ミヤマハンショウヅル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ミヤマハンショウヅル
Clematis alpina ssp. ochotensis (200707).jpg
ミヤマハンショウヅル
分類
: 植物界 Plantae
: 被子植物門 Magnoliophyta
: 双子葉植物綱 Magnoliopsida
: キンポウゲ目 Ranunculales
: キンポウゲ科 Ranunculaceae
: センニンソウ属 Clematis
: C. alpina
亜種 : ミヤマハンショウヅル ssp. ochotensis
学名
Clematis alpina ssp. ochotensis
和名
ミヤマハンショウヅル(深山半鐘蔓)

ミヤマハンショウヅル(深山半鐘蔓、学名:Clematis alpina ssp. ochotensis)はキンポウゲ科の落葉蔓性植物。

特徴[編集]

北海道~関東・中部地方の亜高山帯高山帯に生える高山植物。蔓の長さは30-100cm。花期は6-8月。枝先に3cmほどの鐘形で紅紫色の花を咲かせる。萼片は4枚で内側に白い花弁がある。

和名は、深山に生え、花の形が火事の時に鳴らす半鐘に似ていることから。

ギャラリー[編集]