ムンテニア

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ルーマニアの行政区域:黄がムンテニア

ムンテニアMuntenia)は、ルーマニアの南東部、ブルガリア国境に近い一地方である。

12世紀から13世紀ごろのルーマニアは、西部のトランシルヴァニア、北部のモルダヴィア、南部のワラキアの3国に分かれていた。ワラキアは現在のルーマニア国土の約1/3を占める。

ワラキア公、ミハイ勇敢公 (en:Mihai Viteazul) は、1599年にトランシルヴァニア公に、1600年にはモルダヴィア公となり、歴史上初めてルーマニアを統一した。

ワラキアはさらに2つの地方に分かれている。東部がムンテニア、ムンテニアより多少狭い西部のオルテニアである。両地方の間にオルト川が流れる。ムンテニアの南と東はドナウ川、北はトランシルヴァニアアルプス山脈によって囲まれている。

ムンテニアには以下の10県が含まれる。

関連項目[編集]