モハーチの戦い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
モハーチの戦い
Battle of Mohacs 1526.png
モハーチの戦い
戦争:オスマン=ハンガリー戦争
年月日1526年8月29日
場所:モハーチ平原(ハンガリー)
結果:オスマン側の決定的勝利
交戦勢力
Flag of the Ottoman Empire.svg オスマン帝国 ハンガリー王国の旗 ハンガリー王国
指揮官
スレイマン1世 ラヨシュ2世
戦力
50,000–60,000
大砲300
50,000
援兵5000(戦闘に間に合わず)
損害
2,000 20,000

モハーチの戦い(モハーチのたたかい、ハンガリー語:Mohácsi csata, トルコ語:Mohaç Muharebesi)は、1526年8月29日ハンガリーモハーチ平原で、ハンガリー王国軍とオスマン帝国軍による会戦。

経過[編集]

当時オスマン帝国スレイマン1世の時代で、このころには1522年にはロードス島聖ヨハネ騎士団を退けるなど国力は充実していた。スレイマン1世はベオグラードを「ヨーロッパの玄関」と言い、さらなるヨーロッパ進出に意欲を見せていた。

1526年の4月にスレイマン1世は6万以上の兵力と300門の大砲からなる大軍を催し、ハンガリー征服にイスタンブルからハンガリーに進軍した。迎え撃つハンガリー軍は20歳の国王ラヨシュ2世率いる3万の軍勢とトランシルヴァニアサポヤイ・ヤーノシュの援軍3万、姻戚のハプスブルク家ボヘミアからの加勢からなっていた。

ところが、オスマン帝国軍がドナウ川のほとりモハーチに姿を現すと、ハンガリー軍は援軍を待たずに戦いを挑んでしまう。オスマン帝国軍は組織的な戦術を展開し、騎士からなるハンガリー軍を誘導し一網打尽にした。ハンガリー軍は国王ラヨシュ2世が戦死したのをはじめ、壊滅的敗北を喫する。戦闘後、9月にはスレイマン1世はハンガリーの首都ブダブダペストの一部)に進駐し、帰国した。

影響[編集]

この戦いでオスマン帝国軍が勝利した結果、ハンガリー領は三分割された:

ハンガリー平原へと進出したオスマン帝国は、ハンガリー中央部を150年間支配した。空位となったハンガリー王には、ハンガリー貴族によって選ばれたサポヤイ・ヤーノシュと、ハプスブルク家によって1515年の規定に従いハンガリーとボヘミアの王に選ばれたカール5世の弟フェルディナントが即位し、2王朝が対立した。3年後の1529年、ハンガリー王位の争いに敗れたヤーノシュの要請に応じて、スレイマン1世は再びハンガリーに進軍し、さらにウィーンを包囲した(第一次ウィーン包囲)。

脚注[編集]