ソルノク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ソルノク
Szolnok
Megyeszékhely - Jász-Nagykun-Szolnok megye - Szolnok.jpg
ソルノク市街
Szolnokzaszlo.jpg HUN Szolnok COA.jpg
市旗 市章
位置
ソルノクの位置の位置図
ソルノクの位置
座標 : 北緯47度10分28.96秒 東経20度10分34.54秒 / 北緯47.1747111度 東経20.1762611度 / 47.1747111; 20.1762611
行政
ハンガリーの旗 ハンガリー
  ヤース・ナジクン・ソルノク県の旗 ヤース・ナジクン・ソルノク県
 市 ソルノク
市長 Szalay Ferenc
地理
面積  
  市域 187.23km2
人口
人口 (2007年現在)
  市域 75,474人
    人口密度   403人/km2
その他
等時帯 中央ヨーロッパ時間UTC+1
夏時間 中央ヨーロッパ夏時間UTC+2
公式ウェブサイト : http://www.szolnok.hu/
カトリック教会
改革派教会
シナゴーグ。現在内部は美術館となっている

ソルノクハンガリー語:Szolnokドイツ語:Sollnock、ルーマニア語:Solnoca)は、ハンガリーヤース・ナジクン・ソルノク県の都市。

歴史[編集]

ソルノク一帯には古代から人の定住があった。マジャル人のハンガリー征服以前、ケルト人スラヴ人アヴァール族が住んでいた。ハンガリー人が一帯に定住したのは10世紀である。

町は城の執事にちなんだ名前で、1075年に初めて記録に残った。その時、コミタトゥス・ソルノク(ソルノク県)の首都であった。モンゴル人のハンガリー侵攻では、町は荒廃した。ハンガリー王ベーラ4世は新たな定住者をソルノクへ移したが、長い間小村のままだった。

1550年から1551年の間、オスマン帝国がヨーロッパ諸国を脅かし、城の防御が強化され町壁が築かれた。トルコは城を包囲し、1552年9月4日に降伏させた。トルコはソルノクにモスク、公共浴場、ミナレットを建設したが、その多くが後世に破壊された。ハンガリーにおいて唯一のトルコ語コデックスが作られ、ソルノクで写された。

1685年、町はトルコ支配から解放されたが、18世紀初頭のラーコーツィ・フェレンツ2世が主導した革命の間に完全に破壊された。ソルノクの外のコミタトゥスは一時期ヘヴェシュ県に併合されていた。

18世紀になってソルノクは再び繁栄を始めた。ティサ川の管理と蒸気船交通が町の重要性を増した。1847年から、ソルノクは鉄道によってペシュトとつながった。

1848年から1849年にかけての1848年革命では、ソルノク住民が役割を担った。ソルノクの戦いでは、オーストリア軍がダムヤニチ・ヤーノシュ(en:János Damjanich)将軍率いる軍に敗退した。

アウスグライヒ以後、ソルノクの人口と重要性がさらに増した。1876年、ソルノクは再び県都となった。1879年には、既に16,001人の人口を抱えていた。

第一次世界大戦第二次世界大戦で町は多大な被害を受けた。1944年には激しい空襲を受け、ソビエト軍が町を解放した時にはほんのわずかな住民がいただけだった。

社会主義政権時代、ソルノクは復興を果たした。工場が建設され、温泉施設が開業すると観光業に重点が置かれた。1990年11月13日、ソルノクは市に昇格した。

みどころ[編集]

姉妹都市[編集]

外部リンク[編集]