トランシルヴァニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

座標: 北緯46度46分 東経23度35分 / 北緯46.767度 東経23.583度 / 46.767; 23.583

トランシルヴァニアのヨーロッパでの位置。(Banat, Crişana および Maramureşを含む)

トランシルヴァニア(Transylvania)は、ルーマニア中部・北西部の歴史的地名。東にはカルパティア山脈、南にはトランシルヴァニアアルプス山脈(南カルパティア山脈)が横たわる。北はウクライナ、西はハンガリー、南西はセルビアに接している。

歴史的な狭義のトランシルヴァニアは、マラムレシュマーラマロシュ)、サトゥ・マーレサトマール)、ビホルビハル)、アラドティミシュカラシュ・セヴェリンクラッショー・セレーニ)地方は含まれない。オーストリア直轄時代にはサラジュシラージ)地方も含まれていなかった。

なお、ハンガリー時代のトランシルヴァニアとルーマニア時代のトランシルヴァニアは微妙に範囲が異なり、県の境界線が変更され、西部の一部が「モルダビア」に組み込まれた。

広義のトランシルヴァニア。中央の濃いオレンジ色の範囲が狭義のトランシルヴァニア。その西西側に面した薄いオレンジ色の三つの地域は、広義のトランシルバニアに含まれる。北からマラムレシュ地方、クリシュナ地方、バナート地方である。

名前について[編集]

ルーマニア語ではトランシルヴァニャ Transilvania 又はアルデアルArdeal、ハンガリー語でエルデーイ Erdély、ドイツ語でジーベンビュルゲン Siebenbürgen、トルコ語でウルドゥル Urdul、スロヴァキア語でセドモフラツコ Sedmohradsko、ポーランド語でシェドミョグルト Siedmiogródとなる。

ジーベンビュルゲンは通俗語源によって「7つの」と解釈され、スラヴ系言語に訳されたりトランシルヴァニアの紋章にも取り入れられてきたが、実際はシビウヘルマンシュタット)市の古名に由来し、「シビン川畔の都市ドイツ植民者の入植地)」の意味である。となると、ハンガリー語の(ナジ)セベン、ルーマニア語のシビウと何ら語根が変わらないことになる。

このように一部の地域の名前や都市名が全体の地名となった例としては、他にルクセンブルクがある。

住民[編集]

ルーマニア人8割、ハンガリー人2割。

第一次世界大戦前はルーマニア人が6割程度。ドイツ人が1割ほど居住していたが、第二次世界大戦後に追放された(ドイツ人追放)。

宗教[編集]

言語[編集]

行政、市町村と地名[編集]

judeţ, megye, Provinz)と主な市町村(観光スポット含む)は次のとおり。

ルーマニア語 ハンガリー語 ドイツ語 公式サイト、その他
1.マラムレシュ Maramureş ;en マラマロシュMáramaros マラムレシュMaramuresch
2.クリシャナ Crişana; en ケレシュヴィデークKörösvidék クライシュゲビートKreischgebiet [1]
サトゥ・マーレ県 Satu Mare ;en Szatmár サトマールSathmar
ビホル県 Bihor ;en ビハル県 ビハールBihar
アラド県 Arad ;en Arad
3.バナート Banat ;en バーンシャーグ Bánság/Bánát バナトBanat
ティミシュ県 Timiş ;en テメシュ県 Temes テメシュブルクTemesch
カラシュ・セヴェリン県 Caraş Severin ;en クラッショ―セレーニKrassó-Szörény
4.トランシルヴァニア Ardeal, Transilvania エルデーイ Erdély ジーベンビュルゲンSiebenbürgen
サラジュ県 Salaj シラージ県 Szilágy
クルージュ県 Cluj コロジュ県 Kolozs
クラウゼンブルク Klausenburg
ビストリツァ・ナサウド県 Bistrita-Nasaud Beszterce-Naszód Bistritz-Nussdorf(Nösnerland (シュトゥール名))
ムレシュ県 Mureş マロシュ県 Maros Mieresch
アルバ県 Alba Fehér Weissenburg
シビウ県 Sibiu Szeben Hermannstadt
ハルギタ県 Harghita Hargita
コヴァスナ県 Covasna Kovászna
フネドアラ県 Hunedoara
ダキア人の要塞
フニャド県 Hunyad Eisenmarkt
ブラショヴ県 Braşov ;' Brassó Kronstadt(Burzenland (シュトゥール名))
水色 =セーケイ地方
クリーム色 =ドイツ人の多い地方

全ての市町村にハンガリー語・ルーマニア語の名前があり、ドイツ人がさまざまな理由で移住したため、ドイツ語の名前を持つ市町村も多い。

歴史[編集]

文化[編集]

関連項目[編集]

参考資料[編集]

外部リンク[編集]