半鐘

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
火の見櫓の上に設けられた半鐘

半鐘(はんしょう)とは、小型の釣鐘のことである。

概要[編集]

江戸時代火の見櫓の上部などに取り付け火災洪水発生時などに鳴らし、地域の消防団を招集するとともに近隣住民に危険を知らせた。

地域毎に鐘の打ち方が定められ、火災の大まかな場所や災害の種類が分かるようになっていた。また他にも時報や慶弔など様々な情報を伝えるために使う地域もあった。

もとは寺院で時間を境内の僧侶に知らせるために使用されているもので、現在も法要開始などの合図用として使用している。合戦時には陣営での合図にも使われた。明治時代以降、近年まで用いられていた。

現在、それらの多くはサイレン防災無線などに役目を譲っており現存するものは消防団が活躍する一部地域を除いて地域のシンボル代わりに残されている場合がほとんどである。

競輪では残り1周半を通過した時点から最後の1周の地点まで半鐘(ベル型や銅鑼の場合もある)が打ち鳴らされ、最後の1周が近いことを選手や観客に伝達する。これを打鐘(だしょう)と呼んでいる。競輪用語では「ジャンが鳴る」といい、同名の漫画も存在する。

なお火災現場すぐ近くの半鐘は火元であることを知らせる半鐘を連打して続けざまに鳴らす。この鳴らし方を擦半鐘(すりばんしょう)、略してスリバンと呼ぶ。また、鎮火の際は2点連打がされるが、この2点連打を「おじゃん」といい、転じて今までやって来た事が全て無駄になることを指し「おじゃんになる」というようになったという説もある。

打ち鳴らし方は各府県令によって定められたが、たとえば東京市東京府における警鐘による信号は次のとおりであった。

東京市内(明治36年10月訓令第41号)
近火信号 ○-○-○-○-○ 連点打 鎮火まで
報知信号 ○ ○ ○ 一点打 3回
総出信号 ○-○-○ 三点打 5分間
市内応援信号 ○-○ 二点打
郡部信号 ○ ○ ○ 一点打
御近火信号 ○-○-○-○ 四点打
鎮火信号 ○ ○-○ 一点と二点の交打 1回
非常信号 ○-○-○-○-○ 五点打 10分間
東京府下(大正12年2月警視庁令第9号)
火急信号 ○-○-○-○-○ 連点打 適当時
報知信号 ○ ○ ○ 一点打 3回
応援信号 ○-○-○ 三点打 適当時
水災信号 ○-○ 二点打 5分間
演習信号 ○-○ ○ ○-○ ○ 二点と一点の交打
御近火信号 ○-○-○-○ 四点打
鎮火信号 ○ ○-○ 一点と二点の交打 1回
非常信号 ○-○-○-○-○ 五点打 10分間

盗難[編集]

2006 - 2007年およびその前後には、国際的な金属価格が高騰。日本の各地でさまざまな金属製品の盗難が相次いだ。半鐘も例外ではなく、しばしば被害に遭っている。一部はスクラップとして中華人民共和国輸出されるケースも見られた[1]

出典[編集]

  1. ^ 盗難被害の半鐘を不正輸出、関税法違反で書類送検 茨城 asahi.com 2007年11月1日

関連項目[編集]