プラホヴァ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Judeţul Prahova
Prahova county coat of arms.png
紋章
Prahova.png
プラホヴァ県の位置
地域 南地域
歴史的な地域 ムンテニア
県都 プロイェシュティ
面積 4,716km²
人口 829,945人(2002年)
人口密度 176人/km²
ISO 3166-2 RO-PH

プラホヴァ県Judeţul Prahova)は、ルーマニアムンテニア地方の県。県都はプロイェシュティ。東はブザウ県、西はドゥンボヴィツァ県、北はブラショフ県、南はヤロミツァ県イルフォヴ県と接している。

統計[編集]

2002年の調査では、県人口は829,945人、人口密度は176/平方キロメートルである。ルーマニアで最も人口の多い県であり、人口密度も高い。しかし、2006年の調査で人口・人口密度ともヤシ県がプラホヴァ県を抜いた。

県人口[2]
1948 557,776
1956 623,817
1966 701,057
1977 817,168
1992 874,349
2002 829,945

プラホヴァ県は工業の発展のため人口が流入している。

地理[編集]

シナヤを流れるプラホヴァ川

県面積は4,716平方キロメートルである。 土地の起伏は、山地、丘陵、平野の3つにおよそ均等に分けられる。北部は東カルパチア山脈の南の終わりとなるカルパツィ・デ・クルブラ山地(en:Carpaţii de curbură)である。ブチェジ山地は南カルパチア山脈の東の終わりとなる。この2つの山地は、プラホヴァ谷で分けられている。県南部は平野で、ルーマニア平原の北西部にあたる。主要河川はプラホヴァ川である。山地から多くの河川(ドフタナ川やテレアジェン川)を集めてプラホヴァ谷を流れていく。

経済[編集]

プラホヴァ県は、長きに渡ってルーマニアの原油生産・精製が行われてきた。工業化が非常に進み、115,000人以上の人が工業に従事する。国内の工業生産の8%以上を担うとされる。国際企業との合弁会社が数社稼働しており、コカコーラユニリーバインベブミシュランTimkenなどが進出している。

県の主要産業は以下のとおりである。

  • 石油産業 - 国内生産の50%を占める
  • 石油精製施設
  • 化学工業
  • ゴム製造
  • 機械部品製造
  • 食品及び飲料製造
  • 織物産業

農業も発展している。県南部は主に広域農業で、丘陵地帯はワイン生産と果樹栽培に適している。国内の農業生産の3%をプラホヴァ県が占めるとされている。

観光[編集]

プラホヴァ谷は国内でも高い可能性のある観光地の一つであり、ルーマニアでも良質の観光設備を持つ。

ペレシュ城

行政区画[編集]

県は2つの都市、12の町、89の小自治体からなる。

主な市町[編集]

参照[編集]

  1. ^ National Institute of Statistics, "Populaţia după etnie"
  2. ^ National Institute of Statistics, "Populaţia la recensămintele din anii 1948, 1956, 1966, 1977, 1992 şi 2002"