マラムレシュ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Judeţul Maramureş
Actual Maramures county CoA.png
紋章
Maramures.png
マラムレシュ県の位置
地域 北西地域
歴史的な地域 マラムレシュen
県都 バイア・マーレ
面積 6,304km²
人口 510,110人(2002年)
人口密度 81人/km²
ISO 3166-2 RO-MM
ヴァレニ村のイザ川の谷

マラムレシュ県ルーマニア語Judeţul Maramureş, ハンガリー語: Máramaros)は、ルーマニアの県。県都はバイア・マーレ。東はスチャヴァ県、西はサトゥ・マーレ県、北はウクライナイヴァーノ=フランキーウシク州ザカルパッチャ州、南はサラージュ県クルージュ県ビストリツァ=ナサウド県と接する。

歴史[編集]

統計[編集]

2002年の調査では、県の人口は510,110人、人口密度は81/平方キロメートルだった。

県人口[2]
1948 321,287
1956 367,114
1966 427,645
1977 492,860
1992 540,099
2002 510,110

地理[編集]

マラムレシュ県面積は6,304平方キロメートルで、43%はロドナ山脈(最高峰は標高2303メートルのピエトロスル)である。グトゥイ山地(Gutâi)・ツィブレシュ山地(Ţibleş)はロドナ山脈とともに、東カルパチア山脈の一部である。県の残りの部分は丘陵、高原、谷である。県内にはティサ川、イザ川、ヴィシェウ川、マラ川が流れる。

経済[編集]

マラムレシュ県はのどかな田園と農業地帯の伝統をもち、共産主義体制時代にも産業化の波にさらされなかったことで知られる。耕し、植え、収穫する、そして干し草作りと手を使う仕事といった単純労働が全てであった。県は鉄以上にその他の金属を産出する、強力な鉱業の本拠地である。共産主義時代、バイア・マーレ周辺に大型工業プラントが建てられ、過去に一帯は深刻な環境汚染に晒された。しかし近年、市の産業活動が衰えたことから、一帯の汚染は以前よりましになってきている。

観光[編集]

マラムレシュの木造教会

マラムレシュ県は美しい田園風景、地元の小さな木工・手工細工産業が、地方の教会や建築様式同様に知られている。田舎の道路は多くが未舗装であるが、アクセスは容易である。

行政区画[編集]

マラムレシュ県は2つの都市、6つの町、62の小自治体からなる。

主な市町[編集]

参照[編集]

  1. ^ National Institute of Statistics, "Populaţia după etnie"
  2. ^ National Institute of Statistics, "Populaţia la recensămintele din anii 1948, 1956, 1966, 1977, 1992 şi 2002"

外部リンク[編集]

座標: 北緯47度40分22秒 東経24度00分18秒 / 北緯47.67278度 東経24.00500度 / 47.67278; 24.00500