在位:1570年 - 1571年)。サポヤイ・ヤーノシュの一人息子、母はポーランドジグムント1世の娘イザベラヤーノシュ2世とも呼ばれる。

生後2週間で父を失い、1540年から1570年まで「東ハンガリー王国」を統治した。ただし、王国を長期にわたって統治していたのは、オスマン帝国スルタンスレイマン1世の支援を受けていたフラーテル・ジェルジ枢機卿(1551年没)と、母イザベラ(1559年没)であった。

ヤーノシュは1568年に、近世ヨーロッパにおいて初めて広範な宗教の自由を保障した「トゥルダの勅令」を公布し、トランシルヴァニアにおけるユニテリアン教会の確立を支援した。また、全ての宗教・宗派の間での開かれた討論を行うことを奨励し、カトリックルター派カルヴァン派、ユニテリアンの四者の間での公開討論を主宰していた。1570年にハプスブルク家神聖ローマ皇帝マクシミリアン2世をハンガリー王と認めて自らの王位を放棄し、その補償という形で初代のトランシルヴァニア公となった。

翌1571年にヤーノシュが死んだ時、遺言によって財務長官ベーケーシ・ガーシュパールが後継者に指名されたが、トランシルヴァニアの貴族達は遺言を尊重せず、バートリ・イシュトヴァーンを自分達の新たな君主に選んだ。このため両者の間で内戦が勃発したが、バートリが勝利、トランシルヴァニア公に即位した。

関連項目[編集]

爵位
先代:
新設
トランシルヴァニア公
1570年 - 1571年
次代:
バートリ・イシュトヴァーン