ドルジュ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Judeţul Dolj
RO Dolj county COA.svg
紋章
Dolj.png
ドルジュ県の位置
地域 南西地域
歴史的な地域 オルテニア
県都 クラヨーヴァ
面積 7,414km²
人口 734,231人(2002年)
人口密度 99人/km²
ISO 3166-2 RO-DJ

ドルジュ県ルーマニア語:Judeţul Dolj)は、ルーマニアオルテニア地方の県。県都はクラヨーヴァ。東部をオルト県、西部をメヘディンチ県、北部をゴルジュ県ヴルチャ県、南部をブルガリアモンタナ州ヴラツァ州に接している

統計[編集]

2002年の調査によると、県人口は734,231人、人口密度は99/平方キロメートルである。

県人口[2]
1948 615,301
1956 642,028
1966 691,116
1977 750,328
1992 762,142
2002 734,231

地理[編集]

ドルジュ県の面積は7,414平方キロメートルである。県全体が平らな平原で、南部でドナウ川が広い谷を形成する。県中央部をジウ川が流れる。その他にも小さな河川があり、小さな谷を形作っている。ドナウ川流域谷の水路には小さな湖やたくさんの池がある。県の6%ほどの地域はオルテニア・サハラと呼ばれる砂漠地帯である[3].

経済[編集]

農業が主要産業となっている。穀物、野菜、ワイン生産がされる土地が広がる。その他産業は主として南西部最大の都市クラヨーヴァに集中する。

  • 自動車産業 - デウ自動車が工場をかまえていた。2006年8月終わり頃には、ルーマニア政府はデウの51%のシェアを獲得し転売する計画であった。ゼネラルモータースとルノーがこの工場に関心を示している。
  • 電機産業と輸送設備
  • 航空産業
  • 化学薬品製造
  • 食品・飲料製造
  • 織物産業
  • 機械部品製造

ドナウ河岸に小さな港ベケト(Bechet)とカラファトがある。

観光[編集]

  • クラヨーヴァ
  • カラファト
  • ドナウ河畔での釣り
  • バイレシュティ

行政区画[編集]

県は3つの都市、4つの町、104の小自治体からなる。

主な都市[編集]

参照[編集]

  1. ^ National Institute of Statistics, "Populaţia după etnie"
  2. ^ National Institute of Statistics, "Populaţia la recensămintele din anii 1948, 1956, 1966, 1977, 1992 şi 2002"
  3. ^ [1]