メヘディンチ県

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
Judeţul Mehedinţi
Actual Mehedinti county CoA.png
紋章
Mehedinti.png
メヘディンチ県の位置
地域 南西地域
歴史的な地域 オルテニアバナト
県都 ドロベタ=トゥルヌ・セヴェリン
面積 4,933km²
人口 306,732人(2002年)
人口密度 62人/km²
ISO 3166-2 RO-MH

メヘディンチ県ルーマニア語:Judeţul Mehedinţi, 発音:me.he.'din.ʦi)は、ルーマニアの県。オルテニア地方とバナト地方(西部のわずかな部分)にまたがる。県都はドロベタ=トゥルヌ・セヴェリン。南部はブルガリアヴィディン州と、南西部はセルビアボル郡と、北西はカラシュ=セヴェリン県と、北東はゴルジュ県と、そして南東はドルジュ県と接する。

日本語ではメヘディンツィの表記もあり、こちらの方がより原語発音に近い。

統計[編集]

2002年の調査では、人口は306,732人で、人口密度は62/平方キロメートル。

県人口[2]
1948 304,788
1956 304,091
1966 310,021
1977 322,371
1992 332,673
2002 306,732


地理[編集]

県面積は4,933平方キロメートルである。北西部には南カルパチア山脈の西の端である、1,500メートル以上のメヘディンチ山脈がある。標高は東部へ向かって低くなり、丘陵を通過してルーマニア平原の西端である高原地帯となる。

南部はドナウ川が流れて、水路や池のある幅の広い谷を形成する。その他の重要な河川は、ジウ川の支流である東側のモトル川である。県西部を流れるチェルナ川は、オルテニアとバナトの間を通過する。

経済[編集]

エネルギー分野が県内で発展を続けている。ドナウ川流域には2つの大規模水力発電所がある。ドロベタ=トゥルヌ・セヴェリンには重水複合施設がある。

県の主要産業には以下のものがある。

  • 化学工業
  • 食品・飲料製造
  • 織物産業
  • 機械部品製造
  • 鉄道・船舶設備製造
  • 林業と製紙業

県北部は、石炭の産出地である。

県南部は農業が主であり、穀物生産が広範囲で行われている。野菜も生産され、ワイン生産と果樹園も重要である。

観光[編集]

行政区画[編集]

県は2つの都市、3つの町、61の小自治体からなる。

主な都市[編集]

参照[編集]

  1. ^ National Institute of Statistics, "Populaţia după etnie"
  2. ^ National Institute of Statistics, "Populaţia la recensămintele din anii 1948, 1956, 1966, 1977, 1992 şi 2002"