バナト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ヨーロッパの地図に示されたバナトの位置
バナトは三カ国にまたがっている。桃色がハンガリー領バナト、黄色がセルビア領バナト、青がルーマニア領バナト

バナトまたはバナートBanat)は、中央ヨーロッパの地理的・歴史的地域。現在は、東部をルーマニア、西部をセルビア、わずかに北部をハンガリーが領有している。バナトはパンノニア平原の一部を成す。南はドナウ川、西はティサ川、北はムレシュ川、東は南カルパチア山脈が境となる。歴史的な首都はティミショアラ(現ルーマニアティミシュ県)である。

概要[編集]

バナトとは、バンが治める辺境地方を意味する。

banとはスラヴ語発祥の言葉で、卿、知事、副王といった意味である。バナトを意訳すれば県となる。1920年代から1930年代のユーゴスラビア王国は、いくつかのバノヴィナ(州)から成っていた。ゼタドリナサヴァモラヴァなどである。

中世ハンガリー王国には数カ所のバナトがあった。ダルマチアスラヴォニアボスニア、クロアチアといったバナトであった。これらはヨーロッパでの対トルコ戦争の過程で消滅した。しかし、「バナト」という言葉が特に但し書きなしに用いられる場合、それはテメシュヴァールのバナト(en)を意味する。この地方はバンによって支配されたことはなかったにもかかわらず、1718年のパッサロヴィッツ条約以後、奇妙にもこの呼称を獲得したのだった。

バナトにはセルビア人ルーマニア人ハンガリー人ロマ人バナト・シュヴァーベン人ドイツ人)、クラショヴァニ人(14世紀にトルコによって移住させられた南スラヴ系の人々。民族的にはクロアチア人とされる)、スロバキア人バナト・ブルガリア人カトリック教徒。オスマン帝国の迫害を逃れハプスブルク領バナトへ18世紀に移住してきた)、チェコ人など数多くの民族が小集団で暮らしている。バナトに住む者はバナト人と呼ばれる。

バナトの名は、この地域で話される言語で同じように表される。ルーマニア語ではバナト、セルビア語でバナト(Банат)、ハンガリー語でバーナート(Bánát)またはバーンシャーグ(Bánság)、ドイツ語ではバナト、トルコ語でバナト、スロバキア語でバナート(Banát)、バナト・ブルガリア語でバナート(Banát)、標準ブルガリア語でバナト(Банат)となる。

歴史[編集]

初期[編集]

現在のバナトの最初に知られた住民は、サルマタイ族の分枝である。山岳国境地帯の一帯はダキアの一部であった。地域での力の均衡はローマ皇帝トラヤヌスの対ダキア人遠征で変わった。バナトはローマ支配下となり、以来属州ダキアと帝国の他州との間をつなぐ重要な土地となった。ローマ支配は、この地域への目立ったローマ人植民にはならなかった。彼らはわずかな防衛拠点をつくったが、移住はしなかった。この結果、ダルマチアのバナト支配が固定される結果となり、ダルマチアはローマの同盟者とされた。150年以上のローマ支配後、皇帝アウレリアヌスはダキアから退却した。一帯はサルマタイの手に落ち、後にダキアを手中に収めたゴート族のものとなった。ゴート族は、今日のバナトの北西部にあたるカルパチア盆地に本拠地を置いたフン族によって追い立てられた。アッティラの死後、フン族の帝国は瓦解し、かつてフン族に従属していたゲピド族がカルパチア盆地に新王国を築いた。そしてわずか100年後にはアヴァール人に打ち負かされた。アヴァール人の行政地点はバナトにもつくられ、アヴァール人=東ローマ帝国戦争において重要な役割を担った。アヴァール人支配は9世紀のカール大帝遠征が行われるまで続いた。カルパチア盆地の東部は、数十年後には第一次ブルガリア帝国の一部となった。いまも、アヴァール人とゲピド族の住んでいた考古学的痕跡がここで見られ、9世紀の半ばまで存在が見られた。さらにゲピド族の生き残りはここで長きに渡り生きていたようである。アヴァール人支配はカルパチア盆地への相当な数のスラヴ人移住を意味した。895年、エテルキョスで暮らしていたマジャル族が、東ローマの同盟者として東ローマ=ブルガリア帝国戦争に参戦、ブルガリアを敗退させた。これによって、ブルガリアはマジャル族の定住地を襲っていたペチェネグ族と同盟した。これがマジャル族のカルパチア盆地征服、ハンガリー建国で知られる過程を招いた。これはブルガリア帝国がドナウ川北部領を失う結果となった。バナトはこの時からマジャル族支配下となり、1552年にオスマン帝国テメシュヴァールを行政中心地とするまで続いた。

ハンガリー支配(10世紀初頭-16世紀)[編集]

テメシュ川の地域はマジャル族長の土地でなく、そして10世紀半ばから-王国の統治が弱まり-地元豪族がさらに外国支配からの独立を追い求め始めた。その結果、カルパチア盆地の東部において、正教会の布教が行われ東ローマの典礼が得られ始めた。これはハンガリー王国の創建と、最後の地元豪族アイトニを従属させたイシュトヴァーン1世の祖国統一の努力を停止させることになった。14世紀、バナト地域は南部バナト国境が拡大するオスマン帝国に対する最重要の防御線となったため、他よりも最優先の地域となった。

トルコ支配 (1552年-1716年)[編集]

バナトは1552年にオスマン帝国へ併合され、トルコの州にあたるテメシュヴァール州en:Eyalet of Temeşvar)となった。継続するトルコの襲撃と結果としての破壊のため、元々この地で暮らしていたハンガリー人の多くが北部へ逃亡するか、殺された。替わりに、コンスタンティノープルの総主教に忠実な正教会信徒であるセルビア人とヴラフ人が移住してきた(正教会信徒はトルコに忠実ともみられていたため)。16世紀以降、バナト地域は主にラツィ人(セルビア人)とヴラフ人(ルーマニア人)が占めていた。一部の歴史文献によれば、ラスキア(Rascia)、別の文献ではワラキアと称した。1594年、バナトのセルビア人がトルコ支配に対して大規模な反乱を起こした。ルーマニア人もこの反乱に関係した。

ハプスブルク支配[編集]

17世紀、バナトの一部がオーストリアのハプスブルク君主国の一部となった。1716年墺土戦争が勃発するとプリンツ・オイゲンがバナトの残りをトルコから奪い取った。1718年パッサロヴィッツ条約後、テメシュヴァールのバナトの称号を得て、1751年まで軍事境界線下(軍政国境地帯)のハプスブルク君主国分離県のままにおかれた(軍政国境地帯に住む人々は土地を耕す農民であり、有事の際にはトルコと戦ういわば屯田兵であった)。

1751年、女帝マリア・テレジアが軍政から民政へ移行した。テメシュヴァールのバナト県は1778年に廃止された。バナト南部地域は、1871年に境界線が廃止されるまで軍政国境地帯(バナト・クライナ)に含まれたままだった。

トルコ支配下では、バナトの一部は戦禍の年月のため人口密度が低く、さらに多くの地域はほとんど無人の湿地、荒野や森林であった。メルシー伯クラウディウス(1666年-1734年)は1720年にテメシュヴァールのバナト知事を任命され、バナトの再生のため数あまたの法令を採用した。ドナウ川とティサ川近くの湿地は一掃され、道路と運河が多額の出費で建設され、ドイツ人職人とその他移住者らが地区の植民、農業、貿易促進に引きつけられてやってきた。

オーストリア支配下のテメシュヴァールのバナト、1739年当時
スルプスカ・ヴォイヴォディナとタミシュ・バナト(1849年-1860年)
バナトの各郡。バチュカスレム。1881年以後はかつてのセルビア・ヴォイヴォディナおよびタミシュ・バナトは5郡となる
バナト共和国、1918年

女帝マリア・テレジアもバナトに多大な関心を持っていた。彼女は多くのドイツ人小作農らを植民させ、国内の鉱業生産開拓を後押しし、メルシー伯によって導入された法令を発展させた。シュヴァーベンアルザスバイエルン、オーストリアからドイツ人移住者がやってきた。東部バナトの移住者の多くはほとんどドイツ人であった。バナトに住む民族的ドイツ人はドナウ・シュヴァーベン人として知られる。ドナウ・シュヴァーベン人のうちの一部には、フランス語を母語とする者または独語仏語の話者が混在して暮らすロレーヌ地方出身の者がおり、数世代に渡ってフランス語そして特別な民族アイデンティティーを維持し続けた。後にバナト・フランス人フランセーズ・デュ・バナト(Français du Banat)として反乱を起こした[1]。ハンガリー人は長い植民時代の後、バナトに根を下ろすことを許されなかった。

1779年、バナト地域はハプスブルク領ハンガリー王国へ併合され、トロンタール、テメス、クラッソーの3つの県が創設された。1848年、バナト西部はハプスブルク君主国に含まれるセルビアの州、セルビア・ヴォイヴォディナ(Serbian Vojvodina)の一部となった。1848年革命の間、バナトはセルビア・ヴォイヴォディナのセルビア軍とハンガリー王国軍とにそれぞれ占領された。その日付は、バナト人に対するセルビア国粋主義の拡大の始まりとなった。

1848年-1849年革命の後、スレムバチュカとともにバナトはオーストリア=ハンガリー帝国から分離されたセルビア・ヴォイヴォディナ及びタミシュ・バナト英語版の直轄王領として知られるようになった。しかし1860年、この制度は廃止され、再度帝国に併合された。

1871年の後、かつての軍事境界線があったバナト南部は民政へ入り、他のバナトの県と併合された。クラッソーとショレーニは1881年にハンガリー王国の行政県クラッソー=ショレーニ英語版と統合された。

1918年10月、ティミショアラでバナト共和国英語版の建国が宣言され、ハンガリー政府は独立を承認した。しかし、短命に終わった。ちょうど2週間後、セルビア王国軍がバナト共和国へ侵攻、共和国は終わりを告げた。

1918年と1919年、バナトの大部分がルーマニア王国の一部となった(クラッソー=ショレーニ全土、テメシュの2/3、そしてトロンタールのわずかな部分)。南西部(トロンタールの大半、そしてテメシュの1/3)は新たにできたセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国(のちのユーゴスラビア王国)の一部となった。セゲド近郊のわずかな地域は新独立国家ハンガリーに含まれた。これらの国境は1919年のヴェルサイユ条約と1920年のトリアノン条約で確定された。

バナトの領土は現在、ルーマニア(ティミシュ県カラシュ=セヴェリン県アラド県メヘディンチ県)、セルビア(ヴォイヴォディナ自治州ベオグラード)、ハンガリー(チョングラード県)とに分けられている。

地理[編集]

ルーマニア領バナト[編集]

ルーマニア領バナトの位置

1938年、ルーマニア領バナトを取り巻く、ティミシュ=トロンタル県、カラシュ県、セヴェリン県、アラド県、フネドアラ県が一つになってティヌトゥル・ティミシュ県となった。

1950年9月6日、県はティミショアラ州に取って代わった(現在のティミシュ県とカラシュ=セヴェリン県とを合わせたもの)。

1956年、実存するアラド州の南半分がティミショアラ州へ併合された。

1960年12月、ティミショアラ州はバナト州へ改名した。

1968年2月17日、新たな州分割がなされ、現在のティミシュ県カラシュ=セヴェリン県アラド県が生まれた。

1998年以降、ルーマニアは8つの開発州へ分離された。これは地方自治分割のためである。ヴェスト州(Vest)は4つの県からなる。アラド県、ティミシュ県、フネドアラ県、カラシュ=セヴェリン県である。これらはほとんど1929年のティミシュ県と同じ境界である。ヴェスト州はユーロリージョンドナウ=クリス=ムレス=ティサの一部である。少数派ハンガリー人は総人口の5.6%である。

ルーマニア領バナトは南部と南東が山地で、北と西そして南西は平坦であり、一部湿地が見られる。湿地を除けば気候は概して健康的である。コムギオオムギエンバクライ麦トウモロコシアマアサタバコが大量に生産され、ブドウ園で作られるワインは高品質である。猟の獲物は豊富で、川は魚で溢れている。鉱物資源も豊かで、銅、スズ、鉛、亜鉛、鉄そして特に石炭が含まれている。数多くの鉱泉に囲まれて、最も重要なのはメハディアの鉱泉である。ローマ時代からテルマエ・ヘルクリス(ルーマニア語でen:Băile Herculane)で既に知られる硫黄質の水である。現在のルーマニア領バナトには、歴史的なパンノニア平原のバナトに含まれない山地の一帯が一部含まれている。

セルビア領バナト[編集]

1848年当時のセルビア・ヴォイヴォディナの境(西バナトを含む)
ヴォイヴォディナ内のセルビア領バナト

セルビア領バナト(西バナトとも)はセルビア・ヴォイヴォディナ(1848年-1849年)、そしてセルビア・ヴォイヴォディナおよびタミシュ・バナト(1849年-1860年)の一部となった。1860年から後、セルビア領バナトはハンガリー王国のトロンタールとテメシュの各県に分けられた。トロンタール県の中心には、現在のズレニャニンヴェリキ・ベチュケレクがあった。

セルビア領バナトは、1918年から1922年の間セルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国の県であった(1918年から1919年は、県はバナト・バチュカ・バラニャ州の一部であった)。1922年から1929年は、ベオグラード州とポドゥナヴリェ州とに分割されていた。1929年、バナトの大部分がユーゴスラビア王国ドナウ州en)に併合され、パンチェヴォ市はベオグラード自治州に併合された。

1941年から1944年、セルビア領バナトは第二次世界大戦枢軸国軍に占領された。正式にはセルビア領であったが、実際には事実上少数派ドイツ人が治める分離された州であった。1945年以後、(バチュカスレムとともに)セルビア領バナトはセルビア社会主義共和国ヴォイヴォディナ社会主義自治州の一部となった。セルビアは当初、連邦国家ユーゴスラビア社会主義連邦共和国の構成国であったが、その後ユーゴスラビア連邦共和国セルビア・モンテネグロを経て、2006年より独立国家セルビア共和国となっている。

セルビアでは、バナトはほとんどが平野である。コムギオオムギカラスムギライ麦トウモロコシアサヒマワリが育てられている。鉱物資源は、原油天然ガスがある。セルビア領バナトの観光地は、広大な砂地が広がるデリブラツカ・ペシュチャラである。そこには少数派のハンガリー人が多く住み、人口の10.21%を占めている。

バナトにあるセルビアの郡は以下のとおりである:

セルビア領バナトには、パンチェヴァチュキ・リトとして知られ、基礎自治体ベオグラードに属するパリルラも含まれる。

ハンガリー領バナト[編集]

ハンガリー領バナトは、バナト全体から見るとわずかな北部からなっており、チョングラード県に含まれる。大多数を占めるハンガリー人に加え、少数派のセルビア人が暮らす。

統計[編集]

バナト全体[編集]

1660年–1666年: 1660年–1666年、セルビア人は平坦なバナト西部で暮らしており、ルーマニア人は山がちな東部に暮らしていた[2]

1743年–1753年:

1743年–1753年、バナトの民族構成は以下のようになっていた: [3]

1774年:

1774年のデータによると、テメシュヴァールのバナトの人口は375,740人で、構成は以下のようであった: [4]

民族衣装を着たバナトの人々、1860年代

1900年:

1900年、バナトの人口は1,431,329人であった: [5]

1910年:

1910年の調査によると、バナト地域(トロンタール、テメシュ、クラッソー=ショレーニ)の人口は1,582,133人であった[6] [7] [8] (*)

(*) 注: 1910年の調査では、ルーマニア領バナト人口には52.6%のルーマニア人、25.6%のドイツ人、12.2%のハンガリー人、4.9%のセルビア人が含まれていた。一方、セルビア領バナト人口には、40.53%のセルビア人、22.14%のドイツ人、19.18%のハンガリー人、12.94%のルーマニア人、2.86%のスロバキア人が含まれていた。セルビアでは、第二次世界大戦後にバナトからドイツ系のほとんどが亡命するか追放された。ルーマニアでは、経済的理由からほとんどのドイツ系の人々が1989年以降に国外へ移住していった。

バナトの年ごとの歴史的な人口推移を表した表である。:

合計
1717 85,166
1743 125,000
1753 210,992
1774 375,740
1797 667,912
1900 1,431,329
1910 1,582,133

ルーマニア領バナト[編集]

ルーマニア領バナトでの歴史的な人口推移(ティミシュ県[9], [10]カラシュ=セヴェリン県 [11][12])は、以下のようになる:

合計 ルーマニア人 ハンガリー人 ドイツ人 セルビア人 ロマ人
1880 744,367 426,368 (57.3%) 37,586 (5.0%) 202,698 (27.2%) 46,983 (6.3%) n/a
1890 812,799 446,816 (55.0%) 50,899 (6.3%) 233,006 (29.9%) 41,356 (5.1%) n/a
1900 871,598 468,508 (53.8%) 78,656 (9.0%) 243,582 (27.9%) 41,960 (4.8%) n/a
1910 902,210 474,787 (52.6%) 109,873 (12.2%) 231,391 (25.6%) 44,598 (4.9%) n/a
1920 822,639 450,817 (54.8%) 79,955 (9.7%) 208,774 (25.4%) n/a n/a
1930 878,877 473,781 (53.9%) 91,421 (10.4%) 215,031 (24.5%) 37,113 (4.2%) 16,471 (1.9%)
1941 898,262 505,448 (56.3%) 80,575 (9.0%) 213,840 (23.8%) n/a n/a
1956 896,668 589,369 (65.7%) 85,790 (9.6%) 137,697 (15.4%) 40,018 (4.5%) 9,309 (1.0%)
1966 966,322 674,062 (69.8%) 85,358 (8.8%) 133,197 (13.8%) 38,535 (4.0%) 6,769 (0.7%)
1977 1,082,461 796,007 (73.5%) 86,763 (8.0%) 119,972 (11.1%) 29,514 (2.7%) 15,755 (1.5%)
1992 1,076,380 886,958 (82.4%) 70,742 (6.6%) 38,658 (3.6%) 25,029 (2.3%) 22,612 (2.1%)
2002 1,011,145 859,690 (85.0%) 56,380 (5.6%) 20,323 (2.0%) 19,355 (1.9%) 23,998 (2.4%)

セルビア領バナト[編集]

合計 セルビア人 ハンガリー人 バナト・シュヴァーベン人 ルーマニア人 スロバキア人
1910 566,400 229,568 (40.5%) 108,622 (19.2%) 125,374 (22.1%) 73,303 (12.9%) 16,223 (2,9%)
1921 559,096 235,148 (42.1%) 98,463 (17.6%) 126,519 (22.6%) 66,433 (11,9%) 17,595 (3,2%)
1931 585,579 261,123 (44,6%) 95,867 (16,4%) 120,541 (20,6%) 62,365 (10,7%) 17,900 (2,1%)
1948 601,626 358,067 (59,6%) 110,446 (18,4%) 17,522 (2,9%) 55,678 (9,3%) 20,685 (2,4%)
1953 617,163 374,258 (60,6%) 112,683 (18,4%) n/a 55,094 (8,9%) 21,299 (3,4%)
1961 655,868 423,837 (64,6%) 111,944 (17,1%) n/a 54,447 (8,3%) 22,306 (3,4%)
1971 666,559 434,810 (65,2%) 103,090 (15.5%) n/a 49,455 (7,4%) 22,173 (3,3%)
1981 672,884 424,765 (65,7% 90,445 (14,0%) n/a 43,474 (6,7%) 21,392 (3,3%)
1991 648,390 423,475 (65,1%) 76,153 (11.7%) n/a 35,935 (5,5%) 19,903 (3.1%)
2002 665,397 477,890 (71.8%) 63,047 (9.5%) 908 (0,1%) 27,661 (4,1%) 17,994 (2,7%)

象徴[編集]

バナトの伝統的な紋章の象徴となっているのは、ライオンである。ライオンは現在でもルーマニアの紋章とヴォイヴォディナの紋章(en)に使用されている。

バナトの主要都市[編集]

カッコ内は人口

ギャラリー[編集]

参照[編集]

  • Miodrag Milin, Vekovima zajedno (Iz istorije srpsko-rumunskih odnosa), Temišvar, 1995.
  • Milan Tutorov, Mala Raška a u Banatu, istorika Zrenjanina i Banata, Zrenjanin, 1991.
  • Milan Tutorov, Banatska rapsodija, istorika Zrenjanina i Banata, Novi sad, 2001.
  • Dr. Branislav Bukurov, Bačka, Banat i Srem, Novi Sad, 1978.
  • Milojko Brusin, Naša razgraničenja sa susedima 1919-1920, Novi Sad, 1998.
  • Jovan M. Pejin, Iz prošlosti Kikinde, Kikinda, 2000.
  • Dušan Belča, Mala istorija Vršca, Vršac, 1997.
  • Josef Wolf, Entwicklung der ethnischen Struktur des Banats 1890–1992 (Atlas Ost- und Südosteuropa / Hrsg.: Österreichisches Ost- und Südosteuropa-Institut; 2: Bevölkerung; 8 = H/R/YU 1, Ungarn/Rumänien/Jugoslawien), Berlin – Stuttgart 2004.

脚注[編集]

外部リンク[編集]