トランシルヴァニアアルプス山脈

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
トランシルヴァニアアルプス山脈

トランシルヴァニアアルプス山脈(トランシルヴァニアアルプスさんみゃく、Transylvanian Alps)は、ルーマニアの中央を東西に走る山脈である。カルパティア山脈の一部分であり、南カルパティア山脈(英語:Southern Carpathians、ルーマニア語:Carpaţii Meridionali)の呼び名もある。2,000メートル級の山々が連なっており、最高峰はモルドベヤヌ山Moldoveanu)の2,544メートルである。

「トランシルヴァニア」という名称は、ルーマニアのトランシルヴァニア地方に由来する。この山脈はトランシルヴァニア地方とワラキア地方を隔てており、かつてはハンガリー王国オスマン帝国、後にはルーマニア王国との国境でもあった。

トランシルヴァニアアルプスはブチェジ、ファガラシュ、パルング、レテザトの4つの山群に分けられる。

ブチェジ山群
山麓のプラホヴァ渓谷一帯にはブステニシナヤプレデアルといったリゾートが点在、ブカレスト市民も行楽に訪れる。
ファガラシュ山群
ルーマニア最高峰のモルドベヤヌ山がある。
パルング山群
シビウの南西に位置するパルティニシュ(Păltiniş)は標高が高い(1,440メートル)ことで知られるリゾート。
レテザト山群
レテザト国立公園はルーマニア国内では最初の自然保護区である。